四季の花散歩更新記録早春花春花初夏花夏花初秋花秋花初冬花冬花ユリ科

ユリ科散歩

Flower Walking with Lily Famly、Liliaceae

ユリ科の美しく豪華な花は世界中で愛されています・ユリ科の華やかで香りの良い花は四季の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象Weather

 ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの植物はユリ目に属する単子葉、草本です。ユリ科の植物は世界中に約15属705種が知られています。ユリ科の植物の葉は平行脈で、地下に球根や鱗茎を持つものが多いです。ユリの花は両性花で、花被片6(内花被片3+外花被片3)で花構造は雄蕊6、雌蕊1で、子房上位の花構造を持つのが特徴です。ユリ科の美しく繊細な花は、四季の花散歩の楽しみです。ユリ科の植物をユリ科花写真、ユリ科花観察地図、ユリ科花情報でお楽しみ下さい。

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花写真・ユリ科花観察地図》

ニッコウキスゲ花画像

日光黄萱ニッコウキスゲ花散歩

 ユリ科ワスレグサ属ニッコウキスゲ(日光黄萱Nikkokisuge Hemerocallis esculenta)は日本など東アジアが原産の単子葉、多年生、草本です。ニッコウキスゲは花期後、さく果を付けます。ニッコウキスゲの花をニッコウキスゲ花写真、ニッコウキスゲ花観察地図、ニッコウキスゲ花情報でお楽しみ下さい。

ホトトギス花画像

杜鵑草ホトトギス花散歩

 ユリ科ホトトギス属ホトトギス(杜鵑草Toad liliesTricyrtis hita 他)は東アジア原産の単子葉、多年生、草本です。ホトトギスは滝や谷川、崖などの薄暗い環境を好み、夏から秋に紫色、黄色の花を咲かせます。ホトトギスの葉は互生で、楕円形です。ホトトギスが谷川沿いでひっそりと咲く姿は秋の哀愁を感じさせます。ホトトギス花写真、ホトトギスの花散歩地図、ホトトギスの花情報でお楽しみ下さい。

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花情報・ユリ科花観察》

植物名 ユリ科  漢字 百合科 英語 Lily Famly 中国語 百合科
学名 Liliaceae
科名 ユリ科 Liliaceae
属名 チューリップ属 ハナニラ属 ホトトギス属 ユリ属 タケシマラン属 他
花期 春の花 早春花 初夏花 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花
花色 青色花 赤色花 紫色花 黄色花 白色花 オレンジ色花
原産 世界各地 約15属 705種以上
観察地 京都府、奈良県、滋賀県、東京都、横浜市、鎌倉市、横須賀市、他
特徴 単子葉、草本、ユリ科、種子、球根で増える、葉は平行脈、花被片6(内花被片3、外花被片3)
花色(赤色、紫色、黄色、白色他)、雄蕊6、雌蕊1、子房上位、子房3室
利用 花壇、鉢植え、切り花、リース、医薬品、香料、漢方薬、生薬、食用、他
名由来 ユリ科=百合科、英語=Lily Famly、中国語=百合科
科名Liliaceae=from Latin 'Lilium' means 'lily'=ラテン語で「ユリ」の意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:ユリ科)

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花写真・ユリ科花観察地図》

クルマユリ花画像

車百合クルマユリ花散歩

 ユリ科ユリ属クルマユリ(車百合Wheel Lily Lilium medeoloides)は日本など東アジア寒冷地が原産の単子葉、多年生、草本です。クルマユリは冬を鱗茎で過ごし、初夏に輪生の葉を付け、夏に高さ30cm~100cm程の花茎を伸ばし花茎の上部に数個の花被片が反り返った紅色、オレンジ色の花を咲かせます。クルマユリの花はユリ科特有の筒状花で、花被片6、雌蕊1、雄蕊6です。夏山の草原を明るく飾るクルマユリの花は、高山植物の女王的存在です。高山の草原に咲く可愛らしいクルマユリは、夏山散歩の楽しみです。クルマユリをクルマユリ花写真、クルマユリ花観察地図、クルマユリ花情報でお楽しみ下さい。

ジャノヒゲ実画像

蛇髭ジャノヒゲ花実散歩

 スズラン亜科ジャノヒゲ属ジャノヒゲ(蛇髭Ophiopogon japonicus)は、リュウノヒゲ(竜の髯)とも呼ばれ日本や東アジアに自生する植物です。ジャノヒゲは単子葉類常緑多年草で、夏から秋に薄紫色、白色の涼しげな花を咲かせます。またジャノヒゲは晩秋から冬に青色、瑠璃色のきれいな実を稔らせます。ジャノヒゲの花実写真、ジャノヒゲの花実散歩地図、ジャノヒゲの花実情報でお楽しみ下さい。

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花写真・ユリ科花観察地図》

ムスカリ花画像

葡萄風信子ムスカリ花散歩

 ユリ科ムスカリ属ムスカリ(葡萄風信子Armenian Grape Hyacinth Muscari armenicum)は地中海原産の単子葉、球根性、多年草です。ムスカリは球根で冬を越し、春に細く厚みのある葉を球根から伸ばし、春先に高さ15cm程の花茎付けます。ムスカリの花は青色(藍色)の0.5cm程の鈴壷形で、多数の花を花茎に螺旋状の鈴なりに咲かせます。花被片は青色(藍色)でユリ科特有の6枚が壷状に合わさり、先端がわずかに6裂しています。雌蕊(3心皮)、雄しべ6、子房1(3室からなる)です。ムスカリの青色で上品な花は、春を告げる花として世界中で人気があります。ムスカリをムスカリ花写真、ムスカリ花観察地図、ムスカリ花情報でお楽しみ下さい。

ハナニラ花画像

花韮ハナニラ花散歩

 ユリ科ハナニラ属ハナニラ(花韮Spring starflowerIpheion uniflorum)はアルゼンチン原産の双子葉、多年草、草本です。ハナニラは早春に球根からニラに似た平行脈の葉を茂らせ、春に20cm程の花茎を伸ばし、茎先に1個のペールブルー、薄紫色、白色の星型の美しい花を咲かせます。ハナニラの花はユリ科特有の花構造で、花被片6、雄蕊6(長3+短3)、雌蕊1の花を咲かせます。ハナニラ花期が終わると果実(さく果)を付け、種子ができます。ハナニラをハナニラ花写真、ハナニラ花観察地図、ハナニラ花情報でお楽しみ下さい。

ヤブカンゾウ花画像

藪萱草ヤブカンゾウ花散歩

 ユリ科ワスレグサ属ヤブカンゾウ(藪萱草Kwanzo Hemerocallis fulva ver. kwanso 他)は中国北部が原産の単子葉、多年生、草本です。夏の草原や庭園、街路をオレンジ色の明るく華やかな花で飾るヤブカンゾウは世界中で愛されている花です。ヤブカンゾウは主に匍匐茎(根茎、稀に鱗茎)で増えます。ヤブカンゾウの葉は、根生葉で少し厚みがあります。ヤブカンゾウの花はユリ科特有の花で本来は花被片6枚ですが、八重(重弁)咲です。ヤブカンゾウの雄蕊は6、雌蕊は1です。ヤブカンゾウは3倍体の為に結実することはほとんどありません。ヤブカンゾウの明るく華やか花は、世界中で人気です。ヤブカンゾウをヤブカンゾウ花写真、ヤブカンゾウ花観察地図、ヤブカンゾウ花情報でお楽しみ下さい。

ギボウシ花画像

擬宝珠ギボウシ花散歩

 ユリ目リュウゼツラン亜科ギボウシ属(擬宝珠Plantain Lily Hosta 他)は東アジア原産の単子葉、多年生、草本です。ギボウシは谷川沿いや木立の半日影を好み幅広い葉が特徴です。ギボウシは春から初夏に楕円、長楕円形の大きな葉を茂らせ、夏に花茎を伸ばし紫色、白色の総状花序の花を次々に付けます。ギボウシの花はユリ科特有の筒状構造の花で、花弁6(外花被片3、内花被片3)、雌蕊1、雄蕊6です。ギボウシの花は涼しげで、世界中から愛されています。ギボウシをギボウシ花写真、ギボウシ花観察地図、ギボウシ花情報でお楽しみ下さい。

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花写真・ユリ科花観察地図》

ヒヤシンス花画像

風信子ヒヤシンス花散歩

 ユリ科ヒヤシンス属ヒヤシンス(風信子Hyacinth Hyacinthus orientalis)は南西アジア原産の単子葉、多年生、草本の植物です。ヒヤシンスは春に高さ20cm~35cm程の花茎を伸ばし、総状花序の花を2~50個程付けます。ヒヤシンスの花色は青色、赤色、黄色、白色など様々です。ヒヤシンスの花はユリ科特有の花で、花被片6、雌しべ1、雄しべ6です。春に咲くヒヤシンスの美しく香りの良い花は、春の花散歩の楽しみです。ヒヤシンスをヒヤシンス花写真、ヒヤシンスの花観察地図、ヒヤシンスの花情報でお楽しみ下さい。

アロエ花画像

蘆薈アロエ花散歩

 ユリ科アロエ属アロエ(蘆薈Aloe Aloe arborescens 他)はアフリカ南部原産の単子葉、多年生、草本です。冬から春に咲くアロエの赤い花は、暖地の庭園や海岸を美しく飾ります。アロエは主に種子、株分け、挿し木で増えます。キダチアロエは成長すると50cm~3m程になります。アロエの葉は肉厚で、葉の縁に棘があります。アロエの花期は冬から春で総状花序の赤色、オレンジ色の花を咲かせます。アロエの花はユリ科特有の管状花で花被片6(外花被片3+内花被片3)で雌蕊1、雄蕊6、柱頭3裂(子房3室)です。アロエの実は朔果で種子多数ができます。アロエをアロエ花写真、アロエ花観察地図、アロエ花情報でお楽しみ下さい。

チューリップ花画像

鬱金香チューリップ花散歩

 ユリ科チューリップ属チューリップ(鬱金香Tulip Tulipa gesneriana他)は地中海沿岸、中央アジア原産の単子葉、球根性、多年生草本です。チューリップは球根(鱗茎)で冬を越し、春に長楕円状の葉を球根(鱗茎)から延ばします。チューリップは春に高さ35cm~55cmほどの花茎を伸ばし花茎の先に長さ5cm~7.5cm程の大きな花を咲かせます。チューリップの花は、ユリ科特有の6枚の花被片、雌蕊1(花柱基部まで3裂)、雄蕊6です。チューリップの赤色で明るく元気な花は、春を告げる花として世界中で人気があります。赤色のチューリップを赤色チューリップ花写真、赤色チューリップ花観察地図、赤色チューリップ花情報でお楽しみ下さい。

スズラン花画像

鈴蘭スズラン花散歩

 スズラン属スズラン(鈴蘭Lily of the valley Convallaria majalis)は日本などユーラシア大陸が原産の単子葉、多年生、草本(宿根草)です。スズランは主に種子、地下茎で増えます。スズランの可愛らしく香りの良い花は世界中で人気があります。スズランは地下茎で冬を過ごし、春に16~20cm程の卵円形の根生葉を数枚伸ばします。初夏に高さ15~30cm程の花茎を伸ばし、鈴型の白色の花を総状花序に咲かせます。スズランの花はユリ科特有の鈴型の筒状花で、花弁は先端6裂で、雄蕊6、雌蕊1です。スズランは花期後、オレンジ色の実を付けます。スズランの花をスズラン花写真、スズラン花観察地図、スズラン花情報でお楽しみ下さい。

《ユリ科アロエ属アロエ蘆薈Aloe Aloe arborescens 花写真・花観察地図》

《ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの花写真・ユリ科花観察地図》

ヤブラン花画像

藪蘭ヤブラン花実散歩

 スズラン亜科ヤブラン属ヤブラン(藪蘭Liriope muscari)は、日本や東アジアの森林下草として自生する植物です。ヤブランは単子葉類常緑多年草で、夏から秋にジャノヒゲの花に似た薄紫色の涼しげな花を咲かせます。またヤブランは晩秋から冬に緑色、黒色のきれいな実を稔らせます。庭を彩る園芸用下草としても人気のヤブランの花実写真、ヤブランの花実散歩地図、ヤブランの花実情報でお楽しみ下さい。

ハマユウ花画像

浜木綿ハマユウ花散歩(ユリ目)

 ハマオモト属ハマユウ(浜木綿Spider Lily Crinum asiaticum)は日本の南部や、東アジア熱帯亜熱帯地方の沿岸部に自生する植物です。ハマユウの花は白く細い糸のようです。ハマユウの花が咲く頃、南の海では海水浴シーズンを迎えます。ハマユウはヒガンバナ科の植物で、根に毒があります。そのためPoison Bulb(毒球根)と評されることもありますが、夏の海岸の夕闇の中白く輝くハマユウの香りは素晴らしいです。夏の空と青い海が似合う、ハマユウの花を写真、ハマユウの花散歩地図、ハマユウの花情報でお楽しみ下さい。

ツルボ花画像

蔓穂ツルボ花散歩

 ツルボ属ツルボ(蔓穂Barnardia japonica)は東アジア原産の単子葉、多年生、草本です。ツルボは主に海岸地方や土手、畑のあぜ道などに分布しています。ツルボの葉は線状で、秋に直立した30cmほどの花茎を伸ばし、総状花序の薄紫色の花を咲かせます。ツルボの薄紅紫色の花は、秋の訪れを告げる花です。ツルボの鱗茎は2~3cm程の球形で、デンプン質を含みます。ツルボをツルボ花写真、ツルボの花散歩地図、ツルボの花情報でお楽しみ下さい。

アガパンサス花画像

紫君子蘭アガパンサス花散歩

 アガパンサス属ムラサキクンシランは、南アフリカ原産の植物です。アガパンサス属ムラサキクンシランは単子葉、多年生、草本の植物で、初夏から夏に青色、白色の爽やかな花を咲かせます。アガパンサス属ムラサキクンシランは、一般的にはアガパンサスと呼ばれ親しまれている花です。アガパンサス属ムラサキクンシランは公園や山の斜面などに栽培されていて、夏に咲く花は清涼な印象をあたえてくれます。アガパンサスの花写真、アガパンサス花散歩地図、アガパンサス属ムラサキクンシラン花情報でお楽しみ下さい。

タマスダレ花画像

玉簾タマスダレ花散歩(ユリ目)

 ヒガンバナ科タマスダレ属タマスダレ(玉簾White Rain Flower Zephyranthes candida)は南米が原産の高さ20~30cm程の単子葉、多年生、草本です。タマスダレは主に鱗茎、種子で増え、夏に鱗茎から狭線形で厚手の葉を付けます。夏から秋に鱗茎から花茎を伸ばし、単生の白色の花を咲かせます。タマスダレの花はヒガンバナ科特有の花で、花被片は白色です。タマスダレの花は花被片6、雌蕊1(先端3裂)、雄蕊6です。タマスダレの白色で爽やかな花は夏から秋の野辺や道端を美しく飾ります。タマスダレをタマスダレ花写真、タマスダレ花観察地図、タマスダレ花情報でお楽しみ下さい。

ヒガンバナ花画像

彼岸花ヒガンバナ花散歩(ユリ目)

 ヒガンバナ科ヒガンバナ属ヒガンバナ(彼岸花Red spider lily Lycoris radiata)は単子葉、多年草、草本です。ヒガンバナの原産は中国で、稲作とともに日本に帰化したと考えられています。ヒガンバナは鱗茎で春から夏を過ごし、秋の彼岸の頃30~50cmほどの花茎を伸ばし、赤い放射状の花を咲かせます。ヒガンバナは花期後線状の細い葉を茂らせます。ヒガンバナをヒガンバナ写真、ヒガンバナの花散歩地図、ヒガンバナの花情報でお楽しみ下さい。

 ユリ科百合花科Lily Famly、Liliaceaeの植物は単子葉、草本です。ユリ科の植物の花は両性花で、花被片6(内花被片3+外花被片3)、雄蕊6、雌蕊1で、子房上位の花構造を持つのが特徴です。ユリ科の美しく繊細な花は、四季の花散歩の楽しみです。その他のユリ科の花を探してみるのも、おもしろいかもしれませんね。このページの中で皆様が気に入ったユリ科の花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 ユリ科(百合花科)花散歩楽しんでもらえたでしょうか?ユリ科の花は庭園や花壇を明るく飾る花です。皆様もこのページの地図を片手にユリ科花散歩を楽しんでください。美しい庭園や青空、花壇を見ながら、ユリ科花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、ユリ科の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらラッパスイセンフクジュソウ花散歩ハクモクレン花散歩ツルニチニチソウ花散歩ヒナギク花散歩も眺めていってください。

早春花に戻る

春の花に戻る

初夏の花に戻る

夏の花に戻る

初秋花に戻る

秋の花に戻る

初冬花に戻る

冬の花に戻る

赤色花に戻る

青色花に戻る

黄色花に戻る

オレンジ色花に戻る

紫色花に戻る

白色花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

四季出版部に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める(WEBですぐ読めます)写真集が刊行横浜鎌倉の四季出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花旅★リンク

四季の花散歩 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花 早春花 春花 初夏花 青花 赤花 白花 黄花 オレンジ色花 紫花 海岸 高原 熱帯植物 梅雨時花散歩 高山植物 サクラ花 ラン科 シソ科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 新ページ

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

奈良花旅花散歩 冬景色雪景色スキー 秋の花旅花散歩 横浜花旅集 鎌倉花旅集 三浦半島花旅集 北海道花旅集 伊豆箱根花旅集 七色の図鑑集 京都はんなり花旅集 奈良大阪宝塚花旅集 四国中国花旅集 九州沖縄花旅集 信州花旅集 会津花旅集 オアフ島花旅集 城めぐり花旅集 若狭街道近江路花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 北東北函館 横浜鎌倉湘南気象防災リンク 道南函館気象防災リンク 京都気象防災リンク 京都花の街 鎌倉花の街 横浜花の街 奈良花の街 ソウル花旅花散歩 花旅の四季 火山温泉探訪集 夏の花旅花散歩  駅から花散歩 海の花旅花散歩 東京花旅集 寺社の花旅花散歩 北京花旅花散歩  紅葉黄葉散歩 大阪花旅花散歩 あじさい花旅花散歩 山高原花旅花散歩 湖沼池花旅花散歩 沖縄花旅 沖縄花散歩 天津花散歩 北京街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 冬の花散歩 横浜街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 金沢花散歩 植物園花散歩 初夏の花旅 横浜鎌倉の四季更新記録 横浜鎌倉の四季出版部 四季の花散歩 四季の花アルバム

鮮やか★七色の図鑑★リンク

7色の図鑑 秋色図鑑 会津の色図鑑 志賀高原の色図鑑 三浦半島の色図鑑 オアフ島の色図鑑 北アルプスの色図鑑 京都の色図鑑 鎌倉の色図鑑 台北の色図鑑 函館の色図鑑 富良野の色図鑑 茶色図鑑 緑色図鑑 青色図鑑 紫色図鑑 黄色図鑑 白色図鑑 横浜青色 赤い美 黄色い実 青い実 横浜白色 赤色図鑑 黄昏の色図鑑 オレンジ色の図鑑

★リンク★

四季の花散歩 四季の花アルバム 横浜鎌倉の四季出版部 ベストトラベル チャオトラベルジャパン Japan Travel Photo Fantastic Color Photo of Japan