四季の花散歩更新記録紫色花白色花初夏花夏の花初秋花蘭科花熱帯植物

デンファレ散歩

Flower Walking with Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis

紫色のデンファレは高貴な蝶のように宙を舞います・デンファレの花は熱帯地方の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象

 ラン科デンドロビウム属ファレノプシス(胡蝶石斛Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis)は、北オーストラリア原産の単子葉、多年生草本、着生植物です。デンファレの花はラン科特有の花被片6(外花被片3+内花被片3)で、内花被片2(側花弁)は大きく、唇弁は前方に突き出します。デンファレをデンファレ花写真、デンファレ花観察地図、デンファレ花情報でお楽しみ下さい。

《ラン科デンドロビウム属ファレノプシスCooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis花写真・花観察地図》

デンファレ花画像Dendrobium phalaenopsis

那覇空港に咲く薄紫色のデンファレ花写真(撮影2013.1.28)

デンファレ花観察地図沖縄那覇空港地図Okinawa Naha Airport Map

 ラン科デンドロビウム属ファレノプシス(胡蝶石斛Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis)は、北オーストラリア原産の単子葉、多年生草本、着生植物です。熱帯植物のデンドロビウム属ファレノプシスは、一般的にはデンファレと呼ばれます。デンファレは茎の先端近くから長い花茎を伸ばし、多数の花を穂状に付けるのが特徴です。冬に沖縄那覇空港をに訪れると、紫色のデンファレの花が出迎えてくれました。

デンファレ花画像Dendrobium phalaenopsis

横浜蘭展に咲く赤色網目模様のデンファレ花写真(撮影2013.12.28)

デンファレ花観察地図横浜そごう地図Yokohama Sogo Map

 デンファレ(胡蝶石斛Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis)の花色は紫色花、白色花、赤色花、他です。デンファレの花はラン科特有の花被片6(外花被片3+内花被片3)で、内花被片2(側花弁)は大きく、唇弁は前方に突き出します。初冬に横浜そごうで行われる横浜蘭展を訪問すると、赤色網目模様の珍しいデンファレの花が目を引きました(撮影2013.12.28)。

デンファレ花画像

羽田空港に咲く薄紅色のデンファレ花写真(撮影2013.12.28)

デンファレ花観察地図羽田空港第2ターミナル地図Tokyo Haneda Airport Domestic Terminal 2 Map

 デンドロビウム属ファレノプシスは、一般的にはデンファレと呼ばれます。デンファレは種子叉は株分けで増えます。デンファレは棒状の偽球茎が特徴で、節のある茎が特徴です。デンファレの葉は楕円形、長楕円形で平行脈です。デンファレは茎の先端近くから長い花茎を伸ばし多数の花を穂状に付けるのが特徴です。年末に羽田空港第2ターミナルを花散歩していると、出発ロビーに咲く薄紅色のデンファレの花がきれいでした(撮影2013.12.28)。

《ラン科デンドロビウム属ファレノプシスCooktown Orchid Dendrobium phalaenopsisの花情報》  

植物名 ラン科デンドロビウム属ファレノプシス 漢字 胡蝶石斛 英語 Cooktown Orchid 中国語 胡蝶石斛
学名 Dendrobium phalaenopsis Vappodes phalaenopsis 他
科名 ラン科
属名 デンドロビウム属 
花期 熱帯植物 初夏花 夏の花 初秋花
花色 紫色花 白色花 赤色花 他
原産 北オーストラリア原産
観察 台北市 沖縄県 オアフ島 横浜市 鎌倉市 東京都 他
特徴 単子葉、多年生、草本、着生植物、ラン科、棒状の偽球茎、茎は長い、種子、株分けで増える、葉は楕円形
花序側生、花茎約50cm、花直径3~5cm、花色紫色、白花他、花被片6(外花被片3+内花被片3)
内花被片2(側花弁)は大きい、唇弁は前方に突き出す、ずい柱は短く花粉塊4、観賞用、鉢植え
利用 観賞用、鉢植え、フラワーアレンジメント、生け花、料理の飾りつけ
意味 英語名Cooktown Orchid=オーストラリア北部GueenslandのCooktownの街に生育するOrchid(ラン)の意味
属名Dendrobium=Dendro+bium=ラテン語でDendron(樹木)+bios(生命)=樹上に着生生活するの意味
種名Phalaenopsis=Phalaia+opsia=ラテン語でPhalaia(蛾)+opsia(似る)=蛾に似るの意味

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:秋の花)

《ラン科デンドロビウム属ファレノプシスCooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis花写真・花観察地図》

デンファレ花

ホノルル市フォスター植物園に咲く紫色のデンファレの花写真(撮影2005.7.20)

デンファレ花観察地図フォスター植物園交通アクセス地図Map and Access to Honolulu Foster Botanical Garden

 ラン科デンドロビウム属ファレノプシス(Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis)は北オーストラリアクックタウンCooktown付近が原産の植物で一般的にはデンファレと呼ばれているランです。デンファレはコチョウランPhalaenopsis aphrodite)の花に似ていますが、別属です。デンファレは茎の先端近の葉腋から長い花茎を伸ばし、多数の花を穂状に付けるのが特徴です。ホノルル市フォスター植物園を花散歩していると、薄紫色のデンファレが露地で栽培されていました(撮影2005.7.20)。オアフ島フォスター植物園に咲く紫色のデンファレの花は、とても涼しげに見えました。

デンファレ花紫色

那覇空港に咲く紫色のデンファレの花写真(撮影2013.1.28)

デンファレ花観察地図那覇空港地図Okinawa Naha Airport Map

 デンファレDendrobium phalaenopsisの花はラン科特有の花被片6(外花被片3+内花被片3)で、内花被片2(側花弁)は大きく、唇弁は前方に突き出します。デンファレのずい柱は短く、花粉塊は4個です。沖縄那覇空港ターミナル内を花散歩していると、紫色のデンファレの花が航空機を背景に咲いていました(撮影2013.1.28)。

《ラン科デンドロビウム属ファレノプシスCooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis花写真・花観察地図》

デンファレ花

那覇空港に咲く様々な品種のデンファレの花写真(撮影2013.1.28)

デンファレ花観察地図那覇空港明細地図Okinawa Naha Airport Fine Map

 デンファレDendrobium phalaenopsisは棒状の偽球茎が特徴で、節のある茎が特徴です。デンファレの葉は楕円形、長楕円形で平行脈。デンファレは茎の先端近くから長い花茎を伸ばし多数の花を穂状に付けるのが特徴です。那覇空港を花散歩していると様々な品種のデンファレの花が窓辺に並んで飾られていました(撮影2013.1.28)。デンファレは数十cmから1m程に成長します。上の写真で見ても分かるようにデンファレの花色は紫色、薄紫色、白色が多いです。

デンファレ花白色

那覇空港に咲く白色のデンファレの花写真(撮影2013.1.28)

デンファレ花観察地図那覇空港地図Okinawa Naha Airport Map

 熱帯植物であるデンファレDendrobium phalaenopsisの花色は紫色が多いですが、白色のものもあります。那覇空港を花散歩していると、白色のデンファレの花が咲いていました(撮影2013.1.28)。那覇空港に咲く白色のデンファレの花は、とても爽やかで涼しげに見えました。参照沖縄花散歩

デンファレ花黄緑色

那覇空港に咲く黄緑色のデンファレの花写真(撮影2013.1.28)

  デンファレの属名はデンドロビウムDendrobiumです。デンドロビウムDendrobium=Dendro+bium=ラテン語でDendron(樹木)+bios(生命)=樹上に着生生活するの意味です。熱帯植物であるデンファレは、他の植物(樹木)に着生して生活しています。熱帯地方にあるフォスター植物園では、デンファレは樹木に着生して生活していました(最上部の写真参照)。那覇空港に咲く黄緑色(緑色)のデンファレの花は鉢植えですが、熱帯の清々しい森林を思い起こさせる色でした(撮影2013.1.28)。

デンファレ花露地栽培

ホノルルヒルトンビレッジに咲く紫色のデンファレ花写真(撮影2005.7.20)

デンファレ花観察地図ホノルルワイキキビーチ地図United States Honolulu Wikiki Beach Map

  デンファレの種名ファレノプシスPhalaenopsis=Phalaia+opsia=ラテン語でPhalaia(蛾)+opsia(似る)=蛾に似るの意味です。デンファレの花は蝶や蛾が翅を広げて舞う姿に似ています。コチョウランの属名もデンファレと同じ、ファレノプシスPhalaenopsisです。オアフ島ホノルルにあるホノルルヒルトンビレッジを花散歩していると、露地栽培の紫色のデンファレが花茎を延ばし自然な姿で咲いていました(撮影2005.7.20)。自然な形態で咲くデンファレの花も綺麗です。参照オアフ島花散歩2

《ファレノプシスCooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis花写真アルバム・花観察地図》

デンファレ花紫色

濃い紫色のデンファレの花写真(撮影2012.12.20)

那覇空港に咲く濃い紫色のデンファレの花も豪華です

デンファレ花画像Dendrobium phalaenopsis

羽田空港第2ターミナルに咲くデンファレ花写真(撮影2013.12.28)

羽田空港第2ターミナルに咲く紫色のデンファレの花も綺麗です

デンファレ花画像

那覇空港に咲く白色のデンファレ花写真(撮影2019.1.23)

那覇空港に咲く白色のデンファレの花もお洒落です

デンファレ花画像Dendrobium phalaenopsis

横浜蘭展に咲く白色で中心部が紫色のデンファレ花写真(撮影2015.12.27)

横浜蘭展に咲く白色で中心部が紫色のデンファレの花色も珍しい

デンファレ花画像Dendrobium phalaenopsis

那覇空港の航空機を飾るデンファレ花写真(撮影2013.1.28)

那覇空港の航空機を飾るデンファレの花は涼しげです

 ラン科デンドロビウム属ファレノプシス(Cooktown Orchid Dendrobium phalaenopsis)は北オーストラリア原産の植物です。デンファレの蝶が舞う姿の豪華な花は、世界中で親しまれています。デンファレは熱帯地方の花散歩には欠かせない花です。同じラン科のバンダ蘭と同じ部分と異なる部分を観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったデンファレの花写真が、一枚でもあれば幸いです。

 デンファレ花散歩楽しんでもらえたでしょうか?デンファレの蝶が舞うように華やかで美しい花は、熱帯の花散歩の楽しみです。皆様もこのページの地図を片手にデンファレ花散歩を楽しんでください。デンファレ花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、デンファレの花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらコチョウラン花散歩も眺めていってください。

更新記録に戻る

科の花図鑑に戻る

四季の花散歩に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 季節の花 花色図鑑 科の花図鑑 夏の花 夏の花2 初秋花 秋の花 初冬花 冬の花 早春花 春の花 春の花2 初夏の花 初夏の花2 青色花 赤色花 赤色花2 白色花 白色花2 白色花3 黄色花 黄色花2 紫色花 紫色花2 オレンジ色花 ピンク色花 海浜植物 高原 熱帯植物 シソ科 ラン科 マメ科 アブラナ科 ツバキ科 キンポウゲ科 ユリ科 キク科 モクセイ科 バラ科 ツツジ科 アヤメ科 アオイ科 キキョウ科 キョウチクトウ科 サクラ花散歩 梅雨の花 クリスマスの花 正月の花 高山植物 更新記録