四季の花散歩新ページ季節の花花色図鑑科の花図鑑

キョウチクトウ科図鑑

Book of Dogbane Familly Apocynaceae

キョウチクトウ科の花は華やかで涼しげ花・色鮮やかなキョウチクトウ科の花は四季の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス

 キョウチクトウ科(夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae)は双子葉リンドウ目の植物で、熱帯亜熱帯地方を中心に世界中で384属程が知られています。キョウチクトウ科の植物は有毒なものも多いですが、医薬品として利用されるものも多いです。キョウチクトウ科の花は花弁が筒状に合生し、先端が5裂するものが多いです。キョウチクトウ科をキョウチクトウ科花写真、キョウチクトウ科花観察地図、キョウチクトウ科花情報でお楽しみ下さい。

《キョウチクトウ科夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae花写真・キョウチクトウ科のページ》

プルメリア花

印度素馨プルメリア花散歩

 キョウチクトウ科プルメリア属(印度素馨Frangepani Plumeria rubra他)は中米熱帯地方が原産の双子葉、常緑(落葉)、小高木です。プルメリア属には約50種あります。プルメリアはキョウチクトウに似た植物で、同じキョウチクトウ科に属します。熱帯原産のプルメリアは夏に枝先に花茎を伸ばし多数の花を次々に咲かせます。プルメリアの花は5~7.5cmで、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂しています。プルメリアの花色は赤色、白色、薄黄色、他ですが中心部が黄色、紅色などに彩られています。プルメリアの花は雌蕊1、雄蕊は5です。プルメリアの白い樹液は有毒ですが、香水、花飾り、医薬品としても多方面で利用されています。

《キョウチクトウ科夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceaeの花情報》

科名 キョウチクトウ科 漢字 夾竹桃科 英語 Dogbane Familly 中国語 夾竹桃科
学名 Apocynaceae
科名 キョウチクトウ科
属名 マンデビラ属 キョウチクトウ属 ニチニチソウ属 プルメリア属 他
花期 初夏の花 夏の花 秋の花 その他
花色 赤色花 白色花 黄色花 他
原産 世界各地
観察 沖縄県、横浜市、横須賀市、東京都、長野県、他
特徴 双子葉、常緑、蔓性、キョウチクトウ科、種子、挿し木で増える、蔓性、灌木、草本
花期夏他、花色赤色、白色、薄黄色、合弁花(花弁5裂)、子房上位
筒状花、花弁5裂、雌蕊1、雄蕊5、
利用 観賞用、庭園、街路、医薬品、除虫、その他
意味 キョウチクトウ科=夾竹桃科(中国語より)
英語Dogbane Familly=バシクルモン属の有毒な植物の仲間の意味
Apocynaceae=from Greek meaning dogbane =古代ギリシャ語でDogbaneの意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:キョウチクトウ科)

《キョウチクトウ科夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae花写真・キョウチクトウ科のページ》

マンデビラ花画像

巴西素馨マンデビラ花散歩

 キョウチクトウ科マンデビラ属マンデビラ(巴西素馨Brazilian jasmine Mandevilla sanderi 他)は中南米が原産の双子葉、常緑、つる性植物です。蔓性のマンデビラは初夏から秋に枝先に花茎を伸ばし多数の花を次々に咲かせます。マンデビラの花は4~7cmで、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂しています。マンデビラの花色は赤色、白色、他です。マンデビラの花は雌蕊1、雄蕊は5です。マンデビラの蔓性で涼しげな花は、鉢植えや日除け、生垣としても人気があります。マンデビラをマンデビラ花写真、マンデビラ花観察地図、マンデビラ花情報でお楽しみ下さい。

《キョウチクトウ科夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae花写真・キョウチクトウ科のページ》

ツルニチニチソウ花

蔓日々草ツルニチニチソウ花散歩

 キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属ツルニチニチソウ(蔓日々草Bigleaf periwinkle Vinca major)は地中海沿岸原産の双子葉、常緑、蔓性、多年草です。ツルニチニチソウは常緑のつる性で、春に新芽のつるを伸ばし匍匐性の枝脇から多数の青紫色(白色)の美しい花を次々と付けます。ツルニチニチソウの花はキョウチクトウ科特有の花で直径3cm~5cm程で、がく片5裂、花弁は合生し筒状で先は5裂するが回旋状、雄蕊5、雌蕊1は筒状の花に合着しています。ツルニチニチソウの青紫色で爽やか花は、春を告げる花として世界中で人気があります。

キョウチクトウ花画像

夾竹桃キョウチクトウ花散歩

 キョウチクトウ科キョウチクトウ属キョウチクトウ(夾竹桃Oleander Nerium oleander)は西南アジアが原産の双子葉、常緑、小高木です。キョウチクトウの樹高は2m~6mで、竹に葉に似た濃緑色の葉を輪生につけます。キョウチクトウは夏に枝先に花茎を伸ばし多数の花を次々に咲かせます。キョウチクトウの花は2.5~5cmで、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂(八重も多い)しています。キョウチクトウの花色は赤色、薄紅色、白色、薄黄色です。キョウチクトウの花は花冠筒内側に長い柔毛が伸びているのが特徴で、雌蕊1、雄蕊は5です。キョウチクトウは有毒な植物として知られていますが、医薬品としても多方面で利用されています。

《キョウチクトウ科夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae花写真・キョウチクトウ科のページ》

ニチニチソウ花画像

日日草ニチニチソウ花散歩

 キョウチクトウ科ニチニチソウ属ニチニチソウ(日日草Madagascar periwinkle Catharanthus roseus)はマダガスカルが原産の双子葉、常緑、匍匐性、小低木(日本では1年草)です。ニチニチソウの花は直径2.5~4cmで、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂しています。ニチニチソウの花色は赤色、薄紅色、白色、などです。ニチニチソウの花はがく片5、花被片筒状回旋5裂です。ニチニチソウをニチニチソウ花写真、ニチニチソウ花観察地図、ニチニチソウ花情報でお楽しみ下さい。

 キョウチクトウ科(夾竹桃科Dogbane Familly Apocynaceae)は双子葉リンドウ目の植物で、熱帯亜熱帯地方を中心に世界中で384属程が知られています。キョウチクトウ科の植物は有毒なものも多いですが、医薬品として利用されるものも多いです。このページの中で皆様が気に入ったキョウチクトウ科の花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 キョウチクトウ科花図鑑を楽しんでもらえたでしょうか?キョウチクトウ科の色鮮やかな花は、夏の花散歩の楽しみです。皆様もこのページのキョウチクトウ科図鑑を片手にキョウチクトウ科花散歩を楽しんでください。キョウチクトウ科花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、キョウチクトウ科の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらキク科花図鑑も眺めていってください。

科の花図鑑に戻る

四季の花散歩に戻る

更新記録に戻る

ベストトラベルに戻る

四季の花アルバムに戻る

チャオトラベルに戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 花色図鑑 科の花図鑑 夏の花 夏の花2 初秋花 秋の花 初冬花 冬の花 早春花 春の花 春の花2 初夏の花 初夏の花2 青色花 赤色花 赤色花2 白色花 白色花2 白色花3 黄色花 黄色花2 紫色花 紫色花2 オレンジ色花 ピンク色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 アオイ科 キキョウ科 キョウチクトウ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録