四季の花散歩更新記録季節の花花色図鑑科の花図鑑

シソ科図鑑

Flower Walking with Lamiaceae

ラベンダーなどのシソ科の花は香りも良く花も美しいです・シソ科の華麗な花は四季の花散歩の楽しみ

 シソ科(紫蘇科Lamiaceae)はシソ目に属する植物の科名で世界中に236属約7000種の植物があります。シソ科の植物は双子葉で葉は対生で、茎の断面は四角く、香りのよいものが多いです。シソ科の花は唇形花で、がく片5、花弁5(筒状5裂)で、両性花です。シソ科の花は子房上位、2室です。シソ科の植物は、観賞用、医薬品、香草、グランドカバー、花壇、庭草、鉢植え、薬草、漢方薬など多方面に利用されています。シソ科の花を写真図鑑、シソ科花観察記録、シソ科花情報でお楽しみ下さい。

《シソ科の花写真・シソ科の花紹介・シソ科の花観察》

ラベンダー花画像

薫衣草ラベンダー

 シソ科ラベンダー属コモンベンダー(薫衣草Common lavender Lavandula angustifolia)はヨーロッパ地中海が原産の双子葉、常緑、小低木です。ラベンダーは初夏から夏に花茎を伸ばし長さ2~8cm程の花穂を付け、花穂に多数の花が集まって咲きます。ラベンダーの花は、シソ科特有の唇状の合弁花で、花弁は5裂しています。ラベンダーの花冠は2唇形で上唇2裂、下唇3裂しています。雌蕊の下の子房は4裂し、雄蕊は4です。ラベンダーの花は香りが良く香水として使われる他、入浴剤、芳香剤、食用、薬用、医薬品、蜂蜜採取などにも使われ世界中で親しまれています。

サルビアレウカンサ花画像

紫絨鼠尾草サルビアレウカンサ

 シソ科アキギリ属サルビアレウカンサ(紫絨鼠尾草Mexcan bush sage Salvia leucantha)はメキシコ亜熱帯から熱帯地方が原産の双子葉、多年生、草本です。サルビアレウカンサの花色はがく片は紫色で、花は白色、紫色、ピンク色などがあります。サルビアレウカンサの花はシソ科特有の唇状の花で、がく片5、花弁5、雄蕊2、雌蕊先端2裂ですが、合弁しているためにがく片2裂、花弁は長唇状で4裂(上唇1、下唇3裂)に見えます。サルビアレウカンサは晩秋に種子を付けます。サルビアレウカンサのビロード状の毛で覆われた紫色の花色は美しく、秋の庭園を華やかに飾ります。

ウエストリンギア花写真

豪州迷迭香ウエストリンギア

 シソ科ウエストリンギア属ウエストリンギア(Coastal rosemary Westringia fruticosa)は、オーストラリア沿岸部が原産の双子葉、常緑、小潅木です。ウエストリンギアはオーストラリアン・ローズマリーとも呼ばれ、ローズマリーに似た植物です。ウエストリンギアは春から初夏に短い枝先に総状花序の青色(紫色、ピンク色)の花を多数咲かせます。ウエストリンギアの花はシソ科特有の花で唇状で花弁5(上唇2裂、下唇3裂)、雌蕊1、雄蕊2です。ウエストリンギアは花期後、種子(4個)を付けます。乾燥を好むウエストリンギアは、沿岸部の鉢植えや生け垣に適しています。ウエストリンギアをウエストリンギア花写真、ウエストリンギア花観察地図、ウエストリンギアの花情報でお楽しみ下さい。

《シソ科花情報》 

植物名 シソ科 漢字 紫蘇科 英語 mint, deadnetle 中国語 唇形科
学名 シソ科  Lamiaceae
属名 ラベンダー属、アジュガ属、オドリコソウ属、タツナミソウ属、ウツボグサ属、ムラサキシキブ属、他
種名 メドーセージ、レースラベンダー、ラベンダー、サルビアレウカンサ、フレンチラベンダー、ブルーサルビア
花期 早春花 春の花 初夏の花 夏の花 秋の花
花色 青色花 紫色花 白色花 赤色花
原産 世界各地
観察 横浜市 横須賀市 鎌倉市 東京都 大阪府 京都府 他
特徴 シソ科、種子、双子葉、、葉対生、葉断面方形、花期春、初夏、花青色、がく片5、花弁5(合弁5裂)、
唇状花、子房上位、2室、花期後果実(種子4)、観賞用、庭草、鉢植、薬草、漢方薬
利用 観賞用、医薬品、香草、グランドカバー、花壇、庭草、鉢植え、薬草、漢方薬
意味 紫蘇科(日本)=紫蘇(シソPerilla frutescens 他)、唇形科(中国語)=花の形状(唇状の花から)
Lamiaceae=from the Latin meaning 'in pairs' or 'twins' =ラテン語で「1対の」意味(唇状の花から)

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:シソ科)

《シソ科の花写真・シソ科の花紹介・シソ科の花観察》

フレンチラベンダー花画像

仏蘭西薫衣草フレンチラベンダー

 シソ科ラベンダー属フレンチラベンダー(仏蘭西薫衣草French lavender Lavandula stoechas)はヨーロッパ、西アジアが原産の双子葉、常緑、小低木です。フレンチラベンダーは水はけが良く、日当たりの良い環境を好みます。フレンチラベンダーは暑さ寒さに比較的強く、日本では常緑で冬を越します。フレンチラベンダーの樹高は30cm~100cmで、上向きに伸びる枝から多数の針状の葉を茂らせます。フレンチラベンダーの花はシソ科特有の唇状の合弁花で、花弁は5裂しています。フレンチラベンダーの花冠は2唇形で上唇2裂、下唇3裂しています。雌蕊の下の子房は4裂し、雄蕊は4です。

セイヨウジュウニヒトエ花写真

西洋十二単セイヨウジュウニヒトエ

 シソ科アジュガ属セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単Bugleweed Ajuga reptans)はヨーロッパが原産の双子葉、常緑、多年生、草本です。セイヨウジュウニヒトエは主に種子、株分けで増えます。セイヨウジュウニヒトエは高さ15cm程で、春から初夏に咲く青く美しい花は世界中で人気があります。セイヨウジュウニヒトエは匍匐性でランナーで増えるため、グランドカバーに最適です。セイヨウジュウニヒトエはロゼット状の根出葉で冬を過ごし、春から初夏に高さ15cm程の花茎を伸ばし穂状花序の青色の小さな花を次々に付けます。セイヨウジュウニヒトエの花はシソ科特有の唇形花で、がく片5、花弁5(筒状5裂)で、雄蕊4(長2、短2)、雌蕊1、子房上位、2室です。

《シソ科の花写真・シソ科の花紹介・シソ科の花観察》

ムラサキシキブ実画像

紫式部ムラサキシキブ

 ムラサキシキブはクマツヅラ科(シソ科)ムラサキシキブ属の双子葉植物です。ムラサキシキブ属の植物は日本全国、朝鮮半島に分布する山野草で、夏に葉腋から1対の散房花序の薄紫色の花を咲かせます。ムラサキシキブの花と実は、古くから好まれていています。ムラサキシキブの花と実を写真、ムラサキシキブの花実散歩地図、ムラサキシキブの花実情報でお楽しみ下さい。

メドーセージ花画像

深藍鼠尾草メドーセージ

 シソ科アキギリ属メドーセージ(深藍鼠尾草Hummingbird sage Salvia guaranitica)は南米原産の双子葉、多年生、草本です。メドーセージは夏から秋に穂状の花茎を伸ばし濃青色の長唇状の花を次ぎつきにつけます。メドーセージの花色はがく片は濃紫色で、花は濃青色です。メドーセージの花はシソ科特有の唇状の花で、がく片5、花弁5、雄蕊2、雌蕊先端2裂ですが、合弁しているためにがく片2裂、花弁は長唇状で2裂(上唇1、下唇1)に見えます。メドーセージは晩秋に種子を付けます。メドーセージの濃青色の花色は美しく、秋の庭園を華やかに飾ります。

ブルーサルビア花画像

粉萼鼠尾草ブルーサルビア

 ブルーサルビア(粉萼鼠尾草ケショウサルビア)はシソ科サルビア属の植物です。ブルーサルビアはケショウサルビア、サルビア・ファリナセアSalvia farinaceaなどとも呼ばれています。Salvia farinaceaは一般的にはブルーサルビアと呼ばれ、夏に咲く青く爽やかな花は人気があります。夏空のもとで咲くブルーサルビアの花は、昆虫たちにも人気の花のようです。夏の空が似合う、ブルーサルビアの花を写真、ブルーサルビアの花散歩地図、ブルーサルビアの花情報でお楽しみ下さい。

コリウス葉画像

錦紫蘇コリウス

 シソ科コリウス属コリウス(錦紫蘇Painted Nettle Coleus blumei 他)はマレーシアなど熱帯地方が原産の高さ60~75cm程の、常緑、多年生、草本です。コリウスの葉は対生で、楕円形の葉は紫色、赤色、緑色などの変化があり観葉植物として人気があります。コリウスの花はシソ科特有の唇状で、花弁は筒状5裂、花色は青色他です。コリウスの唇状花は花被片5、雌蕊1、雄蕊4です。コリウスの色とりどりの葉と青色の小花は庭園や街路を美しく飾ります。

《シソ科の花写真・シソ科の花紹介・シソ科の花観察》

サルビア花画像

緋衣草サルビア

 シソ科アキギリ属サルビア(緋衣草Scarlet sage Salvia splendens)はブラジル高原地帯(標高2000m~3000m)原産の双子葉、多年生、草本です。サルビアの花色は主に赤色ですが、紫色、白色などもあります。サルビアの花はシソ科特有の花で、がく片5、花弁5、雄蕊2、雌蕊先端2裂ですが、合弁しているためにがく片2裂、花弁は長唇状で4裂(上唇1、下唇3裂)に見えます。サルビアは秋に種子を付けます。サルビアの赤い花色は美しく、夏から秋の庭園を華やかに飾ります。

タツナミソウ花画像

立浪草タツナミソウ

 シソ科タツナミソウ属タツナミソウ(立浪草Indian Skullcaps Scutellaria indica)は日本など東アジアが原産の双子葉、多年生、草本です。タツナミソウ属にはタツナミソウを始め300種余りが知られています。タツナミソウは主に種子、株分けで増えます。タツナミソウは高さ20~30cm程で、初夏に咲く青く涼しげな花は世界中で人気があります。タツナミソウは春から初夏に高さ20cm程の花茎を伸ばし穂状花序の青色、紫色の小さな花を次々に付けます。タツナミソウの花はシソ科特有の唇形花で、がく片5(2に見える)、花弁5(筒状唇状5裂)で、雄蕊4(長2、短2)、雌蕊1、子房上位、2室です。

ホトケノザ花画像

仏座ホトケノザ

 シソ科オドリコソウ属ホトケノザ(仏座Common Henbit Lamium amplexicaule 他)は地中海が原産の双子葉、1年生、草本です。ホトケノザはサンガイグサ(三階草)とも呼ばれ、春に咲く紫色のユニークな花と蓮華座を思わせる対生の葉(抱茎葉)が特徴です。ホトケノザは主に、種子で増えます。ホトケノザの紫色の筒状で唇状の花は、春の草原を飾ります。ホトケノザの花はシソ科特有の唇状の花で、花弁(合弁・筒状・唇状花)、がく片5、雄蕊4です。ホトケノザの紫色のユニークな花は、世界中で人気があります。

レースラベンダー花画像

羊歯葉薫衣草レースラベンダー

 シソ科ラベンダー属レースベンダー(羊歯葉薫衣草Fernleaf Lavender Lavandula multifida)は地中海南部からカナリア諸島が原産の双子葉、常緑、小低木です。レースラベンダーの樹高は30cm~60cmで、レースの様に細かな切れ込みのある葉を茂らせます。春から初夏頃に上向きに伸びる花穂を延ばし、シソ科特有の紫色の花を多数咲かせます。レースラベンダーの花は、シソ科特有の唇状の合弁花で、花弁は5裂しています。レースラベンダーの花冠は2唇形で上唇2裂、下唇3裂しています。雌蕊の下の子房は4裂し、雄蕊は4です。

《シソ科の花写真・シソ科の花紹介・シソ科の花観察》

ウツボグサ花画像

靫草ウツボグサ

 シソ科ウツボグサ属ウツボグサ(靫草、空穂草Heal-all Prunella vulgaris 他)は日本など北半球が原産の双子葉、多年生、草本です。ウツボグサは成長すると20~30cm程で紫色の穂状の花を付けます。ウツボグサは主に種子で増え、初夏から夏に匍匐茎を伸ばし、対生の葉を茂らせます。ウツボグサは夏から秋に紫色の穂状の花を付けます。ウツボグサの花はシソ科特有の花で、がく片2裂、花弁筒状5裂(上唇2が合着、下唇3裂)、雄蕊4でできています。ウツボグサは花期後実を付けます。ウツボグサは薬草、生薬、中医薬としても利用されます。ウツボグサの穂状のユニークな花は、夏から秋の花散歩の楽しみです。

ローズマリー花画像

迷迭香ローズマリー

 シソ科マンネンロウ属ローズマリー(迷迭香Rosemary Rosmarinus officinalis)は、地中海原産の双子葉、常緑、小潅木です。古代から香草、薬草として知られるローズマリーの青く香りの良い花は、世界中で愛されています。ローズマリーは主に種子、挿し木で増え、葉は細く対生です。ローズマリーは春に短い枝先に総状花序の青色(紫色、ピンク色)の花を多数咲かせます。ローズマリーの花はシソ科特有の花で唇状で花弁5(上唇2裂、下唇3裂)、雌蕊1、雄蕊2です。ローズマリーは花期後、種子(4個)を付けます。ローズマリーは香草、薬草、漢方薬、消臭剤、殺菌剤として広く利用されています。

ヨツバシオガマ花写真

四葉塩釜ヨツバシオガマ(シソ目)

 シソ目ハマウツボ科シオガマギク属ヨツバシオガマ(四葉塩釜Lousewort Pedicularis japonica)は日本の高山帯が原産の双子葉、多年生、草本です。ヨツバシオガマの花はシソ目特有の唇状の花で、がく片5、花弁5、雄蕊2、雌蕊先端2裂ですが合弁して筒状に見え、がく片5裂、花弁は長唇状で唇状花(上唇2は鳥のくちばし状、下唇3裂)に見えます。ヨツバシオガマは花期後実(蒴果)を付けます。ヨツバシオガマの薄紫色の花色は美しく、高山の湿地を華やかに飾ります。ヨツバシオガマをヨツバシオガマ花写真、ヨツバシオガマ花観察地図、ヨツバシオガマ花情報でお楽しみ下さい。

 シソ科は、シソ目に属する植物の科名で、世界中に236属約7000種の植物があります。シソ科の植物は双子葉で葉は対生で、茎の断面は四角く、香りのよいものが多いです。シソ科の花は唇形花で、がく片5、花弁5(筒状5裂)で、両性花です。シソ科の花は子房上位、2室です。シソ科の植物は、観賞用、医薬品、香草、グランドカバー、花壇、庭草、鉢植え、薬草、漢方薬など多方面に利用されています。

 シソ科(紫蘇)花図鑑は役に立ったでしょうか。シソ科の植物は花も美しく、香りも良いものが多いので世界中で愛されています。皆様もシソ科花図鑑を片手にシソ科花散歩を、楽しんでみてください。よろしかったらカロライナジャスミン花散歩も眺めていってください。

ベストトラベルに戻る

四季の花アルバムに戻る

チャオトラベルに戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

Back to Japan Travel Photo Album

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

夏の花 初秋花 秋の花 初冬花 冬の花 早春花 春の花 春の花2 初夏の花 初夏の花2 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 紫色花2 オレンジ色花 ピンク色花 海浜植物 高原 熱帯植物 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 アオイ科 キキョウ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

秋の花旅 横浜花旅 鎌倉花旅 三浦半島花旅 北海道花旅集 伊豆箱根花旅 七色の図鑑 京都花旅 四国中国花旅 信州花旅 オアフ島花旅 城めぐり花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 奈良花の街 ソウル花旅 火山温泉探訪 夏の花旅 海の花旅 東京花旅 寺社の花旅 北京花旅 紅葉黄葉散歩 大阪花旅 あじさい花旅 山高原花旅 湖沼池花旅 沖縄花旅 天津花散歩 冬の花散歩 金沢花散歩 植物園花散歩