四季の花散歩更新記録季節の花花色図鑑科の花図鑑海浜植物高山植物

キンポウゲ科散歩

Flower Walking with buttercup、Ranunculaceae

キンポウゲ科の繊細な花は世界中で愛されています・キンポウゲ科の華やかな花は四季の花散歩の楽しみ

 キンポウゲ科金鳳花科buttercup、Ranunculaceaeの植物は双子葉、草本です。キンポウゲ科の植物は世界中に約43属2000種以上が知られています。キンポウゲ科の植物の花は両性花で、花構造は雄蕊多数、雌蕊多数で、多心皮の花構造を持つのが特徴です。キンポウゲ科の美しく繊細な花は、四季の花散歩の楽しみです。キンポウゲ科の植物をキンポウゲ科花写真、キンポウゲ科花観察地図、キンポウゲ科花情報でお楽しみ下さい。

《キンポウゲ科金鳳花科buttercup、Ranunculaceaeの花写真・キンポウゲ科花観察地図》

クレマチス花画像

鉄線花クレマチス花散歩

 キンポウゲ科センニンソウ属クレマチス(鉄線花Clematis Clematis patens他)は日本などが原産の双子葉、蔓性、多年草植物です。クレマチス属は世界中で300種ほどが知られています。クレマチスの花色は白色、紫色、青色、赤色などです。クレマチスの花は、キンポウゲ科特有の花でがく片4~8、花弁なし、雌蕊多数(多心皮)、雄蕊多数です。日本原産のクレマチス属にはカザグルマ、センニンソウ、クサボタンなど美しい品種が多く世界から注目されています。クレマチスの美しく華やかな花は、世界中で親しまれています。クレマチスをクレマチス花写真、クレマチス花観察地図、クレマチス花情報でお楽しみ下さい。

ラナンキュラス花画像

花金鳳花ラナンキュラス花散歩

 キンポウゲ科キンポウゲ属ラナンキュラス(花金鳳花Percian buttercup Ranunculus asiaticus)は地中海から西アジアが原産の双子葉、多年生、草本の植物です。ラナンキュラスは春に高さ20cm~40cm程の花茎を伸ばし、花茎の先端に1~数個の花を咲かせます。ラナンキュラスの花色は赤色、紫色、黄色、白色など様々です。ラナンキュラスの花は直径3cm~8cmほどで、花被片5~8(八重咲きは多数)を付けます。ラナンキュラスの花はキンポウゲ科特有の花で、雌しべ多数、雄しべ多数です。ラナンキュラスの花は薄く繊細で、牡丹の様に美しい花です。春に咲くラナンキュラスの美しく繊細な花は、春の花散歩の楽しみです。ラナンキュラスをラナンキュラス花写真、ラナンキュラス花観察地図、ラナンキュラス花情報でお楽しみ下さい。

《キンポウゲ科金鳳花科buttercup、Ranunculaceaeの花情報・キンポウゲ科花観察》

植物名 キンポウゲ科  漢字 金鳳花科 英語 buttercup 中国語  毛茛科
学名 Ranunculaceae
科名 キンポウゲ科 Ranunculaceae
属名 キンポウゲ属 フクジュソウ属 トリカブト属 オダマキ属 クリスマスローズ属 他
花期 春の花 早春花 初夏花 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花
花色 青色花 赤色花 紫色花 黄色花 白色花 オレンジ色花
原産 世界各地 約43属 2000種以上
観察地 京都府、奈良県、滋賀県、東京都、横浜市、鎌倉市、横須賀市、他
特徴 双子葉、草本、キンポウゲ科、種子、塊茎で増える、葉は細かく切れ込む
花色(赤色、紫色、黄色、白色他)、雌しべ多数、雄しべ多数、多心皮、有毒
利用 花壇、鉢植え、切り花、リース、医薬品(有毒Protoanemonin他)、有毒、他
名由来 キンポウゲ科=金鳳花科、英語=buttercup(バター入れ)、中国語=毛茛科
科名Ranunculaceae=from Latin 'rana' means 'little flog'=ラテン語で「小さなカエル」の意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:キンポウゲ科)

《キンポウゲ科金鳳花科buttercup、ranunculaceaeの花写真・キンポウゲ科花観察地図》

フクジュソウ花画像

福寿草フクジュソウ花散歩

 キンポウゲ科フクジュソウ属フクジュソウ(福寿草Amur adonis Adonis amurensis 他)は日本など東アジア原産の双子葉、多年生、草本です。早春の山麓や里の草地を黄色く飾るフクジュソウの花は、春の花散歩の楽しみです。フクジュソウは、主に種子、株分けで増えます。フクジュソウは、早春に葉が出る前に茎先に黄色い花を咲かせます。フクジュソウの花色は黄色で、稀に紅色、白色のものもあります。フクジュソウの花はキンポウゲ科特有の花構造で、花被片多数(がく片5~8、花弁5~24)、雄蕊多数、雌蕊複数個の花を咲かせます。フクジュソウは花期が終わる頃、枝に互生二回羽状複葉の葉を付けます。フクジュソウをフクジュソウ花写真、フクジュソウ花観察地図、フクジュソウ花情報でお楽しみ下さい。

シュウメイギク花画像

秋明菊シュウメイギク花散歩

 シュウメイギク(秋明菊)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草、草本、双子葉植物です。シュウメイギクAnemone hupehensis の原産は中国(中国名秋牡丹)で、古い時代に日本にもたらされました。シュウメイギクは高さ90cm~120cmで秋に白又は赤紫色の花を咲かせます。シュウメイギクをシュウメイギク花写真、シュウメイギクの花観察地図、シュウメイギクの花情報でお楽しみ下さい。

《キンポウゲ科金鳳花科buttercup、ranunculaceaeの花写真・キンポウゲ科花観察地図》

クリスマスローズ花画像

聖誕玫瑰花クリスマスローズ花散歩

 キンポウゲ科クリスマスローズ属クリスマスローズ(聖誕玫瑰花Christmas rose Helleborus)はヨーロッパから西アジア原産の双子葉、多年生草本の植物です。クリスマスローズは種子または株分けで増やします。クリスマスローズは夏は休眠状態で、晩秋から冬に葉を茂らせ、冬から春に花茎を延ばし少しうつむき加減の花を咲かせます。クリスマスローズの花に見える部分は顎片で、紫色、白色、緑色等に見えます。クリスマスローズの花は、冬から春に開花し長い期間楽しめます。クリスマスローズの少しうつむき加減に咲く可憐な花は、冬から春の花散歩の楽しみです。クリスマスローズをクリスマスローズ花写真、クリスマスローズ花散歩地図、クリスマスローズ花情報でお楽しみ下さい。

ヤマオダマキ花画像

山苧環ヤマオダマキ花散歩

 キンポウゲ科オダマキ属ヤマオダマキ(山苧環 Columbine Aquilegia buergeriana 他)は日本が原産の双子葉、多年生、草本です。ヤマオダマキは成長すると30~70cm程で黄色(紫色)の透明感のある花を付けます。ヤマオダマキは冬根茎で過ごし、初夏から夏に茎を伸ばし、2回3出複葉の葉を茂らせます。ヤマオダマキは夏から秋に黄色の花を付けます。ヤマオダマキの花はキンポウゲ科特有の花で、がく片5、花弁5、心皮5、雄蕊多数でできています。ヤマオダマキは花期後5室の袋果を付けます。ヤマオダマキは観賞用としても利用されます。ヤマオダマキの透明感のある爽やかな花は、夏から秋の花散歩の楽しみです。ヤマオダマキをヤマオダマキ花写真、ヤマオダマキ花観察地図、ヤマオダマキ花情報でお楽しみ下さい。

《キンポウゲ科金鳳花科buttercup、ranunculaceaeの花写真・キンポウゲ科花観察地図》

トリカブト花画像

鳥兜トリカブト花散歩

 キンポウゲ科トリカブト属(鳥兜Monkushood Aconitum)は日本などユーラシア大陸が原産の双子葉、多年生、草本です。トリカブト属の植物は、世界中で250種以上が知られています。トリカブトは、主に種子、根塊で増えます。トリカブトは毒草として有名ですが、青紫色の花は美しく、レイジンソウ(伶人草)と呼ばれている種類もあります。トリカブトは冬を根塊で過ごし、春から初夏に茎を直立させ、互生の切れ込みのある葉を茂らせます。トリカブトは夏に茎先、葉脇に青紫色の烏帽子に似た花を咲かせます。トリカブトの花はキンポウゲ科特有の花で、青紫色(青色、紫色)の花でがく片5、花弁2、雄蕊多数、雌蕊3~5です。トリカブトは花期後、実を付けます。トリカブトの花をトリカブト花写真、トリカブト花観察地図、トリカブト花情報でお楽しみ下さい。

アネモネ花画像

牡丹一華アネモネ花散歩

 キンポウゲ科イチリンソウ属アネモネ(牡丹一華Anemone Anemone coronaria)は地中海原産の双子葉、多年生、草本の植物です。アネモネは春に高さ20cm~40cm程の花茎を伸ばし、花茎の先端に1個の花を咲かせます。アネモネの花色は赤色、青色、黄色、白色など様々です。アネモネの花は直径3cm~8cmほどで、花被片5~8(八重咲きは多数)を付けます。アネモネの花はキンポウゲ科特有の花で、雌しべ多数、雄しべ多数です。アネモネの花は薄く繊細で、花冠の様に美しい花です。春に咲くアネモネの美しく繊細な花は、春の花散歩の楽しみです。アネモネをアネモネ花写真、アネモネの花観察地図、アネモネの花情報でお楽しみ下さい。

デルフィニウム花画像

大飛燕草デルフィニウム花散歩

 キンポウゲ科デルフィニウム属(大飛燕草Larkspur Delphinium)はヨーロッパ、北アメリカ、アジア、熱帯アフリカ高地原産の双子葉、多年生草本です。デルフィニウム属は世界中に300種ほどあり、主に種子で増やします。デルフィニウムは成長すると高さ10cm~2m程に成長します。デルフィニウムは早春から初夏に青色、白色の花を咲かせます。デルフィニウムの花は総状、円錐、穂状花序で大きさ5cm~8cm程の大きな花を次々に咲かせます。デルフィニウムの花は燕尾のように後ろに突き出した距(きょ)が特徴です。デルフィニウムをデルフィニウム花写真、デルフィニウム花観察地図、デルフィニウム花情報でお楽しみ下さい。

 キンポウゲ科(金鳳花科buttercup、Ranunculaceae)の植物は双子葉、草本です。キンポウゲ科の植物の花は両性花で、花構造は雄蕊多数、雌蕊多数で、多心皮の花構造を持つのが特徴です。キンポウゲ科の美しく繊細な花は、四季の花散歩の楽しみです。その他のキンポウゲ科の花を探してみるのも、おもしろいかもしれませんね。このページの中で皆様が気に入ったキンポウゲ科の花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 キンポウゲ科(金鳳花科buttercup、Ranunculaceae)花散歩楽しんでもらえたでしょうか?キンポウゲ科の花は庭園や花壇を明るく飾る花です。皆様もこのページの地図を片手にキンポウゲ科花散歩を楽しんでください。美しい庭園や青空、花壇を見ながら、キンポウゲ科花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、キンポウゲ科の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったら熱帯植物海浜植物も眺めていってください。

早春花に戻る

春の花に戻る

初夏の花に戻る

夏の花に戻る

赤色花に戻る

青色花に戻る

黄色花に戻る

オレンジ色花に戻る

紫色花に戻る

白色花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 花色図鑑 科の花図鑑 夏の花 初秋花 秋の花 初冬花 冬の花 早春花 春の花 春の花2 初夏の花 初夏の花2 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 オレンジ色花 ピンク色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 アオイ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録