四季の花散歩更新記録赤色花白色花初冬花冬花早春花春花初夏花夏花

ツバキ科散歩

Flower Walking with Theaceae Camellia Family

ツバキ科の植物は日本・アジア原産の美しく有用な植物です・ツバキ科の花は四季の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象Weather

 ツバキ科(椿科Theaceae Camellia Family)は日本などの東アジア原産の双子葉、常緑樹、高木、灌木の植物です。ツバキ科の植物は主に、種子で増えます。ツバキ科の植物の葉は単葉、互生の葉を付けます。ツバキ科の植物は、花弁が合着した花をつけます。ツバキ科の植物は、雌しべ1は柱頭が3~4に分かれ、雄しべは多数で基部で合着しています。ツバキ科の植物は、実(蒴果)を稔らせます。ツバキ科の植物の実の中には油分の多い種子があり、種子から油を採取します。

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花写真・ツバキ科お勧めのページ》

台北市 ツバキ花

《台北市故宮博物院至善園に咲くタイワンヤブツバキ花写真》

ヤブツバキ花

藪椿ヤブツバキ花散歩

 ツバキ科ツバキ属ヤブツバキ(藪椿Camellia japonica)は日本などの東アジア原産の双子葉、高木常緑樹の植物です。ヤブツバキは主に種子で増え、樹高5m~6mほどの高木になります。ヤブツバキの枝はよく分かれ、互生の厚く表面に光沢のある深緑色の葉を付ける。ヤブツバキは冬から春に小枝の先に、5cm~7cmの5枚の花弁が合着した赤い花をつけます。ヤブツバキの雌しべは柱頭が3~4に分かれ、雄しべは多数で基部で合着しています。ヤブツバキ翌年の夏から秋に直径4~5cmほどの大きさの実(果実)を稔らせます。ヤブツバキの果実の中には油分の多い種子があり、種子から椿油を採取します。ヤブツバキ花写真、ヤブツバキ花散歩地図、ヤブツバキ花情報でお楽しみ下さい。

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花情報》  

植物名 ツツジ目ツバキ科  漢字 椿科 英語 Camellia Family 中国語 山茶科
学名 Theaceae
科名 ツバキ科 Theaceae
属名 ツバキ属 Camellia ナツツバキ属 チャ属 他
花期 初冬花 冬の花 早春花 春の花 初夏花 夏花 初秋花 秋花
花色 赤色花 白色花
原産 アジア、日本、他
観察地 京都府、奈良県、滋賀県、東京都、横浜市、鎌倉市、横須賀市、他
特徴 双子葉、常緑樹、ツバキ科、主に種子で増える、葉は単葉、互生、葉は厚く光沢
花は花弁5(基部で合着)、雌しべ1(柱頭が3~4)、雄しべ多数(基部で合着)
果実は3裂して開き、油分の多い種子ができる。油として利用される
利用 飲用、油採取、園芸植物、寺院の庭園、公園の樹木、茶花、化粧品、医薬品、生薬
意味 日本:ツバキ科=椿科、中国:山茶科(茶の仲間)、Camellia Family=ツバキ科
科名Theaceae=from Latin 'Thea' meaning tea=ラテン語で「茶」の意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:ツバキ科の花)

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花写真・ツバキ科お勧めのページ》

オカメツバキ花画像

鎌倉鶴岡八幡宮に咲くオカメツバキ花写真》

オカメツバキ花画像

乙女椿オトメツバキ花散歩

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花写真・ツバキ科お勧めのページ》

ナツツバキ花画像

東慶寺に咲くナツツバキ花写真》

ナツツバキ花画像

夏椿ナツツバキ花散歩

 ツバキ科ナツツバキ属ナツツバキ(夏椿、沙羅Japanese Stewartia Stewartia pseudocamellia)は日本、朝鮮半島原産の双子葉、落葉、高木です。ナツツバキは成長すると、10~15m程になります。ナツツバキは木肌が滑らかで、春に互生の黄緑色の葉を茂らせ、初夏から夏に葉脇から白色の5~7cmほどの大きな花を咲かせます。ナツツバキの花は、ツバキ科特有の花で、花弁5、雌蕊1、雄蕊多数です。ナツツバキは沙羅樹とも呼ばれ、寺院で多く見かけます。ナツツバキの白色で爽やかな花は、初夏から夏の花散歩の楽しみです。ナツツバキをナツツバキ花写真、ナツツバキ花観察地図、ナツツバキ花情報でお楽しみ下さい。

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花写真・ツバキ科お勧めのページ》

サザンカ花画像

横浜外国人墓地に咲く赤色のサザンカ花写真》

サザンカ花画像

山茶花サザンカ花散歩

 ツバキ科ツバキ属サザンカ(山茶花Camellia sasanqua)は日本を含む東アジア原産の双子葉、樹高5mに成長する常緑広葉樹の植物です。サザンカの葉は光沢があり、鋸歯があります。サザンカは木枯らしの吹き出す晩秋から冬の寒い季節に白色、赤色の同属のツバキに似た花を咲かせます。サザンカの花は直径5cm~7cmほどで、5~7枚のがく片、花弁5~多数を付け、中心に雌しべと多数の雄しべが密集しています。サザンカの花はツバキのように花弁が基部で繋がらず、ばらばらに散るのが特徴です。寒い季節に咲くサザンカの華やかな花は、晩秋から冬の花散歩の楽しみです。サザンカ花写真、サザンカの花散歩地図、サザンカの花情報でお楽しみ下さい。

チャノキ若葉画像

建仁寺のチャノキの若葉写真》

チャノキ花画像

茶樹チャノキ花散歩

 ツバキ科ツバキ属チャノキ(茶樹Camellia sinensis)は、中国南部原産の双子葉、常緑樹、小高木の植物です。チャノキは東アジア、インド、台湾、日本などでも栽培され、緑茶、紅茶、ウーロン茶などに加工され世界中で飲用されています。チャノキの若芽にはカフェインが多く含まれ嗜好品としても好まれています。またチャノキは秋から冬に白色(薄黄色)の爽やかな花を咲かせます。チャノキ花写真、チャノキ花散歩地図、チャノキ花情報でお楽しみ下さい。

《ツバキ科 Theaceae Camellia Familyの花写真・ツバキ科お勧めのページ》

エゴノキ花画像

クイーンズスクエアに咲くエゴノキ花写真》

エゴノキ花画像

野茉莉エゴノキ花散歩(ツツジ目エゴノキ科)

 エゴノキ科エゴノキ属エゴノキ(Japanese snowbell Styrax japonica)は、日本など東アジアが原産の双子葉、落葉、小高木です。エゴノキは主に種子、挿し木で増えます。エゴノキは初夏に、香りの良い花を咲かせます。エゴノキの花色は白色(薄紅色)で、香りが良いのが特徴です。エゴノキの花はエゴノキ科特有の花でがく片5裂、花弁5裂、雌蕊1、雄蕊10です。エゴノキの花は香りが良く白い実も可愛らしいです。エゴノキはシーボルトが、日本を代表する植物の一つ、として世界に紹介しています。エゴノキをエゴノキ花写真、エゴノキ花観察地図、エゴノキの花情報でお楽しみ下さい。

 ツバキ科(椿科Theaceae Camellia Family)は日本などの東アジア原産の双子葉、常緑樹、高木、灌木の植物です。ツバキ科の植物は花も美しく有用な植物が多いです。ツバキ科と同じツツジ目のエゴノキの花と同じ部分と異なる部分を比較してみるのも面白いです。このページの中で皆様が気に入ったのツバキ科の花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 ツバキ科(椿科Theaceae Camellia Family)の花散歩を楽しんでもらえたでしょうか?ツバキ科の花はとても美しいだけでなく、お茶などの飲用や椿油など様々に利用されています。。皆様もこのページの地図を片手にツバキ科花散歩を楽しんでください。美しい庭園や青空、寺社を見ながら、ツバキ科散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、ツバキ科の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらツワブキ花散歩チャノキ花散歩野菊花散歩も眺めていってください。

早春花に戻る

春の花に戻る

初夏の花に戻る

夏の花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める(WEBですぐ読めます)写真集が刊行横浜鎌倉の四季出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花 早春花 春花 初夏花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 オレンジ色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録