四季の花散歩更新記録初夏の花夏の花初秋の花秋の花赤色花紫色花バラ科

ワレモコウ散歩

Flower Walking with Great Burnet Sanguisorba officinalis

ワレモコウの赤紫色の美しい花は高原に秋を呼びます・ワレモコウの花は秋の高原花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象Weather

 バラ科ワレモコウ属ワレモコウ(吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis)はユーラシア大陸の寒冷地原産の双子葉、多年生、草本です。ワレモコウは寒冷な高原を好み、秋に赤紫色の穂状の花を咲かせるのが特徴です。ワレモコウは初夏から夏に地下茎から互生の羽状複葉の根生葉を茂らせ、夏~秋に1m程の花茎を伸ばし花茎の先に円形、長円形の赤紫色の穂状の花を咲かせます。ワレモコウの花はがく片4、花弁は無く、花柱細長、雄蕊4です。ワレモコウの花はガーネットのような美しさで、世界中から愛されています。ワレモコウをワレモコウ花写真、ワレモコウ花観察地図、ワレモコウ花情報でお楽しみ下さい。

《バラ科ワレモコウ属ワレモコウ吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis花写真・花観察地図》

ワレモコウ花画像Sanguisorba officinalis

八方尾根鎌池の草地に咲くワレモコウ花写真(撮影2017.8.22)

ワレモコウ花観察地図長野県白馬八方尾根鎌池地図Nagano Hakuba Happone Kama-ike Pond Map

 バラ科ワレモコウ属ワレモコウ(吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis)はユーラシア大陸の寒冷地原産の双子葉、多年生、草本です。ワレモコウは寒冷な高原を好み、秋に赤紫色の穂状の花を咲かせるのが特徴です。初秋に八方尾根鎌池(標高1680m付近)周辺の湿原を花散歩していると、ワレモコウの赤紫色の穂状の花が観察できました(撮影2017.8.22)。

ワレモコウ花画像Sanguisorba officinalis

乗鞍高原に咲く赤紫色のワレモコウ花写真(撮影2010.8.19)

ワレモコウ花観察地図長野県乗鞍高原地図Nagano Norikura-kougen Highland Map

 ワレモコウ(吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis)は夏~秋に1m程の花茎を伸ばし、花茎の先に円形、長円形の赤紫色の穂状の花を咲かせます。ワレモコウの花はがく片4、花弁は無く、花柱細長、雄蕊4です。初秋に長野県乗鞍高原(標高約1500m付近)を花散歩していると、草地に赤紫色のワレモコウ花が咲いていました(撮影2010.8.19)。

《バラ科ワレモコウ属ワレモコウ吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalisの花情報》 

植物名 ワレモコウ 漢字 吾亦紅 英語 Great Burnet 中国語 地楡
学名 Sanguisorba officinalis 他 
科名 バラ科
属名 ワレモコウ属 Sanguisorba
花期 秋の花 初秋花 夏の花
花色 紫色花 赤色花
原産 ユーラシア大陸寒冷地(日本、アジア、北ヨーロッパ)
観察 長野県、岩手県、北海道、鎌倉市 他
特徴 双子葉、多年生、草本、バラ科、種子、地下茎で増える、高さ1m~2m、葉は長卵形、羽状複葉
花期夏~秋、花色、赤紫色、穂状花、がく片4、花弁無し、花柱細長、雄蕊4、高原、草原
利用 観賞用、生け花、茶花、漢方薬(地楡)、医薬品(Sanguiin H-6)
意味 ワレモコウ=吾亦紅、英名Great Burnet=Burn meaning 'brown' or 'Dark brown'(偉大な茶色)
属名Sanguisorba(ラテン語)=meaning 'blood absorber'(血を吸引する:止血剤の意味)
種名officinalis(ラテン語)=meaning 'used in medicine'(薬用に使われるの意味)

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:高原の花)

《バラ科ワレモコウ属ワレモコウ吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis花写真・花観察地図》

ワレモコウ花八方鎌池

長野県白馬八方尾根鎌池に咲くワレモコウの花写真(撮影2013.8.27)

 バラ科ワレモコウ属ワレモコウ(吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis)は日本などユーラシア大陸の寒冷地原産の双子葉、多年生、草本です。ワレモコウは寒冷な高原を好み、晩夏から秋に1m程伸びた花茎の先に赤紫色の1cm~2cm程の穂状の花を咲かせるのが特徴です。秋に長野県白馬八方尾根鎌池(標高1680m付近)周辺の湿原を花散歩していると、赤紫色の宝石ガーネット(柘榴石)のように美しいワレモコウの花が花茎の先に咲いていました(撮影2013.8.27)。ワレモコウの花はがく片4、花弁は無く、花柱細長、雄蕊4です。長野県白馬八方尾根鎌池に咲くワレモコウの花は天を目指し真直ぐに伸び涼しげに見えました。

ワレモコウ花北鎌倉

鎌倉東慶寺境内に咲く赤紫色のワレモコウの花写真(撮影2009.9.21)

ワレモコウ花観察地図鎌倉東慶寺地図Kamakura Tokei-ji Temple Map

 ワレモコウSanguisorba officinalisは観賞用、生け花、茶花として使われる他、漢方薬(地楡)、医薬品(Sanguiin H-6)としても重要な植物です。ワレモコウの属名Sanguisorba(ラテン語)=meaning 'blood absorber'(血を吸引する:止血剤の意味)でワレモコウ種名officinalis(ラテン語)=meaning 'used in medicine'(薬用に使われるの意味)です。ヨーロッパではワレモコウは、薬用植物として重要であったことがわかります。またワレモコウは漢方薬としても止血、解毒、火傷治療など多方面に使われています(素人危険)。秋に鎌倉東慶寺境内(標高約30m)を花散歩していると、赤紫色のワレモコウの花が咲いていました(撮影2009.9.21)。鎌倉東慶寺境内に咲く赤紫色のワレモコウの花は長さ2cm程の穂状で、多数の小さな花が集まって咲いているのが分かります。ワレモコウの花の4枚のがく片と雄蕊4が見えるでしょうか?鎌倉東慶寺境内に咲く赤紫色のワレモコウの花は鎌倉に秋の訪れを告げます。

《バラ科ワレモコウ属ワレモコウ吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis花写真・花観察地図》

ワレモコウ花乗鞍高原

長野県乗鞍高原に咲くワレモコウの花写真(撮影2013.8.29)

 乗鞍岳山麓にある長野県乗鞍高原自然保護センター周辺(標高約1500m)を花散歩していると、2m程に伸びた花茎の先にワレモコウの花がたくさん付いて咲いているのが観察できました(撮影2013.8.29)。長野県乗鞍高原に咲く赤紫色のワレモコウの花は高原に秋の訪れを告げます。乗鞍高原は乗鞍岳登山や畳平高山植物観察の拠点として最適な場所です。

ワレモコウ花志賀高原

長野県志賀高原一の瀬に咲くワレモコウの花写真(撮影2007.8.17)

ワレモコウ花観察地図長野県志賀高原一の瀬地図Nagano Shiga Ichinose Map

 夏の終わりに志賀高原一の瀬地区(標高約1620m)を花散歩していると、草むらの中にワレモコウの花が咲いているのが観察できました(撮影2007.8.17)。ワレモコウは初夏ころ地下茎から互生の羽状複葉の根生葉を茂らせ、夏の終わりから秋に1m~2mの花茎を伸ばし花茎の先に赤紫色の穂状の花を咲かせます。長野県志賀高原一の瀬に咲くワレモコウの花は周囲の植物に負けないように、背伸びをするように咲いているように見えました。ワレモコウの赤紫色の穂状の花が可愛らしく見えます。

ワレモコウ花八方尾根

八方尾根木道沿いに咲くワレモコウの花写真(撮影2013.8.27)

ワレモコウ花観察地図八方尾根八方池山荘地図Nagano Hakuba Happo-ike Rodge Map

 秋に白馬八方尾根八方池山荘から木道の登山道(標高約1900m付近)を登っていると、ワレモコウの赤紫色の花が白馬村の集落を背景に咲いていました(撮影2013.8.27)。八方尾根木道沿いに咲くワレモコウの花は、高原の涼風を受け涼しげに見えます。

ワレモコウ花八方池

八方尾根八方池近くに咲く赤紫色のワレモコウの花写真(撮影2013.8.27)

ワレモコウ花観察地図八方尾根八方池地図Hakuba Happo-ike Pond Map

 八方尾根八方池近く(標高約2060m付近)を花散歩していると、赤紫色のワレモコウの花が白馬三山を背景に咲いていました(撮影2013.8.27)。八方尾根八方池付近は高山帯に入りますが、ワレモコウの花は元気に咲いていました。八方尾根八方池近くに咲く赤紫色のワレモコウの花は、白馬三山に架かる白雲を下に見て咲いていました。

《バラ科ワレモコウ属ワレモコウ吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis花写真アルバム・花観察地図》 

ワレモコウ花画像Sanguisorba officinalis

八方尾根鎌池の草地に咲く赤紫色のワレモコウの花写真(撮影2013.8.27)

八方尾根鎌池(標高1680m付近)の草地に咲く赤紫色のワレモコウの花はガーネットのようです

ナガボノシロワレモコウ花画像Sanguisorba tenuifolia

北海道ニセコ神仙沼に咲くワレモコウ属ナガボノシロワレモコウ花写真(撮影2006.8.21)

ワレモコウ花観察地図北海道ニセコ神仙沼地図Hokkaido Niseko Shinsennuma Pond Map

北海道ニセコ神仙沼(標高約765m)に咲くワレモコウ属ナガボノシロワレモコウの花も綺麗です

カライトソウ花画像Sanguisorba hakusanensis

八方尾根登山道に咲くワレモコウ属カライトソウ花写真(撮影2013.8.27)

八方尾根登山道(標高約1900m付近)に咲くワレモコウ属カライトソウの花は華やかです

ワレモコウ花画像Sanguisorba officinalis

八方池近くの登山道傍に咲く赤紫色のワレモコウの花写真(撮影2013.8.27)

八方池近くの登山道傍(標高約2060m付近)に咲く赤紫色のワレモコウの花も可愛らしいです

 バラ科ワレモコウ属ワレモコウ(吾亦紅Great Burnet Sanguisorba officinalis)はユーラシア大陸寒冷地原産の植物です。ワレモコウの赤紫色のガーネットの様な美しい花は秋の高原を飾ります。茶花や生け花としても使われるワレモコウの花は秋の花散歩には、最適な植物です。同じバラ科のバラと同じ部分と、異なる部分を観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったワレモコウの花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 ワレモコウ花散歩楽しんでもらえたでしょうか?ワレモコウの上品な赤紫色の花は夏から秋の花散歩の楽しみです。皆様もこのページの地図を片手にワレモコウ花散歩を楽しんでください。ワレモコウ花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、ワレモコウの花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらギボウシ花散歩も眺めていってください。

高原の花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

7色の図鑑に戻る

ベストトラベルに戻る

トラベルチャオに戻る

四季の花アルバムに戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 花色図鑑 科の花図鑑 夏の花 夏の花2 初秋花 秋の花 初冬花 冬の花 早春花 春の花 春の花2 初夏の花 初夏の花2 青色花 赤色花 赤色花2 白色花 白色花2 白色花3 黄色花 黄色花2 紫色花 紫色花2 オレンジ色花 ピンク色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 アオイ科 キキョウ科 キョウチクトウ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録