四季の花散歩更新記録四季出版部春の花紫花リュウキュウコスミレ花散歩横浜鎌倉の四季

リュウキュウコスミレ散歩

Flower Walking with Viola Yedoensis var. pseudo-japonica

リュウキュウコスミレは南国沖縄から春を告げます・リュウキュウコスミレは冬から春の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本の天気日本週間予報日本アメダス空港の気象Weather

 スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ(琉球小菫 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica)は九州南部から沖縄県原産の双子葉、草本の植物です。リュウキュウコスミレの花は1.5cm~2.5cm程で、スミレ属特有の5枚の紫色(稀に白色)の花弁をつけます。リュウキュウコスミレの花は冬から春(沖縄県地方)に開花します。リュウキュウコスミレの紫色の上品な花は、沖縄県地方の冬から春の花散歩の楽しみです。リュウキュウコスミレを花写真、リュウキュウコスミレ花散歩地図、リュウキュウコスミレ花情報でお楽しみ下さい。

《スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ琉球小菫 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica の花情報》  

花の名前 スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ 漢字 琉球小菫  英語 中国語  
リュウキュウコスミレ学名 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica
リュウキュウコスミレ科名 スミレ科 
リュウキュウコスミレ属名 スミレ属 
リュウキュウコスミレ花期 冬の花 春の花 
リュウキュウコスミレ花色 紫花
リュウキュウコスミレ原産 沖縄県
リュウキュウコスミレ観察地 那覇市、恩納村、本部町、今帰仁村、名護市、沖縄県 他
リュウキュウコスミレ特徴 双子葉、草本、バラ科、高さ5m、種子で増える、沖縄県原産、スミレ科スミレ属
葉は根際から出る、葉は三角形、花茎は根際から出る、花弁は紫色(稀に白色)、花は横下向き
花弁は5枚、虫媒花、果実はさく果、さく果は三裂して種子を飛ばす、スミレ属特有の蜜壷を持つ
花期は冬から春(沖縄県地方)、日照を好む、数個の花を次々に咲かせる、
リュウキュウコスミレ利用 道端の花、公園、植え込み、観賞用、
リュウキュウコスミレ意味 リュウキュウコスミレ=琉球小菫(琉球地方の小型のスミレの意味)学名Viola=紫色の(スミレ属)
Yedoensis=江戸の意味、pseudo-japonica=日本産に似た(コスミレに似たの意味)
Viola Yedoensis var. pseudo-japonicaは日本のコスミレに似た江戸のスミレの意味

《スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ琉球小菫 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica の花写真・観察地図》

リュウキュウコスミレ花

沖縄県本部町沖縄海洋博公園に咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2012.12.21)

観察地図沖縄海洋博公園地Okinawa Ocean Expo Park Map

 リュウキュウコスミレ(琉球小菫 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica)は沖縄県原産のスミレです。冬に沖縄県本部町にある沖縄海洋博公園内熱帯ドリームセンター近くを花散歩していると、青紫色をしたリュウキュウコスミレの花が咲いていました(撮影2012.12.21)。リュウキュウコスミレは九州南部から沖縄県の諸島に分布する、コスミレ(Viola japonica)の亜種です。リュウキュウコスミレの、少しうつむき加減に咲く姿はけなげです。

リュウキュウコスミレ花

今帰仁城の城壁の石垣近くに咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2013.1.29)

観察地図沖縄今帰仁城地図Okinawa Nakijin-jyo Gusuku Castle Map

 沖縄県本部にある今帰仁城のカンヒザクラの花がみごろの頃に今帰仁城の城壁の石垣近くを花散歩していると、リュウキュウコスミレの花がきれいに咲いていました(撮影2013.1.29)。リュウキュウコスミレの花はスミレ属特有の5枚の花弁で、大きさ1.5cm~2.5cm程の紫色(青色、白色)の花を咲かせます。リュウキュウコスミレの花は左右対称形、花弁5枚で、2枚の上弁、2枚の側弁、1枚の唇弁からできています。リュウキュウコスミレの花の下部にある唇弁には距(きょ)があり、ここに蜜壷と雄しべ、雌しべが収まっています(スミレの花の構造より)。今帰仁城の城壁近くに咲くリュウキュウコスミレの花は薄紫色の爽やかな花でした。参照今帰仁城グスク花散歩

リュウキュウコスミレ花

那覇市首里城の石垣の隙間に咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2013.1.30)

観察地図那覇市首里城地図Naha City Shuri-jyo Gusuku Castle Map

 春の風が吹きだした世界遺産である首里城付近を花散歩していると、琉球石灰岩でできた首里城グスクの石垣の隙間からリュウキュウコスミレの花が咲いていました(撮影2013.1.30)。首里城グスクの石垣の隙間には、ほとんど土壌がありません。このような厳しい環境の中で美しい花を咲かせる、リュウキュウコスミレの花はけなげに見えます。写真のリュウキュウコスミレの花を良く見ると、花の下部にある唇弁の距が後ろに伸びているのが観察できるでしょうか?首里城グスクの石垣の隙間に咲くリュウキュウコスミレの花は、上にある海洋博公園、今帰仁城グスクのものより花弁が幅広いようです。地域によって、リュウキュウコスミレの花にも個性があるのかも知れませんね。参照首里城公園花散歩

リュウキュウコスミレ花葉

リュウキュウコスミレの葉写真(撮影2012.12.21)

観察地図沖縄海洋博公園地Okinawa Ocean Expo Park Map

 リュウキュウコスミレの葉は、上の写真で見ると分かるように少し三角形です。本州のコスミレ(Viola japonica)の葉はハート型です。リュウキュウコスミレの葉は、とても可愛らしい形をしていますね。

リュウキュウコスミレさく果

リュウキュウコスミレのさく果、三裂した基部写真(撮影2012.12.21)

 上の写真でリュウキュウコスミレの花の横にさく果(果実)が、できているのが見えるでしょうか?リュウキュウコスミレの、さく果(果実)は三裂して種子を飛ばします。種子を飛ばした後のリュウキュウコスミレの、さく果(果実)は三裂した基部が残ります。リュウキュウコスミレの種子は、サンゴの化石でできた琉球石灰岩の隙間などでも発芽し成長します。

リュウキュウコスミレ花実

那覇市円覚寺跡に咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2012.12.22)

観察地図那覇市首里城公園円覚寺跡地図Naha Shurijyo Castle Park Enkaku-ji Temple Histrical site Map

 年末に那覇市首里城公園を花散歩していると、重要文化財円覚寺跡近くにリュウキュウコスミレの花が咲いていました(撮影2012.12.22)。円覚寺跡に咲くリュウキュウコスミレの花は清々しく見えました。太平洋戦争の戦火で貴重な円覚寺の伽藍は焼失してしまいましたが、重要文化財の放生橋と放生は残っています。リュウキュウコスミレの花の横に、さく果(果実)ができているのも見えます。参照首里城公園花散歩

リュウキュウコスミレ花

備瀬フクギ並木道近くに咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2013.1.29)

観察地図備瀬フクギ並木道地図Okinawa Bise Fukugi Tree Promenade Map

 沖縄県本部町にある備瀬フクギ並木道近くを花散歩していると、備瀬の海岸に近い日当たりの良い草原にリュウキュウコスミレの花が咲いていました(撮影2013.1.29)。備瀬フクギ並木道近くに咲くリュウキュウコスミレの葉は特徴ある三角形の葉でした。春爛漫の沖縄県の1月に咲くリュウキュウコスミレの花も綺麗です。参照備瀬フクギ並木道花散歩

リュウキュウコスミレ花

沖縄県カヌチャベイに咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2013.1.28)

観察地図沖縄県名護市カヌチャベイ地図Okinawa Nago Kanucha Bay Map

 沖縄県名護市の南部にあるカヌチャベイは太平洋の海に面したビーチリゾートです。カヌチャベイの海岸近くを花散歩していると、草むらにリュウキュウコスミレの花が咲いていました(撮影2013.1.28)。カヌチャベイに咲くリュウキュウコスミレの花は薄青く見えました。リュウキュウコスミレの花の色も個性があるようですね。

リュウキュウコスミレ花

首里城公園の草むらに咲くリュウキュウコスミレの花写真(撮影2012.12.22)

沖縄首里城公園地図Okinawa Shuri-jyo Castle Park Map

 世界遺産首里城公園は復元した首里城以外の場所は、無料で散策できる公園です。世界遺産首里城公園に残る首里城の城壁などの素晴らしい文化財を眺めながら花散歩していると、草むらにリュウキュウコスミレの花の群落がありました(撮影2012.12.22)。首里城公園の緑の草むらの中で咲くリュウキュウコスミレの花はとても清楚に見えました。リュウキュウコスミレの花は決して華やかではありませんが、心に残る可憐な花です。参照首里城公園花散歩

 スミレ科スミレ属リュウキュウコスミレ(琉球小菫 Viola Yedoensis var. pseudo-japonica)は沖縄諸島原産の植物です。リュウキュウコスミレの花は沖縄で愛され、親しまれている花です。リュウキュウコスミレの花は冬から春の長い期間楽しめる花なので、沖縄の冬から春の花散歩には欠かせない植物です。また、リュウキュウコスミレと同じスミレ属のパンジーの花と同じ部分と異なる部分を、観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったリュウキュウコスミレの花写真が、一枚でもあれば幸いです。 

 リュウキュウコスミレ花散歩楽しんでもらえたでしょうか?リュウキュウコスミレの気品ある紫色の花は、冬から春の長い期間楽しめる植物です。皆様もこのページの地図を片手にリュウキュウコスミレ花散歩を楽しんでください。リュウキュウコスミレ花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、リュウキュウコスミレの花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらカンヒザクラ花散歩ユリオプスデージー花散歩ノースポール花散歩ナノハナ花散歩ジャノメエリカ花散歩ウメ花実散歩ブーゲンビリア花葉散歩ポインセチア花散歩パンジー花散歩ピラカンサ花実散歩ヤブツバキ花散歩も眺めていってください。

春の花に戻る

冬の花に戻る

紫花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

四季出版部に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料で読める写真集(WEBでもすぐ読めます)が刊行されましたご利用下さいのんさん出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

夏の花 秋の花 冬の花 春の花 青花 赤花 白花 黄花 紫花 園芸 海浜植物 観葉 湿地 高原  帰化 ハススイレン花旅 あじさい花旅花散歩 アガパンサス花散歩 ノウゼンカズラ花散歩 キンシバイ花散歩 ヒマワリ花散歩 ハマナス花散歩 ヤナギラン花散歩 カンナ花散歩 サルスベリ花散歩 ハマユウ花散歩 ブルーサルビア花散歩 ランタナ花散歩 ハギ花散歩 ススキ花散歩 キキョウ花散歩 フジバカマ花散歩 ムラサキシキブ花散歩 オミナエシ花散歩 ヒガンバナ花散歩 コスモス花散歩 シュウメイギク花散歩 モクセイ花散歩 野菊の花散歩 ヘクソカズラ花散歩 フヨウ花散歩 ジャノヒゲ花実散歩 ツワブキ花散歩 チャノキ花散歩 ヤブラン花実散歩 ハナミズキ花実散歩 ハクチョウソウ花散歩 ルリマツリ花散歩 センニチコウ花散歩 ツルボ花散歩 ムクゲ花散歩 ホトトギス花散歩 イソギク花散歩 サガギク花散歩 ベゴニア花散歩 アベリア花散歩 シャリンバイ花実散歩 ナンテン花実散歩 キバナコスモス花散歩 サザンカ花散歩 ニホンズイセン花散歩 マンリョウ実散歩 ヤブツバキ花散歩 ピラカンサ花実散歩 パンジー花散歩 ポインセチア花散歩 ブーゲンビリア花葉散歩 ウメ花実散歩 ジャノメエリカ花散歩 ナノハナ花散歩 ノースポール花散歩 ユリオプスデージー花散歩 カンヒザクラ花散歩 リュウキュウコスミレ花散歩

安心★四季の花散歩★リンク

沖縄花散歩 首里城公園花散歩 万座毛花散歩 ちゅら海水族館花散歩 万座ビーチ花散歩 備瀬フクギ並木花散歩 今帰仁城グスク花散歩

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

奈良花旅花散歩 冬景色雪景色スキー 秋の花旅花散歩 横浜花旅集 鎌倉花旅集 三浦半島花旅集 北海道花旅集 伊豆箱根花旅集 七色の図鑑集 京都はんなり花旅集 奈良大阪宝塚花旅集 四国中国花旅集 九州沖縄花旅集 信州花旅集 会津花旅集 オアフ島花旅集 城めぐり花旅集 若狭街道近江路花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 北東北函館 横浜鎌倉湘南気象防災リンク 道南函館気象防災リンク 京都気象防災リンク 京都花の街 鎌倉花の街 横浜花の街 奈良花の街 ソウル花旅花散歩 花旅の四季 火山温泉探訪集 夏の花旅花散歩  駅から花散歩 海の花旅花散歩 東京花旅集 寺社の花旅花散歩 北京花旅花散歩  沖縄花旅花散歩 紅葉黄葉散歩 大阪花旅花散歩 あじさい花旅花散歩 山高原花旅花散歩 湖沼池花旅花散歩 横浜鎌倉の四季更新記録 横浜鎌倉の四季出版部 

七色の図鑑

7色の図鑑 秋色図鑑 会津の色図鑑 志賀高原の色図鑑 三浦半島の色図鑑 オアフ島の色図鑑 北アルプスの色図鑑 京都の色図鑑 鎌倉の色図鑑 台北の色図鑑 函館の色図鑑 富良野の色図鑑 茶色図鑑 緑色図鑑 青色図鑑 紫色図鑑 黄色図鑑 白色図鑑 横浜青色 赤い実 黄色い実 青い実 横浜白色 赤色図鑑 黄昏の色図鑑 オレンジ色の図鑑

【リンク】

横浜鎌倉の四季 四季の花散歩 花旅の四季 プロフィール 横浜鎌倉の四季出版部 ベストトラベル チャオトラベルジャパン Japan Travel Photo Fantastic Color Photo of Japan