四季の花散歩更新記録赤色花白色花早春花春の花ツバキ科

オトメツバキ散歩

Flower Walking with Camellia Otome Camellia japonica cv. Otometsubaki

オトメツバキの花は八重咲の椿の花・オトメツバキの華やかな花は冬から春の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象Weather

 ツバキ科ツバキ属オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)は日本で江戸時代に品種改良されたツバキ科の双子葉、高木、常緑樹の植物です。オトメツバキはヤブツバキから品種改良された植物で、八重咲の華やかな椿です。オトメツバキの花色は薄紅色で、稀に白色のものもあります。オトメツバキの花はツバキ科の植物に本来あるはずの、雄蕊多数が花弁化しています。オトメツバキの華やかな花は世界中で人気があります。オトメツバキ花写真、オトメツバキ花散歩地図、オトメバキ花情報でお楽しみ下さい。

《ツバキ科ツバキ属オトメツバキ乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki の花写真・花観察地図》

オトメツバキ花画像

鎌倉鶴岡八幡宮に咲くオトメツバキ花写真(撮影2009.3.5)

オトメツバキ花観察地図鎌倉鶴岡八幡宮地図Kamakura Tsurugaokahachimangu Shrine Map

 ツバキ科ツバキ属オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)は日本で江戸時代に品種改良されたツバキ科の双子葉、高木、常緑樹の植物です。オトメツバキはヤブツバキから品種改良された植物で、八重咲の華やかな椿です。春に鎌倉鶴岡八幡宮境内を花散歩していると、オトメツバキの花が見頃でした(撮影2009.3.5)。

オトメツバキ花画像

横浜外国人墓地に咲くオトメツバキ花写真(撮影2016.3.21)

オトメツバキ花観察地図横浜外国人墓地地図Yokohama Foreign General Cemetery Map

 オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)は樹高5m~6mに成長する高木樹で、枝分かれした枝先に常緑の互生の光沢のある葉をつけます。春に横浜外国人墓地を花散歩していると、高さ5m程に成長したオトメツバキに木にオトメツバキの花が咲いていました(撮影2016.3.21)。

《ツバキ科ツバキ属オトメバキ乙女椿Camellia japonicaの花情報》  

植物名 ツバキ属オトメツバキ 漢字  乙女椿 英語 Camellia Otome 中国語  乙女茶花
学名 Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 他
科名 ツバキ科 
属名 ツバキ属 Camellia
花期 冬の花 春の花
花色 赤色花 
原産 日本原産(ヤブツバキから江戸時代に品種改良された
観察地 京都府、奈良県、滋賀県、東京都、横浜市、鎌倉市、横須賀市、他
特徴 双子葉、常緑高木樹、ツバキ科、高さ5m~6m、挿し木で増える、葉は互生、葉は厚く光沢
冬から春に赤色の花を咲かせる、花は直径5cm~7cm、花弁多数、雌しべ不明瞭、
雄しべ不明瞭(花弁化している)、一般的に結実しない
利用 園芸植物、寺院の庭園、公園の樹木、茶花、他
文学
芸術
歌劇「椿姫」、芭蕉 「葉にそむく椿や花のそよ心」
蕪村 「古庭に茶筅花さく椿かな」 子規 「赤門を入れば椿の林かな」
意味 オトメツバキ=乙女椿 英語=Camellia Otome 中国語=乙女茶花
属名Camellia=genus name, after Georg Joseph Kamel=ボヘミアの植物学者Kamel氏の名から
種名japonica=from Latin word 'from Japan'=ラテン語で「日本の」の意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:春の花)

《ツバキ科ツバキ属オトメツバキ乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki の花写真・花観察地図》

オトメツバキ花画像

東京北の丸公園に咲くオトメツバキ花写真(撮影2016.3.28)

オトメツバキ花観察地図東京北の丸公園Tokyo Kitanomaru Royal Park Map

 オトメツバキ(乙女椿)はヤブツバキから品種改良された植物で、八重咲の華やかな椿です。オトメツバキの花色は薄紅色で、稀に白色のものもあります。春に東京北の丸公園を花散歩していると、5m程の木の枝先に咲くオトメツバキの花が観察できました(撮影2016.3.28)。

オトメツバキ花画像

横浜伊勢佐木町に咲くオトメツバキ花写真(撮影2017.3.14)

オトメツバキ花観察地図横浜伊勢佐木町Yokohama Isezakicho Street Map

 オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)はヤブツバキから江戸時代に品種改良された植物で、ツバキ科の植物に本来あるはずの、雄蕊多数が花弁化しています。野生のヤブツバキの花はがく片5~10、花弁5、雌蕊1(柱頭3~4に分かれる)、雄蕊多数です。オトメツバキの八重咲の華やかな花は、世界中で人気があります。春に横浜伊勢佐木町を花散歩していると、オトメツバキの花が街路を背景に咲いていました(撮影2017.3.14)。

《ツバキ科ツバキ属オトメツバキ乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki の花写真・花観察地図》

オトメツバキ花蕾画像

東京隅田公園のオトメツバキ花蕾写真(撮影2016.3.29)

オトメツバキ花観察地図東京隅田公園地図Tokyo Sumida Park Map

 オトメツバキ(乙女椿)は八重咲の品種の為、結実することはほとんどありません。オトメツバキは、一般的には挿し木で増やします。東京隅田公園を花散歩していると、オトメツバキの丸い花蕾が観察できました(撮影2016.3.29)。

オトメツバキ花蕾画像

鎌倉大巧寺で咲き始めたオトメツバキ花写真(撮影2009.4.17)

オトメツバキ花観察地図鎌倉大巧寺地図Kamakura Daigyoji Temple Map

 オトメツバキ(乙女椿)は丸い花蕾が、開き始める時も綺麗です。オトメツバキの花は雄蕊多数が花弁化しているので、花弁は50枚以上あります。春に鎌倉大巧寺を花散歩していると、咲き始めたオトメツバキの花が観察できました(撮影2009.4.17)。

オトメツバキ花画像

横浜外国人墓地に咲くオトメツバキ花写真(撮影2014.3.29)

オトメツバキ花観察地図横浜外国人墓地地図Yokohama Foreign General Cemetery Map

  オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)の属名Camellia=genus name, after Georg Joseph Kamel=ボヘミアの植物学者Kamel氏の名から付けられています。横浜外国人墓地に咲くオトメツバキの花も美しく清楚でした(撮影2014.3.29)。

オトメツバキ花画像

東京タワー近くに咲くオトメツバキ花写真(撮影2016.3.28)

オトメツバキ花観察地図東京タワー地図Tokyo Tower Map

 オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)の種名japonica=from Latin word 'from Japan'=ラテン語で「日本の」の意味です。オトメツバキを始めツバキ科の植物は、日本を代表する植物です。春に東京タワー近くを花散歩していると、オトメツバキの花が咲いていました。

《ツバキ科ツバキ属オトメツバキ乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki の花写真・花観察地図》

オトメツバキ花画像

横浜山手公園近くに咲くオトメツバキ花写真(撮影2013.3.21)

オトメツバキ花観察地図横浜山手地図Yokohama Yamate Park Map

横浜山手公園近くに咲くオトメツバキの花も見ごたえがあります

オトメツバキ花画像

横浜外国人墓地に咲くオトメツバキ花写真(撮影2012.11.4)

オトメツバキ花観察地図横浜外国人墓地地図Yokohama Foreign General Cemetery Map

秋の横浜外国人墓地に咲くオトメツバキの花も味わい深い

オトメツバキ花画像

金沢市東茶屋町に咲くオトメツバキ花写真(撮影2017.4.24)

オトメツバキ花観察地図金沢市東茶屋町地図Kanazawa Higashi Chayamachi Map

金沢市東茶屋町に咲くオトメツバキの花は色が薄かったです

オトメツバキ花画像

東京芝増上寺に咲くオトメツバキ花写真(撮影2011.4.4)

オトメツバキ花観察地図東京芝増上寺Tokyo Shiba Zojyoji Temple Map

東京芝増上寺に咲くオトメツバキ花は大輪でした

 ツバキ科ツバキ属オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)は日本で品種改良されたツバキ科の植物です。オトメツバキは日本原産で気候も合っているので、公園や寺院でも良く見られる植物です。オトメツバキ(乙女椿)の華やかな花は世界中で人気があります。また、オトメツバキはサザンカチャノキと同じツバキ科の植物です。同じツバキ科のサザンカやチャノキと同じ部分と異なる部分を、観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったオトメツバキの花実写真が、一枚でもあれば幸いです。

 ツバキ科ツバキ属オトメツバキ(乙女椿Camellia japonica cv. Otometsubaki)の花散歩楽しんでもらえたでしょうか?オトメツバキ(乙女椿)の花は早春から初夏まで長い期間楽しめる植物です。皆様もこのページの地図を片手にオトメツバキ(乙女椿)花散歩を楽しんでください。美しい庭園や青空、寺社を見ながら、オトメツバキ(乙女椿)花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、オトメツバキ(乙女椿)の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらイソギク花散歩ツワブキ花散歩チャノキ花散歩野菊花散歩も眺めていってください。

ツバキ科に戻る

春の花に戻る

冬の花に戻る

赤色花に戻る

四季の花散歩に戻る

更新記録に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

ベストトラベルに戻る

チャオトラベルに戻る

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める(WEBですぐ読めます)写真集が刊行横浜鎌倉の四季出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花 早春花 春花 初夏花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 オレンジ色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録