四季花散歩季節の花図鑑花色図鑑科の花図鑑各地の花図鑑

四季の散歩更新記録

Update of Four Seasons Flower Walking with Flowers

四季の花散歩は健康とリフレッシュに最適・各地の夏の花散歩、高原の花散歩に出かけましょう

更新2022.6.24

 日本列島では6月下旬に入り、夏の花が見頃になってきました。現在各地でタチアオイやランタナの花が見頃です。南の国の沖縄ではハイビスカスが見頃です。日本列島各地の四季の花散歩に出かけましょう。四季の花散歩は、毎週新しいページが誕生しています。四季の花散歩更新の記録をご覧下さい。

《四季の花散歩写真・新設・更新ページ》

クサボタン花画像

上高地上高地花図鑑(更新2022.6.24)

 長野県松本市にある上高地は、北アルプスの山麓の梓川河畔に広がる世界的に知られた景勝地です。上高地は亜寒帯にあり、冬は氷雪に閉ざされた地域です。初夏から秋にかけて上高地では、山の花や高山植物が一斉に開花します。短い夏に花開く上高地の花々は、華やかで可憐です。上高地に咲く花と植物を写真と花観察地図、上高地花情報で案内いたします。皆様も上高地花図鑑を片手に、上高地散策を楽しみましょう。

ケヤキ並木画像

ケヤキ花散歩(更新2022.5.13)

 ニレ科ケヤキ属ケヤキ(欅Japanese elm Zelkova serrata)は日本や東アジアが原産の双子葉、高木、落葉広葉樹です。ケヤキは成長すると高さ30m程の大木になり、春先に葉が茂る頃、緑色の目立たない花を付けます。ケヤキの花は雌雄同株で、新しい枝の基部に雄花が、先端に雌花が付きます。雄花の花被片は緑色で4~5枚、雄しべ(4~6)です。雌花は雌蕊1で花柱は2裂します。ケヤキは花期後秋に実(痩果)ができます。ケヤキは硬い幹が建材、建具、樽材、木材として利用価値があり、様々な用途で利用されています。ケヤキをケヤキ花葉写真、ケヤキ花葉観察地図、ケヤキ花葉情報でお楽しみ下さい。

トチノキ花画像

トチノキ花散歩(更新2022.5.08)

 ムクロジ科トチノキ属トチノキ(栃Japanese horse-chestnut Aesculus turbinata)は日本が原産の双子葉、高木、落葉広葉樹です。トチノキは成長すると高さ30m程の大木になり、春先に葉が茂った後、白色(黄色、赤色)の円錐花序の穂状の花を付けます。トチノキの円錐花序は高さ15cm~25cm程で、小花を多数付けます。小花の花弁は白色(黄色、赤色)で4枚、雌蕊(1、子房上位、3室)、雄しべ(6~10)です。トチノキは花期後実(果実)ができ、種子(球状、茶褐色、栃実)は食用となります。トチノキは硬い幹も木材として利用価値があり、様々な用途で利用されています。トチノキをトチノキ花実葉写真、トチノキ花実葉観察地図、トチノキ花実葉情報でお楽しみ下さい。

ミズバショウ花画像

水芭蕉ミズバショウ花散歩(更新2022.5.07)

サトイモ科ミズバショウ属ミズバショウ(水芭蕉Japanese swamp lantern Lysichiton camtschatcensis)は日本の北部からカムチャッカの高原地帯の湿原が原産の双子葉の多年性、草本です。ミズバショウは主に、種子、株分けで増えます。ミズバショウは冬を根茎で過ごし雪解けの頃に根茎から発芽した葉の間から白色の仏炎苞と呼ばれる30㎝程の苞を開きます。ミズバショウの花はサトイモ科特有の花で黄色を帯び花軸に密集した肉穂花序の小さな花と、花を取り囲む白色の仏炎苞が特徴です。ミズバショウをミズバショウ花葉写真、ミズバショウ花葉観察地図、ミズバショウ花葉情報でお楽しみ下さい。 

コデマリ花画像

小手毬コデマリ花散歩(更新2022.4.16)

 バラ科シモツケ属コデマリ(小手毬Double white may Spiraea cantoniensis)は中国原産の双子葉、落葉低木です。コデマリは成長すると高さ1.5m程で、春から初夏に枝垂れた枝に白色の手毬状の花を一斉に咲かせます。コデマリの花は手毬状に20~30程小花が集まって咲きます。コデマリの小花は大きさ5mm~7mm程で花弁は離弁で5枚、バラ科特有の雌しべ(心皮)5、雄しべ多数が花の中心にあります。コデマリの白色で爽やかな手毬状の花は、春を告げる花として世界中で人気があります。コデマリをコデマリ花写真、コデマリ花観察地図、コデマリ花情報でお楽しみ下さい。

伊豆半島シャリンバイ実画像

伊豆伊豆半島花図鑑(更新2022.4.16)

 静岡県伊豆半島は、温暖な気候で知られる海辺のリゾート地で、温泉も多く人気の観光地です。伊豆半島は海に面して温暖で夏涼しく冬暖かく、1年中四季の花の美しい地域です。伊豆半島では海辺の海浜植物の他、熱帯・亜熱帯植物やエキゾチックな品種の花も観察できます。伊豆半島に咲く四季の花を写真図鑑と花観察地図、伊豆半島花情報で案内いたします。

スズラン花画像

風薫5月の花図鑑(更新2022.4.11)

 5月は初夏の季節、初夏の花が一斉に開花します。5月の花は華やかで、香りのよいものが多いです。5月は日差しが強くなり、花の種類も豊富です。5月の花は西洋ではスズランですが、シモクレンやハナミズキ、アヤメの花も開花します。5月は大型連休やイベント、スポーツの祭典も多く、花の需要も多くなる季節です。5月は各地で花の祭典やバラのイベントも行われます。5月の明るく華やかで香り高い初夏の花をお楽しみください。

モンステラ葉画像

鳳来蕉モンステラ葉散歩(更新2022.3.25)

 サトイモ科モンステラ属デリシオサ(鳳来蕉Swiss cheese plant Monstera deliciosa)はメキシコからパナマにかけての熱帯雨林が原産の双子葉、常緑、蔓性、灌木です。モンステラは主に、種子、挿芽で増えます。モンステラは蔦性で、熱帯地方では成長すると20m程になります。モンステラの花はサトイモ科特有の花で黄色を帯び花軸に密集した肉穂花序の小さな花と、花を取り囲む仏炎苞が特徴です。モンステラの花は、同じサトイモ科のミズバショウの花とよく似た花構造をしています。モンステラは花期後、黄色の実を付けます。モンステラをモンステラ葉写真、モンステラ葉観察地図、モンステラ葉情報でお楽しみ下さい。

台北ポインセチア花画像

海外台北花図鑑(更新2022.3.13)

 台北はアジア屈指の商業都市で、気候は亜熱帯に属しています。交通の便利な台北を花散歩すると熱帯、亜熱帯の植物が観察できます。また台北は南部に産地を擁し温帯の植物も多く見られます。台北の北部は沿岸部で海浜植物も観察できます。台北の花と植物を写真図鑑と台北の花観察地図、台北の花情報で案内いたします。皆様も台北花図鑑を片手に、台北花散歩を楽しんでください。

ヒナゲシ花画像

春爛漫4月の花図鑑(更新2022.3.12)

 4月は春爛漫の季節、春の花が一斉に開花します。4月の花は明るく豪華です。4月は日差しが強くなり、春の花の種類も一層増えて、初夏の花も咲きだします。4月の花は西洋ではフリージアですが、モモの花やオオムラサキツツジ、ボタンの花も開花します。4月は入学、歓送迎会のシーズンで、花の需要も多くなる季節です。4月の明るく豪華な、春の花をお楽しみください。

ソテツ新芽画像

観葉観葉植物図鑑(更新2022.3.08)

 観葉植物は葉の形状や、葉の色などを楽しむ植物です。ビルの中で生活する方も多くなった現代では、観葉植物が生活に彩や癒しを与えてくれます。また観葉植物による、室内の空気の浄化が確かめられている場合もあります。観葉植物を、観葉植物図鑑で紹介いたします。観葉植物の写真図鑑と撮影地の地図、観葉植物情報も用意しました。皆様も観葉植物図鑑を片手に、観葉植物花散歩に出かけましょう。

ポトス葉画像

黄金葛ポトス葉散歩(更新2022.3.03)

 サトイモ科ハブカズラ属ポトス(黄金葛Golden Pothos Epipremnum aureum)はポリネシア諸島が原産の双子葉、常緑、多年生、蔓性、草本です。ポトスは主に、種子、挿芽で増えます。ポトスは熱帯地方では成長すると20m程になり、木に絡みつき繁殖します。ポトスの葉は熱帯では1枚の長さが1m近くにもなりますが、温帯では長さ10~20㎝程で蔓性の観葉植物として人気があります。ポトスの花はサトイモ科特有の花で黄色を帯び花軸に密集した肉穂花序の小さな花と、花を取り囲む仏炎苞が特徴です。ポトスの花は、同じサトイモ科のミズバショウの花とよく似た花構造をしています。ポトスは花期後、オレンジ色の実を付けます。ポトスをポトス葉写真、ポトス葉観察地図、ポトス葉情報でお楽しみ下さい。

フジ花画像

図鑑奈良花図鑑(更新2022.2.26)

 奈良は日本の古代国家発祥の地です。奈良の正倉院の宝物を見ると、ローマや西アジアの作品に描かれた植物や輸入された香木を見ることができます。古代から奈良は国際都市であったことが、遺跡発掘などからもわかっています。奈良の古い寺社を花散歩すると、古い時代に海外から輸入された植物や薬草を多く見ることができます。また奈良では日本原産の植物も、見ることができます。古の奈良に咲く四季の花を写真と花観察地図、奈良花情報で案内いたします。

シモクレン花画像

3月の花図鑑(更新2022.2.25)

 3月に入ると春本番となり、春の花が見頃となります。3月の春分を過ぎると、日差しは強くなり春の花の花色も鮮やかに見えます。3月の花は西洋ではスイートピーですが、香りのよいジンチョウが見頃となり、ソメイヨシノやブルーデージーなども開花します。3月は卒業、異動のシーズンで花の需要も多くなる季節です。3月の明るく華やかな春の花をお楽しみください。

モモ花画像

花暦図鑑(更新2022.2.19)

 古くから使われている日本語に「花暦(はなごよみ)」という言葉があります。「花暦」は美しい言葉ですね。自然界は正直なもので、コロナ騒ぎの中でも毎年同じように花が開花します。年によって多少の遅い早いはありますが、花の咲く順番はそれほど変わることがありません。そのため古くは「花暦」を農作業などの指標にもしていたようです。現代でも「花暦」を意識して、デパートなどの飾りつけなども行われているようです。日本列島に咲く月毎の花を、写真図鑑と月毎の花観察地図で案内いたします。

オアフ島ハイビスカス花画像

花図鑑オアフ花図鑑(更新2022.2.17)

 常夏の島ハワイ諸島の一つ、オアフ島は観光地や高級リゾート地として有名です。ワイキキ海岸をはじめオアフ島には世界中から青い海と熱帯の植物を求めて人々がやってきます。そんなオアフ島をワイキキ海岸からホノルル動物園に向かって10分も散歩すると、熱帯の植物を観察することができます。そんなオアフ島の植物を写真図鑑と地図、オアフ島植物資料で紹介します。

シナヒイラギ実画像

矢羽柊黐シナヒイラギ実散歩(更新2022.2.12)

 モチノキ科モチノキ属シナヒイラギ(矢羽柊黐Chinese Holly Ilex cornuta)は中国、朝鮮半島が原産の双子葉、常緑、小高木です。シナヒイラギは成長すると1~3mで、生垣や街路樹にも適しています。シナヒイラギの葉は互生で、矢羽根の形をしていて棘があります。シナヒイラギはクリスマスの飾りや、漢方薬としても利用されます。シナヒイラギの花はモチノキ科特有の花で、花色は薄黄色です。シナヒイラギの花は雌雄異株で花被片は4です。シナヒイラギはクリスマス頃から冬に赤色の可愛らしい実を付けます。その為シナヒイラギはチャイニーズクリスマスホーリーと呼ばれ、世界中で愛されています。シナヒイラギをシナヒイラギ実写真、シナヒイラギ実観察地図、シナヒイラギ実情報でお楽しみ下さい。

フクギ並木画像

福木フクギ並木散歩(更新2022.2.02)

 フクギ科フクギ属フクギ(福木Happines Tree Garcinia subelliptica)はフィリピン、台湾、沖縄諸島が原産の双子葉、常緑、高木です。フクギは主に種子、挿し木で増えます。フクギは成長すると10m~20m程になります。フクギの葉は対生で長さ7~14cm程の楕円形で肉厚で光沢があります。フクギの花は雄花と雌花があり、雌雄異株で初夏に枝の葉の付け根に咲きます。フクギの花は薄黄色でフクギ科特有の花で、花弁5で雌蕊1(先端5裂、3~5室)、雄蕊5束多数です。フクギは花期後黄色の実(浆果)を付けますが、食用とはなりません。フクギは台風や津波にも強く沖縄諸島の沿岸部の集落を守っています。またフクギの並木は火災から家屋を守ります。フクギをフクギ並木写真、フクギ並木観察地図、フクギ並木情報でお楽しみ下さい。

ロウバイ花画像

早春早春の花図鑑(更新2022.1.26)

 日本列島に咲く早春の花を、写真図鑑にしました。日本列島に咲く早春の花は、バラエティーに富んでいます。日本列島各地に咲く、早春の花図鑑をお楽しみください。早春の花々の写真図鑑と撮影地の地図も用意しました。早春の花図鑑を片手に、早春の花散歩に出かけましょう。

グズマニア花画像

撃天鳳梨グズマニア花散歩(更新2022.1.15)

 沖縄開陽北公園にある熱帯ドリームセンターを花散歩していると、色とりどりのグズマニアの花が咲いていました。パイナップル科グズマニア属(撃天鳳梨Scarlet star Guzmania lingulata他)は中央アメリカ熱帯雨林が原産の単子葉、多年生、草本です。グズマニアは観葉植物で赤色、黄色、紫色などの色とりどりの苞葉を楽しみます。グズマニアは着生植物で成長すると30cm~60㎝程の花茎を伸ばし、花茎の先端部に楕円球状の穂状の花序を付けます。グズマニアの花はパイナップル科特有の花で、楕円球状の花序に螺旋状に小花を次々に付けます。グズマニアの花は黄色(白色)でがく片3、花弁3、雌蕊1(子房下位、柱頭3裂)、雄蕊6です。グズマニアをグズマニア花葉写真、グズマニア花葉観察地図、グズマニア花葉情報でお楽しみ下さい。

ウコンサンゴバナ花画像

鬱金珊瑚花ウコンサンゴバナ花散歩(更新2022.1.10)

 キツネノゴマ科パキスタキス属ウコンサンゴバナ(鬱金珊瑚花Golden shrimp plant Pachystachys lutea)は、熱帯ペルーが原産の常緑低木(灌木)です。ウコンサンゴバナの花は高さ15㎝程の穂状花序で、黄金色の多数の苞の間から白色の唇形の花を次々と咲かせます。ウコンサンゴバナの花はキツネノゴマ科特有の花で、苞葉の間から白色の筒状で先端は唇状の花を咲かせます。ウコンサンゴバナの花は雄蕊は花弁に付き子房は上位で2室からなり、果実は蒴果で2つに割れます。ウコンサンゴバナをウコンサンゴバナ花写真、ウコンサンゴバナ花観察地図、ウコンサンゴバナ花情報でお楽しみ下さい。

ササガニユリ花画像

笹蟹百合ササガニユリ花散歩(更新2021.12.21)

 ヒガンバナ科ハマオモト属ササガニユリ(笹蟹百合Caribbean spider-lily Hymenocallis caribaea)はカリブ海が原産の熱帯植物で単子葉、多年生、草本です。ササガニユリはハマユウと同じハマオモト属で、葉は幅広で長さは80cm程です。ササガニユリは球根、種子で増えます。ササガニユリの花はヒガンバナ科特有の花で、花被片は6枚で、先端は線状で基部はラッパ状に合弁しています。ササガニユリの花色は白色で雄蕊6、子房3室、柱頭3裂、子房下位です。ササガニユリは花期後実(蒴果:緑色)を付けます。ササガニユリは大きな球根や葉など全草有毒ですが、中国などでは生薬として利用されています。熱帯の海辺を飾るササガニユリの花を写真、ササガニユリ花観察地図、ササガニユリ花情報でお楽しみ下さい。

モモ花画像

海外北京花図鑑(更新2021.12.14)

 北京市は中華人民共和国の首都で、紫禁城をはじめ多くの世界遺産に恵まれた街です。また北京の街を花散歩すると、燕山山脈の伏流水を貯めた多くの湖や自然豊かな風景に驚かされます。多数の文化財と自然豊かな湖に囲まれた北京の街に咲く花々を、写真図鑑で案内いたします。古都北京の街に咲く四季の花を写真と花観察地図、北京花図鑑情報情報で案内いたします。

ホオノキ画像

朴木ホオノキ花散歩(更新2021.12.7)

 モクレン科モクレン属ホオノキ(朴木Japanese bigleaf magnolia Magnolia obovata)は日本の北海道、本州高原地帯が原産の双子葉、高木、落葉広葉樹です。ホオノキは成長すると高さ30m程の大木になり、春先に葉が茂った後、白色(黄色)の大きな花を付けます。ホオノキの花は直径15cm~20cm程で、花被片は白色(黄色)で9~12枚、外花被片3、内花被片6~9枚、雌蕊多数、雄しべ多数です。ホオノキは硬い幹が木材として利用価値があり、大きな葉(20cm~40cm)も丈夫で食品の梱包などに利用されています。ホオノキをホオノキ花葉写真、ホオノキ花葉観察地図、ホオノキ花葉情報でお楽しみ下さい。

ススキ花画像

瀬戸内香川花図鑑(更新2021.12.5)

 瀬戸内海に面した香川県は、地中海と似た温暖で湿度の低い地域です。瀬戸内海気候と呼ばれる香川県では古くからオリーブの栽培やサトウキビの栽培などを行ってきました。香川県に咲く花は明るく華やかです。瀬戸内香川に咲く四季の花を写真と花観察地図、香川花情報で案内いたします。

トクサ画像

砥草トクサ散歩(更新2021.11.20)

 トクサ科トクサ属トクサ(砥草rough horsetail Equisetum hyemale 他)は北半球の寒帯から温帯北部が原産のシダ植物です。トクサの地下茎は横に広がって延び、地下茎から中空の地上茎を直線的に伸ばします。トクサは茎にケイ酸を蓄積するために、古くから砥草(とぎくさ)や研磨などに利用されています。トクサはシダ植物でツクシの仲間なので、初夏に胞子嚢を茎の先端に付けます。トクサは中国では生薬(木贼)として利用されています。トクサをトクサ写真、トクサ観察地図、トクサ情報でお楽しみ下さい。

球根ベゴニア花画像

球根秋海棠球根ベゴニア花散歩(更新2021.10.29)

 ベゴニア科ベゴニア属球根ベゴニア(球根秋海棠Tuberosa Begonia Begonia× tuberhybrida)は南米アンデス山脈高地が原産の高さ20~60cm程の双子葉、多年生、草本です。球根ベゴニアは主に種子、球根(塊茎)で増えます。球根ベゴニアの花はベゴニア属特有の雌雄同株異花で、雄花はがく片2、花弁2、球状の雄蕊多数で、雌花はがく片2で、花弁は3であまり目立ちません。球根ベゴニアの花は八重咲の華やかなものも多く、植物園などでは人気があります。球根ベゴニアは高温多湿を嫌うので、日本での栽培は難しく希少価値が高いです。球根ベゴニアを球根ベゴニア花写真、球根ベゴニア花観察地図、球根ベゴニア花情報でお楽しみ下さい。

バラ花画像

海と花三浦半島花図鑑(更新2021.10.4)

 神奈川県三浦半島は、首都圏の海辺のリゾート地です。三浦半島は夏涼しく冬暖かく、1年中四季の花の美しい地域です。三浦半島には海辺の海浜植物の他、熱帯植物やエキゾチックな品種の花も観察できます。三浦半島に咲く四季の花を写真図鑑と花観察地図、三浦半島花情報で案内いたします。

ススキの穂画像

七草秋の七草図鑑(更新2021.9.28)

 「秋の七花」は古代、万葉の時代より親しまれてきました。秋の七草は山上憶良の詠んだ二首の歌が由来と言われ、キキョウ、ススキ、オミナエシ、クズ、ハギ、ナデシコ、フジバカマが一般的に挙げられます。「秋の七草」は「春の七草」が食用になるものが多いのに対し、観賞用や薬草に適するものが多いようです。秋の七草は感傷的でもの悲しい雰囲気のものもありますが、多くの句や詩に詠まれていることが多い植物です。秋の七花図鑑を片手に、秋の花散歩に出かけましょう。

カワラナデシコ花画像

河原撫子カワラナデシコ花散歩(更新2021.9.26)

 ナデシコ科ナデシコ属カワラナデシコ(河原撫子Carnation Dianthus superbus他)は日本中国など東アジア原産の双子葉、多年生、草本の植物です。カワラナデシコの花色は赤色、白色、紅色、ピンク色、薄紫色などです。カワラナデシコの花はナデシコ科特有の花で、苞片2対、がく片5(長筒型5裂)、花弁5、雄蕊10、雌蕊花柱2です。カワラナデシコは花期後長さ3cm程の円柱状の果実ができ、黒色の種子(瞿麦子)を利用します。カワラナデシコをカワラナデシコ花写真、カワラナデシコ花観察地図、カワラナデシコ花情報でお楽しみ下さい。

ゼラニウム花画像

天竺葵ゼラニウム花散歩(更新2021.9.11)

 フウロソウ科テンジクアオイ属ゼラニウム(天竺葵Zonal geranium Pelargonium zonale他)は南アフリカが原産の双子葉、多年生、常緑草本の植物です。ゼラニウムの花色は赤色、白色、紅色、ピンク色などです。ゼラニウムの花はフウロソウ科特有の花でがく片5、花弁5、雄蕊10、子房合着5心皮(5室)で雌蕊5裂しています。ゼラニウムは花期後長さ3cm程の尖った実(蒴果)を付けます。ゼラニウムをゼラニウム花写真、ゼラニウム花観察地図、ゼラニウム花情報でお楽しみ下さい。

サルビアレウカンサ花画像

秋花秋の花図鑑(更新2021.9.1)

 日本列島各地に咲く秋の花を、写真図鑑と秋の花観察地図で案内いたします。暑い夏が過ぎ秋風が吹くと、秋の花が咲きだします。秋の花は夏の花に比べて華やかさはありませんが、深みのある色と風情は素晴らしいです。味わい深い秋の花を、秋の花写真図鑑でお楽しみください。

東京日比谷公園バラ花画像

首都東京花図鑑(更新2021.7.22)

 首都東京は意外に公園や庭園が多く、四季の花が美しい街です。東京には整備された公園や江戸時代の大名屋敷の庭園など名残り、どの季節も綺麗な花を楽しむことができます。東京の沿岸部には海浜植物、山沿いには高原の花が観察できます。首都東京に咲く四季の花を写真図鑑と花観察地図、東京花情報で案内いたします。

三渓園ハス花画像

港街横浜花図鑑(更新2021.7.6)

 横浜は1年中温暖な気候で、四季の花が美しい街です。横浜の花散歩は沿岸部から山手にかけ変化に富んでいて、どの季節も綺麗な花を楽しむことができます。横浜の沿岸部には海浜植物が多く見られます。横浜の街に咲く四季の花を写真図鑑と花観察地図、横浜花情報で案内いたします。

芦ノ湖畔に咲くウツギ花画像

高原の花箱根花図鑑(更新2021.7.3)

 神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖と箱根神山(標高1438m)は富士箱根伊豆国立公園内にある風光明媚な地域です。芦ノ湖は箱根火山山麓の火山湖で標高723mの位置にあります。芦ノ湖畔には良質な温泉も多くあります。芦ノ湖の美しい湖水は青く爽やかで、芦ノ湖畔の自然も豊です。芦ノ湖畔には四季の美しい花々が咲きます。また箱根芦ノ湖範と箱根山中はの夏は涼しく、首都圏の代表的避暑地としても知られています。箱根芦ノ湖畔、箱根山中に咲く四季の花を写真と花観察地図、箱根芦ノ湖畔、箱根山に咲く花情報で案内いたします。

バンダ蘭花画像

熱帯植物沖縄花図鑑(更新2021.6.26)

 沖縄県は日本の最も西に位置し、海洋性気候で1年中温暖な地域として知られている県です。沖縄を花散歩すると熱帯、亜熱帯、温帯の植物が観察できます。また沖縄は孤島列島で、大陸や本州とは異なる進化を遂げた植物も多く見られます。さらに沖縄では、海洋性の植物や海浜植物も多く観察できます。沖縄の花を写真図鑑と沖縄の花観察地図、沖縄の花情報で案内いたします。皆様も沖縄花図鑑を片手に、沖縄花散歩を楽しんでください。

ハス花画像

古都鎌倉花図鑑(更新2021.6.15)

 古都鎌倉は前面を海、三方を山に取り囲まれた城砦のような地形の街です。温暖な気候と豊かな緑に取り囲まれた鎌倉の街は、四季の花散歩にも最適な場所です。武家の都、禅宗の開かれた鎌倉は花散歩に最で、静かな寺社や街角で四季の花が楽しめます。鎌倉の街に咲く四季の花を写真と花観察地図、鎌倉花情報で案内いたします。

ヤブカンゾウ花画像

山の花乗鞍の花図鑑(更新2021.6.15)

 乗鞍岳は中部山岳地帯、北アルプスの山です。乗鞍岳は標高3026mを有する剣ヶ峰を主峰とする23峰からなります。乗鞍岳の山麓には畳平(標高2700m)や乗鞍高原(標高1100~1800m)があり、高山植物の花畑や高原、樹林帯が広がっています。自然の素晴らしい乗鞍岳とその山麓の高山植物と山の花を植物図鑑にしました。乗鞍の花写真と乗鞍の花観察地図でお楽しみください。

カキツバタ花画像

京都京都花図鑑(更新2021.6.13)

 古都京都は1200年の都の歴史を持つ、世界で最も人気の高い街の一つです。古都京都に咲く花は華やかで可憐です。京都の街や寺社の境内を花散歩すると、息をのむほど美しい花や風景に出逢うことがあります。京都の街に咲く四季の花を写真と花観察地図、京都花情報で案内いたします。

ヤナギラン花画像

信州長野信州花図鑑(更新2021.6.3)

 長野信州は日本の中心にあり、日本アルプスを擁している地域です。長野信州の植物は多様で、変化に富んでいます。信州の植物は固有種も多く見られます。また信州の山や高山帯には山の植物や高山植物も多く山高原の花散歩の楽しみです。長野信州の花を写真と花観察地図、長野信州花情報で案内いたします。

レンゲツツジ花画像

北海道北海道の花図鑑(更新2021.5.27)

 北海道は日本列島で最も北に位置する地域で、亜寒帯や寒帯、高山帯を擁する地域です。北海道は本州に比べ気温湿度が低く温暖差が大きくなっているため、植物の花色などにも多少の変化があります。北海道の植物は花色が鮮やかで、花が大きなものが多く見られます。北海道の固有種の他、牧畜による牧草輸入のため帰化植物も多く見られます。北海道も花を花写真、北海道の花観察地図、北海道の花情報でお楽しみ下さい。

《日本列島の花の特徴・日本列島の花の種類・日本列島の花情報》  

名称 日本語 日本花 英語 Japanese Flowers 中国語 日本的花
分布 高山帯(高山植物):コマクサ、ハイマツ、チシマギキョウ、ウサギギク、他
亜寒帯(北海道の花):スズラン、レンゲツツジ、ライラック、ナナカマド、他
温帯(本州の花):ソメイヨシノ、スイカズラ、クズ、ナデシコ、ススキ、他
亜熱帯(沖縄の花):ガジュマル、ハイビスカス、ヤハズカズラ、へゴ、他
海浜(沿岸部の花):ハマダイコン、ハマユウ、ハマカンゾウ、ハマナス、他
春花 フクジュソウ、コブシ、オオシマザクラ、ホトケノザ、セリ、ハマダイコン、キブシ、他
初夏花 エゴノキ、スイカズラ、タツナミソウ、ツツジ、サツキ、アヤメ、アジサイ、他
夏花 ナツツバキ、オオハマボウ、コオニユリ、ハマユウ、イワタバコ、ハマナス、他
秋花 ハギ、キク、ヨメナ、カラスウリ、ススキ、リンドウ、キキョウ、ムラサキシキブ実、他
冬花 サザンカ、キク、チャノキ、センリョウ実、マンリョウ実、ヤツデ、ビワ、他
気温 -30℃~35℃
特徴 ・一般的に気候温暖で雨量も多いので、多様な植物が生育できる
・亜寒帯、高山帯から亜熱帯まで多様な植物が観察できる
・海辺に咲く植物(海浜植物)が多い
・雨量が多いので水辺の植物や湿地の食鬱も多く観察される
・山の植物、高山植物、渓谷沿いの植物、山沿いの植物が豊富
・植物や庭園等がその地域の価値を高めていることを理解している自治体が増えた
・古代から国際交流があるため、古い時代に帰化した植物が意外に多い
・寺院には古い時代に輸入された、薬草や茶花が多い
・良くも悪くも近年は世界中から植物が輸入されている
・管理された植物の価値が徐々に理解されてきている
・植物を利用した食品、創薬、発電、燃料、香料、環境整備等の研究が急務である
利用 食用、染色、鑑賞用、庭園、茶花、生け花、生薬、薬草、医薬品、他
観察 北海道、東北、関東、上信越、近畿、四国、中国、九州、沖縄、他
全般 日本各地の固有種の他、薬草茶花などの帰化植物が多い、好ましくない帰化植物も多い

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:早春の花)

《四季の花散歩・新設・更新・ページ》

カキツバタ花画像

水辺湖畔水辺の花図鑑(更新2021.5.24)

 日本の湖畔や水辺は涼しげで、花々が美しい場所です。美しい日本列島の四季を感じながら、日本各地の湖畔や水辺、湿原を花散歩してみましょう。普段見ることのできない湖畔や水辺の花々を、写真図鑑にしました。湖畔水辺の花々の写真と撮影地の地図、交通アクセスを用意しました。それでは、湖畔水辺の花図鑑をご覧下さい。

アジサイ花写真

紫陽花科アジサイ科花図鑑(更新2021.5.17)

 アジサイ科(紫陽花科Hydrangea family Hydrangeaceae)は双子葉、ミズキ目の科で、日本など東アジア、北アメリカを中心に9属223種程が知られています。アジサイ科の植物は草本、低木のものが多くツル性のものもあります。アジサイ科の花はがく片と花弁が4~5のものが多く、がく片が装飾花と化しているものもあります。アジサイ科の植物の涼しげな花は、世界中で愛されています。アジサイ科の植物をアジサイ科の植物花写真図鑑、アジサイ科の植物観察地図、アジサイ科の植物情報でお楽しみ下さい。

シソ科花画像

紫蘇科シソ科花図鑑(更新2021.4.30)

 シソ科(紫蘇科Lamiaceae)はシソ目に属する植物の科名で世界中に236属約7000種の植物があります。シソ科の植物は双子葉で葉は対生で、茎の断面は四角く、香りのよいものが多いです。シソ科の花は唇形花で、がく片5、花弁5(筒状5裂)で、両性花です。シソ科の花は子房上位、2室です。シソ科の植物は、観賞用、医薬品、香草、グランドカバー、花壇、庭草、鉢植え、薬草、漢方薬など多方面に利用されています。シソ科の花を写真、シソ科花観察記録、シソ科花情報でお楽しみ下さい。

トキワマンサク花画像

常磐万作トキワマンサク花散歩(更新2021.4.13)

 マンサク科トキワマンサク属トキワマンサク(常磐万作 Chinese fringe flower Loropetalum chinense 他)は日本や中国が原産の双子葉、常緑、小高木です。早春の森林を飾るトキワマンサクの花は春の花として人気があります。トキワマンサクは主に、種子、挿し木で増えます。トキワマンサクの花はトキワマンサク属特有の赤色(紅色、白色等)の花で、花弁4、がく片4、雄蕊4、です。トキワマンサクの花は、生け花などとしても人気があります。トキワマンサクをトキワマンサク花写真、トキワマンサク花観察地図、トキワマンサク花情報でお楽しみ下さい。

シベリアヒナゲシ花画像

西比利亜雛罌粟シベリアヒナゲシ花散歩(更新2021.3.4)

ケシ科ケシ属シベリアヒナゲシ(西比利亜雛罌粟Iceland poppy Papaver nudicaule 他)はユーラシア大陸、北アメリカ大陸の寒冷地が原産の双子葉、1、2年生、草本です。シベリアヒナゲシの花色は、黄色、白色、赤色、オレンジ色、他で直径5cm~8cm程の大きさでケシ科特有の花でがく片2、花弁4です。シベリアヒナゲシの花の蕾は毛で覆われ垂れ下がっています。シベリアヒナゲシの雌蕊は太く、多数の雄蕊が取り囲んでいます。シベリアヒナゲシの色とりどりの花は、春から初夏の草原を華やかに飾ります。シベリアヒナゲシをシベリアヒナゲシ花写真、シベリアヒナゲシ花観察地図、シベリアヒナゲシ花情報でお楽しみ下さい。

カワヅザクラ花画像

桜花サクラ花散歩(更新2021.2.23)

 バラ科スモモ属サクラ(桜花Prunus jamasakura他)はバラ科スモモ属の植物で、双子葉、落葉、小高木です。サクラ(桜花)の定義はあいまいなところもありますが、バラ科スモモ属で主に春に咲く5弁(八重のものもある)の植物を指します。サクラは主に種子、挿し木で増えます。サクラの花期は春で、葉を茂らす前に枝先に多数の花を付けます。サクラの花はバラ科に特有の花構造でがく片5、花弁5、雌しべ1、雄しべ多数です。春に開花するサクラの花は公園樹、桜並木などにも適しています。サクラをサクラ花写真、サクラ花観察地図、サクラ開花情報、サクラ花情報で案内します。

ベニヒモノキ花画像

紅紐木ベニヒモノキ花散歩(更新2021.2.11)

 トウダイグサ科エノキグサ属ベニヒモノキ(紅紐木Chenille plant Acalypha hispida 他)は西インド諸島が原産の双子葉、常緑、低木です。ベニヒモノキは成長すると0.5m~3m程の低木(灌木)で、赤色の長いひも状の花が特徴です。ベニヒモノキの花はエノキグサ属特有の長いひも状の穂状花序の赤色の花で、長い花序に小花を多数付けます。ベニヒモノキの花は赤色で穂状花序、花色(赤)、雌花紐状、がく片4、子房3室、花柱3です。ベニヒモノキは花期後、実(蒴果)を付けます。ベニヒモノキをベニヒモノキ花写真、ベニヒモノキ花観察地図、ベニヒモノキ花情報でお楽しみ下さい。

パイナップル実画像

鳳梨パイナップル花実散歩(更新2020.12.12)

 パイナップル科アナナス属パイナップル(鳳梨Pineapple Ananas comosus他)はブラジルが原産の単子葉、多年生、草本です。パイナップルは成長すると60cm~1m程の花茎を伸ばし、花茎の先端部に楕円球状の穂状の花序を付けます。パイナップルの花はパイナップル科特有の花で、楕円球状の花序に螺旋状に100以上の小花を次々に付けます。パイナップルの花は紫色でがく片3、花弁3、雌蕊1(子房下位、柱頭3裂)、雄蕊6です。パイナップルをパイナップル花実葉写真、パイナップル花実葉観察地図、パイナップル花実葉情報でお楽しみ下さい。

ヒナゲシ花画像

罌粟科ケシ科花図鑑(更新2020.11.30)

 ケシ科(罌粟科Poppy Family Papaveraceae)は北半球の暖帯から亜寒帯に多く分布するキンポウゲ目の双子葉植物の仲間です。ケシ科の植物は、世界中に42属775種存在する科です。ケシ科の植物は有毒なものが多いですが、有用なものも多く、観賞用、医薬品などに利用されるものも多いです。ケシ科の花はキンポウゲ科と似た花構造で、がく片2、花弁4、雌蕊1、雄蕊2~のものが多く子房上位です。ケシ科の植物はアルカロイドを含むものが多く、誤食には気を付けたい植物です。ケシ科の華やかな花は、世界中で愛されています。ケシ科の植物をケシ科花写真図鑑、ケシ科花観察地図、ケシ科花情報でお楽しみ下さい。

ニホンズイセン花画像

彼岸花科ヒガンバナ科花図鑑(更新2020.11.26)

 ヒガンバナ科(彼岸花科Herbaceous Family Amaryllidaceae)は世界中に分布する、ユリ目の単子葉植物の仲間です。ヒガンバナ科の植物は、世界中に1600種存在する科です。ヒガンバナ科の植物は有毒なものもありますが、有用なものも多く、観賞用、食用、医薬品などに利用されるものも多いです。ヒガンバナ科の花はユリ科と似た花構造で、花被片6、雌蕊1、雄蕊6のものが多いです。ヒガンバナ科の華やかな花は、世界中で愛されています。ヒガンバナ科の植物をヒガンバナ科花写真図鑑、ヒガンバナ科花観察地図、ヒガンバナ科花情報でお楽しみ下さい。

ピラカンサ実画像

橙色実オレンジ色実図鑑(更新2020.11.21)

 オレンジ色の実は有用なものが多く、飾りつけすると室内を明るく元気にしてくれます。オレンジ色の実は、見ているだけで元気になりそうです。日本各地に稔るオレンジ色の実を、写真図鑑で案内いたします。オレンジ色の実を写真図鑑とオレンジ色の実観察地図、オレンジ色の実見頃時期でご覧ください。

フウ紅葉写真

フウ紅葉散歩(更新2020.11.12)

 フウ科フウ属フウ(楓Chinese sweet gum Liquidambar formosana)は中国南部、台湾など東アジアが原産の双子葉、落葉、高木です。フウは成長すると高さ30m以上にもなります。フウは落葉樹で、春に枝先に芽を出し、葉の形は掌状で3~5裂です。フウの花は雌雄同株で、初夏に雄花、雌花ともに花被片の無い球形の緑色の花を咲かせます。フウは結実すると球形の実(蒴果)を付けます。秋にフウの葉は黄色、オレンジ色、赤色に紅葉します。フウは観賞用の他、街路樹、建材、化粧品、薬用など利用価値が高い植物です。フウをフウ紅葉写真、フウ観察地図、フウ紅葉情報でお楽しみ下さい。

雪とサザンカ花

山茶花 サザンカ花散歩(更新2020.11.5)

 ツバキ科ツバキ属サザンカ(山茶花Camellia sasanqua)は日本を含む東アジア原産の双子葉、樹高5mに成長する常緑広葉樹の植物です。サザンカの花は直径5cm~7cmほどで、5~7枚のがく片、花弁5~多数を付け、中心に雌しべと多数の雄しべが密集しています。サザンカの花はツバキのように花弁が基部で繋がらず、ばらばらに散るのが特徴です。寒い季節に咲くサザンカの華やかな花は、晩秋から冬の花散歩の楽しみです。サザンカ花写真、サザンカの花散歩地図、サザンカの花情報でお楽しみ下さい。

シモツケソウ花写真

下野草シモツケソウ花散歩(更新2020.10.8)

 バラ科シモツケソウ属シモツケソウ(下野草Japanese meadowsweet Filipendula multijuga)は日本の高原が原産の高さ20cm~1m程の双子葉、多年生、草本です。シモツケソウは主に種子で増え、初夏に対生、5裂した羽状複葉の鋸葉のある葉を付け、夏から秋に枝先に多数の花を散房花序に付けます。シモツケソウの花はバラ科特有の花で、直径4~5㎜程度の小さなもので、雄蕊が長いのが特徴です。シモツケソウの花はがく片4~5、花弁3~5、雄蕊多数です。シモツケソウの可愛らしい花は夏から秋の山野を美しく飾ります。シモツケソウをシモツケソウ花写真、シモツケソウ花観察地図、シモツケソウ花情報でお楽しみ下さい。

三渓園写真

庭園庭園花散歩(更新2020.10.2)

 日本列島各地の庭園・名園に咲く、色とりどりの花は華やかで美しいです。日本列島にはたくさんの庭園や名園があります。日本の気候は変化に富んでいますので、それぞれの庭園に咲く花も異なっています。日本列島各地の庭園名園の花散歩をお楽しみください。日本列島各地の庭園の花散歩を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

ヒャクニチソウ花写真

百日草ヒャクニチソウ花散歩(更新2020.9.16)

 キク科ヒャクニチソウ属ヒャクニチソウ(百日草Elegant zinnia Zinnia elegans)は北アメリカ(メキシコ)原産の双子葉、1年生草本です。ヒャクニチソウは高さ30cm~80cm程で、夏の終わりから秋に頭状花序の直径5cm~7cm程の花を付けます。ヒャクニチソウの花期は夏から秋で、花色は赤色、黄色、オレンジ色、白色などです。ヒャクニチソウの花はキク科特有の頭状花序の花で、舌状花と筒状花からできています。ヒャクニチソウは秋に茶色い痩果を付けます。ヒャクニチソウをヒャクニチソウ花写真、ヒャクニチソウ花観察地図、ヒャクニチソウ花実情報でお楽しみ下さい。

オヤマリンドウ花写真

御山竜胆オヤマリンドウ花散歩(更新2020.9.6)

 リンドウ科リンドウ属オヤマリンドウ(御山竜胆Pasture GentianGentiana makinoi)は日本の亜高山帯、高原が原産の双子葉、多年生、草本です。オヤマリンドウの花はリンドウ属特有の花で、蕾は長楕円形で筒状で花は青色、青紫色などです。オヤマリンドウの花は、がく片5、花弁筒状5裂、5星形、雄蕊5、雌蕊1(柱頭2裂)です。オヤマリンドウは花期後、実を付けます。オヤマリンドウをオヤマリンドウ花観察地図、オヤマリンドウ花情報、オヤマリンドウ花写真で案内します。オヤマリンドウの青色の可愛らしい花をお楽しみください。

コケモモ実写真

苔桃コケモモ花実散歩(更新2020.8.19)

 ツツジ科スノキ属コケモモ(苔桃Cowberry Vaccinium vitis-idaea 他)は、日本など北半球の高原が原産の双子葉、常緑、広葉樹、小低木です。コケモモの花はツツジ科特有の花でがく片4、内花被片釣鐘状先端4裂、雌蕊1、雄蕊8です。コケモモの花は白色(薄紅色)で釣鐘状で可愛らしいです。コケモモは花期後赤色の球形の実を付けます。コケモモの実は栄養やビタミンが豊富で、世界中でジャムなどに利用されています。またコケモモは薬用、漢方、生薬としても利用されています。コケモモをコケモモ花実写真、コケモモ花実観察地図、コケモモ花実情報でお楽しみ下さい。

トマト実写真

唐柿トマト花実散歩(更新2020.8.5)

 ナス科ナス属トマト(唐柿Tomato Solanum lycopersicum)は南米高原地方が原産の双子葉、多年生、草本です。トマトの花はナス科特有の合弁花で、花色は黄色、花期は初夏から秋です。トマトの花は下向きに咲き、がく片5、花冠5裂、雌蕊1、雄蕊5で子房上位、2室です。トマトは花期後色とりどりの実(漿果)を付けます。トマトの実は緑色、黄色、赤色と変化し、とても人気があります。トマトは見た目も美しく、鑑賞的価値がある他、食用、薬用など利用価値が高い植物です。トマトをトマト花実写真、トマト花実観察地図、トマト花実情報でお楽しみ下さい。

コオニユリ花写真

小鬼百合コオニユリ花散歩(更新2020.7.30)

 ユリ科ユリ属コオニユリ(小鬼百合Leichtlins' Lily Lilium leichtlinii)は日本など東アジアの草原が原産の単子葉、多年生、草本です。コオニユリは冬を鱗茎で過ごし、初夏に互生の葉を付け、夏に高さ30cm~100cm程の花茎を伸ばし花茎の上部に数個の花被片が反り返った紅色、オレンジ色の花を咲かせます。コオニユリの花はユリ科特有の筒状花で、花被片6、雌蕊1、雄蕊6です。夏山の湿地や草原を明るく飾るコオニユリの花は、夏の草原の女王です。夏のの草原に咲く可愛らしいコオニユリは、夏の草原散歩の楽しみです。コオニユリをコオニユリ花写真、コオニユリ花観察地図、コオニユリ花情報でお楽しみ下さい。

ヨツバシオガマ花写真

四葉塩釜ヨツバシオガマ(更新2020.7.27)

 シソ目ハマウツボ科シオガマギク属ヨツバシオガマ(四葉塩釜Lousewort Pedicularis japonica)は日本の高山帯が原産の双子葉、多年生、草本です。ヨツバシオガマの花はシソ目特有の唇状の花で、がく片5、花弁5、雄蕊2、雌蕊先端2裂ですが合弁して筒状に見え、がく片5裂、花弁は長唇状で唇状花(上唇2は鳥のくちばし状、下唇3裂)に見えます。ヨツバシオガマは花期後実(蒴果)を付けます。ヨツバシオガマの薄紫色の花色は美しく、高山の湿地を華やかに飾ります。ヨツバシオガマをヨツバシオガマ花写真、ヨツバシオガマ花観察地図、ヨツバシオガマ花情報でお楽しみ下さい。

ウエストリンギア花写真

豪州迷迭香ウエストリンギア(更新2020.7.20)

 シソ科ウエストリンギア属ウエストリンギア(Coastal rosemary Westringia fruticosa)は、オーストラリア沿岸部が原産の双子葉、常緑、小潅木です。ウエストリンギアはオーストラリアン・ローズマリーとも呼ばれ、ローズマリーに似た植物です。ウエストリンギアは春から初夏に短い枝先に総状花序の青色(紫色、ピンク色)の花を多数咲かせます。ウエストリンギアの花はシソ科特有の花で唇状で花弁5(上唇2裂、下唇3裂)、雌蕊1、雄蕊2です。ウエストリンギアは花期後、種子(4個)を付けます。乾燥を好むウエストリンギアは、沿岸部の鉢植えや生け垣に適しています。ウエストリンギアをウエストリンギア花写真、ウエストリンギア花観察地図、ウエストリンギアの花情報でお楽しみ下さい。

コマクサ花写真

駒草コマクサ花散歩(更新2020.7.2)

 ケシ科コマクサ属コマクサ(駒草Komakusa Dicentra peregrina)は日本シベリアの高山や寒冷地が原産の双子葉、多年生、草本です。コマクサは初夏から夏に根状茎から羽状複葉の根生葉を茂らせます。コマクサは夏に10~15cm程の花茎を伸ばし、花茎に総状花序の心臓型の花を次々に付けます。コマクサの花はケシ科特有の花で、がく片2、花弁4、雌蕊1、雄蕊6です。コマクサは花期後黒色の実(蒴果)を付けます。コマクサをコマクサ花写真、コマクサ花観察地図、コマクサ花情報でお楽しみ下さい。

ハマカンゾウ花写真

浜萱草ハマカンゾウ花散歩(更新2020.6.27)

 ユリ科ワスレグサ属ハマカンゾウ(浜萱草Kwanzo Hemerocallis fulva ver. littorea他)は日本中国などの海辺が原産の単子葉、常緑、多年生、草本です。ハマカンゾウは主に種子、根茎で増えます。ハマカンゾウの葉は、常緑の根生葉で少し厚みがあります。ハマカンゾウの花はユリ科特有の花で花被片6枚です。ハマカンゾウの雄蕊は6、雌蕊は1です。ハマカンゾウの明るく華やか花は、夏らしい華やかな花です。夏の浜辺を飾るハマカンゾウをハマカンゾウ花写真、ハマカンゾウ花観察地図、ハマカンゾウ花情報でお楽しみ下さい。

フェイジョア花写真

菲油果フェイジョア花散歩(更新2020.6.18)

 フトモモ科アッカ属フェイジョア(菲油果Feijoa Acca sellowiana)は南アメリカ原産の双子葉、常緑、低木です。フェイジョアの花は花弁4~6で外側は白色で内側は赤紫色を帯びています。フェイジョアの花は両性花で、赤色の雄蕊多数が目立ちます。フェイジョアは花期後漿果を付けます。フェイジョアは熱帯亜熱帯が原産ですが、フェイジョアは比較的低温にも強く、生垣や庭木にも適しています。フェイジョアをフェイジョア写真、フェイジョア観察地図、フェイジョア情報でお楽しみ下さい。

ヒメシャラ花写真

姫沙羅ヒメシャラ花散歩(更新2020.6.7)

 ツバキ科ナツツバキ属ヒメシャラ(姫沙羅Japanese Stewartia Stewartia monadelpha)は日本原産の双子葉、落葉、高木です。ヒメシャラの花期は初夏から夏で、花色は白色です。ヒメシャラの花はナツツバキの花に似ていますが、少し小型です。ヒメシャラの花は、ツバキ科特有の花で、花弁5、雌蕊1、雄蕊多数です。ヒメシャラは山や、寺院で多く見かけます。ヒメシャラの白色で可愛らしい花は、初夏から夏の花散歩の楽しみです。ヒメシャラをヒメシャラ花写真、ヒメシャラ花観察地図、ヒメシャラ花情報でお楽しみ下さい。

アカメガシワ花写真

赤芽柏アカメガシワ花散歩(更新2020.6.7)

 トウダイグサ科アカメガシワ属アカメガシワ(赤芽柏East Asian mallotus Mallotus japonicus)は東アジア原産の雌雄異株の双子葉、落葉、高木です。アカメガシワは秋に落葉し春から初夏に赤色の美しい葉を付けます。アカメガシワの花は、トウダイグサ科特有の花で、雌雄異株で雌花は白色で、雄花は多数付き葯が黄色く見えます。アカメガシワは花期後蒴果を付けます。アカメガシワ属の多くは熱帯亜熱帯が原産ですが、アカメガシワは温帯の日本にも自生しています。アカメガシワをアカメガシワ写真、アカメガシワ観察地図、アカメガシワ情報でお楽しみ下さい。

アナベル花写真

雪山八仙花アナベル花散歩(更新2020.5.29)

 アジサイ科アジサイ属アナベル(雪山八仙花Annabelle Hydrangea arborescens 他)は北アメリカ原産の双子葉、落葉性、小低木(潅木)です。アナベルは花に見える部分はがく片で、中心に小さな両性花があります。アナベルの花はがく片が大きく、花弁は目立ちません。アナベルのがく片は4(1.4~2.4cm)、花弁4~5(2~4mm)です。アナベルの花の花柱は3、雄蕊10です。アナベルをアナベル花写真、アナベル花情報でお楽しみ下さい。

カキツバタ花写真

杜若カキツバタ花散歩(更新2020.5.17)

 アヤメ科アヤメ属カキツバタ(杜若Japanese Iris Iris laevigata)は日本など東アジア原産の単子葉、常緑、多年生、草本です。カキツバタの花期は初夏で、花色は青紫色、青色などです。カキツバタの花はアヤメ科特有の花被片6(外花被片3、内花被片3)で、雌蕊(花柱)の先は3分枝し花弁状で、雄蕊3です。カキツバタは江戸時代に品種改良され、様々な品種が創出されています。カキツバタの青紫色の涼しげな花は、初夏を告げる花として人気があります。カキツバタをカキツバタ花写真、カキツバタ花観察地図、カキツバタ花情報でお楽しみ下さい。

《四季の花散歩・新設・更新・ページ》

クンシラン花写真

君子蘭クンシラン花散歩(更新2020.5.9)

 ヒガンバナ科クンシラン属クンシラン(君子蘭Bush lily Clivia miniata)は、南アフリカ、スワジランド原産の植物です。クンシランは単子葉、多年生、草本の植物で、春から初夏に直線状の花茎を伸ばし、赤色、オレンジ色の豪華な花を茎の先端に7~30程咲かせます。クンシランの花はヒガンバナ科特有の花で、花漏斗状、花被片6、雌蕊1、雄蕊6です。クンシランは花期後赤色の実(漿果)を付けます。クンシラン花写真、クンシラン花観察地図、クンシラン花情報でお楽しみ下さい。

シロヤマブキ花写真

白山吹シロヤマブキ花散歩(更新2020.5.4)

 バラ科シロヤマブキ属シロヤマブキ(白山吹Jet-bead Rhodotypos scandens他)は日本など東アジアが原産の双子葉、落葉低木です。春に葉を茂らせ、春から初夏に枝先に3cm~5cm程の白色の花を咲かせます。シロヤマブキの花は白色です。シロヤマブキの花はバラ科では珍しい4枚の花弁で、離弁花です。シロヤマブキの花はがく片4、雌蕊4、心皮4、雄しべ多数です。シロヤマブキの白色の爽やかな花は、山麓に春を告げる花として人気があります。シロヤマブキをヤマブキ花写真、シロヤマブキ花観察地図、シロヤマブキ花情報でお楽しみ下さい。

オオデマリ花写真

大手毬オオデマリ花散歩(更新2020.4.25)

 スイカズラ科ガマズミ属オオデマリ(大手毬Japanese snowball bush Viburnum plicatum)は日本など東アジアが原産の双子葉、落葉、灌木です。オオデマリはヤブデマリの変種で、春から初夏に白色の手毬状の涼しげな花を付けます。オオデマリは成長すると3m程で、春に円形で鋸歯のある対生の葉を付けます。オオデマリは春から初夏に小枝の先に直径10~12cm程の球形の装飾花を付けます。オオデマリの花はスイカズラ科特有の花構造ですが、5枚の雄蕊が花弁状に変化した装飾花です。オオデマリの花をオオデマリ花写真、オオデマリ花観察地図、オオデマリ花情報でお楽しみ下さい。

ガーベラ花写真Garbera flower

非州菊ガーベラ花散歩(更新2020.4.1)

 キク科ガーベラ属ガーベラ(非州菊Garbera Gerbera jamesonii 他)は、双子葉、多年生、草本で、原産は熱帯アフリカ、熱帯アジアです。ガーベラの花はキク科特有の頭状花序で、周辺部に舌状花、中心部に管状花があります。ガーベラは花期後多数の痩果を付けます。ガーベラの花を写真、ガーベラ花観察地図、ガーベラの花情報でお楽しみ下さい。

アメリカンブルー花写真

藍星花アメリカンブルー花散歩(更新2020.2.11)

 ヒルガオ科アサガオガラクサ属アメリカンブルー(藍星花Blue Daze Evolvulus nuttallianus)は北アメリカ原産の双子葉、常緑、灌木です。アメリカンブルーは初夏から夏に直径0.8~1.2cm程の漏斗型の、青色の小さな花を咲かせます。アメリカンブルーの花は合弁花で花色は青色、藍色、紫色でがく片は5、花弁5、雌蕊1、雄蕊5です。初夏から夏の庭園に咲くアメリカンブルーの青色の花は、とても涼しげです。アメリカンブルーを、アメリカンブルー花写真、アメリカンブルー花観察地図、アメリカンブルー花情報でお楽しみ下さい。

オリーブ実画像

橄欖オリーブ花実葉散歩(更新2019.11.1)

 モクセイ科オリーブ属オリーブ(橄欖Olive Olea europaea)は地中海沿岸地方が原産の双子葉、常緑、小高木です。オリーブは初夏に小さな4弁(花冠4裂)の花を咲かせます。オリーブの花はモクセイ科特有の花で、花色は白色、花冠4裂です。オリーブの花はがく片4、花弁4(花冠4裂)、雄蕊2、雌蕊1です。オリーブは花期後、楕円形の初め緑色、熟すと黒紫色の実を付けます。オリーブをオリーブ花実葉写真、オリーブ花実葉観察地図、オリーブ花実葉情報でお楽しみ下さい。

キョウチクトウ花画像

夾竹桃科キョウチクトウ科花図鑑(更新2019.8.11)

 キョウチクトウ科(夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae)は双子葉リンドウ目の植物で、熱帯亜熱帯地方を中心に世界中で384属程が知られています。キョウチクトウ科の植物は有毒なものも多いですが、医薬品として利用されるものも多いです。キョウチクトウ科の花は花弁が筒状に合生し、先端が5裂するものが多いです。キョウチクトウ科をキョウチクトウ科花写真、キョウチクトウ科花観察地図、キョウチクトウ科花情報でお楽しみ下さい。

《四季の花散歩・新設・更新・ページ》

フランネルフラワー花画像

白色花白色の花図鑑(更新2019.7.6)

 日本列島各地に咲く白色の花を、花写真図鑑で案内するページです。白い花は、清々しく爽快でさわやかです。美しい日本列島の四季を感じながら、白色の花図鑑を片手に白色の花散歩してみましょう。白色の花々の写真図鑑と撮影地の地図を用意しました。皆様も白色の花散歩に、出かけましょう。

ヒスイカズラ花画像

翡翠葛ヒスイカズラ花散歩(更新2019.5.15)

 マメ科ヒスイカズラ属ヒスイカズラ(翡翠葛Jade Vine Strongylodon macrobotrys)はフィリピン諸島原産の双子葉、常緑、つる性植物です。ヒスイカズラは熱帯雨林が原産で蔓を18mほど伸ばし、爪形の翡翠色の花を総状花序で藤房状に多数付けます。ヒスイカズラの花は緑色(翡翠色、赤紫色)で、マメ科特有の蝶形花冠の構造の花で、花弁は5(旗弁1、翼弁2、舟弁2)、雌蕊1、雄蕊10です。ヒスイカズラの花は、美しく世界中から愛されています。ヒスイカズラをヒスイカズラ花写真、ヒスイカズラ花観察地図、ヒスイカズラ花情報でお楽しみ下さい。

アヤメ科花画像

文目科アヤメ科花散歩(更新2019.3.15)

 アヤメ科アヤメ属ハナショウブ(花菖蒲Japanese Iris Iris ensata ver. ensata)は日本原産のノハナショウブの園芸品種で単子葉、多年生、草本です。ハナショウブの花は青色、紫色、白色、黄色、他で直径10cm~15cm程の大きさでアヤメ科特有の花被片6(外花被片3、内花被片3)です。ハナショウブの華やかな花は、初夏を告げる花として人気があります。ハナショウブをハナショウブ花写真、ハナショウブ花観察地図、ハナショウブ花情報でお楽しみ下さい。

バラ花画像

薔薇科バラ科花図鑑(更新2019.2.28)

 バラ科(薔薇科Rose Family Rosaceae)は世界中に分布するバラ目の双子葉植物の仲間です。バラ科の植物は、世界中に約91属、4828種存在する大きな科です。バラ科の植物は有用なものが多く、花は離弁花でがく片5、花弁5、雌蕊1、雄蕊多数のものが多いです。バラ科の華やかで、香りが良い花は世界中で愛されています。またバラ科の植物は食用や香料、医薬品などに利用されるものも多いです。バラ科の植物をバラ科花写真、バラ科花観察地図、バラ科花情報でお楽しみ下さい。

ツワブキ花画像

菊科キク科花散歩(更新2018.11.22)

 キク科菊花科Aster Family、Asteraceaeの植物はキク目に属する双子葉植物です。キク科の植物は世界中に約1900属3000種が知られています。キク科の植物は草本のものが多いですが稀に木本のものもあります。キクの花は頭状花序が特徴で管状花、舌状花と呼ばれる小花の集合した花を咲かせます。キク科の華やかで明るい花は、四季の花散歩の楽しみです。キク科の植物をキク科花写真、キク科花観察地図、キク科花情報でお楽しみ下さい。

ナノハナ花画像

油菜科アブラナ科花図鑑(更新2018.10.13)

 アブラナ科(油菜科cabbage family Brassicaceae)はアブラナ目に属する双子葉植物で、約372属、4060種あります。アブラナ科は花弁が4枚で、十字花科とも呼ばれていました。油菜科の植物は食用や薬品、観賞用になるものが多く、世界中で栽培されています。アブラナ科の花は十字花で、がく片は4、花弁4、雌しべ1、雄しべ6(長4、短2)です。アブラナ科をアブラナ科花写真、アブラナ科花観察地図、アブラナ科花情報でお楽しみ下さい。

イワギキョウ花画像

高山高山植物花図鑑(更新2018.7.31)

 日本の高山地帯は自然が厳しいですが、短い夏に咲く花は美しくけなげです。美しい日本列島の高山を、花散歩してみましょう。高山で普段見ることのできない高山植物や、美しい風景に出会えたら幸せですね。それでは、高山植物花散歩に出かけましょう。

サツキ花画像

皐月サツキ花散歩(更新2018.4.20)

 ツツジ科ツツジ属サツキ(皐月Satsuki azaleas Rhododendron indicum 他)は日本が原産の双子葉、常緑、小低木です。初夏の庭園や街路を華やかな花で飾るサツキの花は初夏から梅雨時に咲く花です。サツキは主に、挿し木や種子で増えます。サツキの花はツツジ科特有の花で、がく片5、花弁筒状で合弁5裂、雌蕊1、雄蕊5です。サツキの美しく華やかな花は、世界中で愛され栽培されています。

★★★途中省略★★★

バンダ花Blue Vanda

翡翠蘭バンダ蘭花散歩(更新2013.7.8)

 ラン科ヒスイラン属バンダ(翡翠蘭Vanda Blue Orchid Vanda)はアジアが原産の双子葉、多年生、草本です。バンダは葉の付け根の茎から花茎を延ばし5~12cm程の大きな花を多数咲かせます。バンダの花色は青色、紫色、黄色他で、青紫色の網目があるものも多いです。バンダの花は外花被片3、内花被片3で内花被片の一つが唇弁になって前方に突き出しています。バンダの雌蕊1と雌蕊1(葯2)は唇弁の上部に合着し葯帽となっています。バンダの中で青色のものは特に人気があり、世界中で愛されています。バンダをバンダ蘭花写真、バンダ蘭花観察地図、バンダ蘭花情報でお楽しみ下さい。

 四季の花散歩を楽しんでもらえたでしょうか。四季の花散歩は、これからもどんどん更新してゆきます。新しいページ、更新ページをチェック下さい。四季の花散歩のページの花写真は、全て私たちのオリジナル写真で、現地取材したものです。このページの写真で、1枚でも皆様が気に入った写真があれば光栄です。

ベストトラベルに戻る

トラベルチャオに戻る

四季の花アルバムに戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

Back to Japan Travel Photo Album

Back to Four Seasons Flower

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

高原の花 熱帯植物