四季の花散歩更新記録早春花春の花初夏花黄花

シダレヤナギ花実葉散歩

Flower Walking with Weeping Willow Salix babylonica

水辺や湖沼を彩るシダレヤナギの花実葉は優雅・シダレヤナギの花実葉は四季の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本天気日本週間予報日本アメダス空港気象Weather

 ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)は、中国北部原産の双子葉、落葉、広葉樹、高木です。シダレヤナギは水辺を好み川や池、湖畔を優雅に彩ります。シダレヤナギは主に挿し木で増え、春先に枝に雌雄異株の序長1.5~3cm程の黄色い花を付けます。シダレヤナギの花はヤナギ科特有の花で雄花序長1.5~3cm、雄蕊2、雄花序長2~3cm、柱頭2~4裂です。シダレヤナギは花期後朔果長3~4mm、有毛の種子(柳絮りゅうじょ)を付けます。シダレヤナギの有毛の朔果(柳絮りゅうじょ)は、風によって運ばれます。シダレヤナギをシダレヤナギ花実葉写真、シダレヤナギ花実葉観察地図、シダレヤナギの花実葉情報でお楽しみ下さい。

《ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉写真・花実葉観察地図》

シダレヤナギ花写真

余呉湖に咲くシダレヤナギの雄花写真(撮影2007.3.27)

ヤナギ花散歩地図余呉湖交通アクセス地図Map and Access to Lake Yogo

 ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)は、中国北部原産の双子葉、落葉、広葉樹、高木です。シダレヤナギは水辺を好み川や池、湖畔を優雅に彩ります。シダレヤナギは主に挿し木で増え、春先に枝に雌雄異株の序長1.5~3cm程の黄色い花を付けます。に滋賀県にある余呉湖畔を花散歩していると、湖畔のシダレヤナギの枝に序長1.5~3cm程の黄色い雄花が咲いていました(撮影2007.3.27)。シダレヤナギ(枝垂柳)の黄色の花は、静かな余呉湖に春の訪れを告げます。

シダレヤナギ花写真

下田市ペリーロード沿いの柳並木に咲くシダレヤナギの花写真(撮影2008.3.23)

ヤナギ花散歩地図下田市ペリーロード交通アクセス地図Map and Access to Shimoda Perry Road

 シダレヤナギ(枝垂柳)の花は雌雄異株で、黄緑色をしています。シダレヤナギの花はヤナギ科特有の花構造で、雄花序長1.5~3cm、雄蕊2、雄花序長2~3cm、柱頭2~4裂です。春に下田市ペリーロード沿いの柳並木道を花散歩していると、平滑川沿いに黄緑色のシダレヤナギの花(参照Saule pleureur chaton)が咲いていました(撮影2008.3.23)。下田市ペリーロード沿いの柳並木に咲くシダレヤナギの花は、春風に優雅に揺れます。

《ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉情報》  

植物名 ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ 漢字 枝垂柳 英語 Weeping Willow 中国語 垂柳
学名 Salix babylonica 他
科名 ヤナギ科  
属名 ヤナギ属 Salix
花期 春の花
花色 黄花
原産 中国北部
観察地 北京市、天津市、滋賀県、鎌倉市、横浜市、横須賀市、京都府、奈良県 他
特徴 双子葉、落葉、高木、ヤナギ科、高さ約12~18m、主に挿し木で増える、葉披針形、線状披針形
春に花、花は雌雄異株、花色黄色、雄花序長1.5~3cm、雄蕊2、雄花序長2~3cm、柱頭2~4裂
花期後朔果長3~4mm、種子有毛(柳絮)、並木、街路樹、漢方薬、西洋医薬(アスピリン)、楊枝
利用 公園樹、観賞用、並木、街路樹、漢方薬、西洋医薬(アスピリンAspirin他多数の医薬品)、楊枝
名由来 シダレヤナギ=枝垂柳(中国語垂柳から、奈良時代に中国から渡来したと言われる)
属名=Salix=Latin name Salix is sal(near)+lis(water) meaning Near Water=「水辺に近い」の意
種名=babylonica=Latin word babylonica mean from Babylon=「Babylon地方から来た」の意

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:高原の花)

《ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉写真・花実葉観察地図》

シダレヤナギ花実写真

北京市北海公園湖畔のシダレヤナギ並木と花実写真(撮影2013.4.26)

ヤナギ花実散歩地図北海公園交通アクセス地図Map and Access to Beihai Park Beijin

 シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)は、中国北部原産で樹高12m~18mにもなる高木です。に北京市北海公園湖畔を花散歩していると、日本ではなかなか見ることのできないシダレヤナギの大木の枝に、咲き終わった花と実が枝から枝垂れていました(撮影2013.4.26)。北京市北海公園湖畔のシダレヤナギ並木の枝は、湖畔の微風に優雅に揺れます。

シダレヤナギ実写真

北京市紫禁城に稔るシダレヤナギの朔果写真(撮影2013.4.26)

ヤナギ実散歩地図紫禁城故宮博物館交通アクセス地図Map and Access to Beijin Palace Museum

 シダレヤナギ(枝垂柳)は中国では垂柳(ちゅいりゅう)と呼ばれ、様々な効用の医薬品材料として使われています。シダレヤナギにはアセチルサリチル酸(Aspirin)等が含まれ、西洋医薬品材料としても古代から珍重されています。またヤナギの枝は楊枝(ようじ)として使われますが、楊枝には薬効があるといわれています。春に北京市紫禁城の堀沿いを花散歩していると、シダレヤナギの枝に咲いた雌花が、長さ3~4mm程の朔果に変化しはじめていました(撮影2013.4.26)。北京市故宮博物館紫禁城近くに稔るシダレヤナギの朔果は、高い紫禁城の城壁と角楼を背景にかすかに揺れていました。

《ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉写真・花実葉観察地図》

シダレヤナギ種子(りゅうじょ)写真

世界遺産円明園に稔るシダレヤナギの朔果と柳絮写真(撮影2012.5.9)

ヤナギ実散歩地図円明園交通アクセス地図Map and Access to Yuanming Old Summer Palace Beijin

 シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)の長さ3~4mm程の朔果は、初夏になると綿毛に覆われた種子(柳絮りゅうじょ)を飛ばします。初夏に北京市にある世界遺産円明園綺春園長春園を花散歩していると、シダレヤナギの朔果と綿毛に包まれた柳絮(りゅうじょ)が観察できました(撮影2012.5.9)。シダレヤナギの綿毛に包まれた種子(柳絮りゅうじょ)は、北京の初夏の空を覆います。

シダレヤナギ写真

奈良市猿沢池湖畔のシダレヤナギと興福寺五重塔写真(撮影2009.9.27)

ヤナギ葉散歩地図猿沢池交通アクセス地図Map and Access to Rarusawa-ike Pond

 シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)は、中国北部原産で奈良時代頃に日本にやってきたと言われています。初秋奈良公園から猿沢池付近を花散歩していると、猿沢池湖畔のシダレヤナギが興福寺五重塔を背景に秋風に揺れていました(撮影2009.9.27)。猿沢池湖畔のシダレヤナギは、もうすっかり日本の風景に溶け込んでいます。

シダレヤナギ写真白川

祇園白川沿いに茂るシダレヤナギ並木写真(撮影2013.11.9)

ヤナギ葉散歩地図祇園白川交通アクセス地図Map and Access to Gion Shirakawa

 シダレヤナギ(枝垂柳)の学名はSalix babylonicaでヤナギ属の属名Salix=Latin name Salix is 'sal'(near)+'lis'(water) meaning 'Near Water'=「水辺に近い」の意味です。ヤナギ属SalixはシダレヤナギSalix babylonicaの他、世界中で約400種程が知られています。ヤナギ属Salixは、水辺を好む植物です。祇園白川巽橋から京都祇園白川沿いを花散歩していると、祇園白川の川辺のシダレヤナギ並木がとても綺麗でした(撮影2013.11.9)。シダレヤナギは落葉樹ですが、寒冷な気候を好むので日本では11月でも緑の葉を茂らせています。祇園白川沿いに茂るシダレヤナギ並木の風景は、とても日本的に見えます。

シダレヤナギ写真北京市

北京市后海湖沿いに茂るシダレヤナギ並木写真(撮影2011.9.27)

ヤナギ葉散歩地図北京市后海銀錠橋地図Beijin Schichahai Yindingqiao Bridge Map

 シダレヤナギ(枝垂柳)の学名はSalix babylonicaでシダレヤナギ種名=babylonica=Latin word babylonica mean from 'Babylon'=「Babylon地方から来た」の意味です。古代ギリシャや古代エジプトではシダレヤナギなどヤナギ属の植物(Willow)は、医薬品材料として重宝されていました(参照History of aspirin)。紀元前4世紀にはHippocratesがヤナギ(Willow)から抽出したAspirinを、医薬品として使用していたことが知られています。ヨーロッパやエジプトの人々は、中国原産のシダレヤナギSalix babylonicaが「Babylon地方から来た」と誤解したようです。シダレヤナギは中国北部からシルクロードを経て、バビロニア地方からヨーロッパにもたらされたようです。秋に北京市后海湖畔を花散歩していると、銀錠橋近くのシダレヤナギ(枝垂柳)並木がとても綺麗でした(撮影2011.9.27)。

《ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉写真・花実葉観察地図》

シダレヤナギ写真天津市

春風に揺れる天津市水上公園湖畔のシダレヤナギ並木(撮影2013.4.23)

ヤナギ葉散歩地図天津市水上公園地図Tianjin Water Park Map

 シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)は水辺を好み川や池、湖畔を優雅に彩ります。春に天津市水上公園湖畔を花散歩していると、シダレヤナギ並木の枝と柳葉が春風に揺れていました(撮影2013.4.23)。シダレヤナギは、中国北部の水辺でよく見かけます。

シダレヤナギ写真北京市

頤和園昆明湖畔に茂るシダレヤナギの大木写真(撮影2011.9.28)

ヤナギ葉散歩地図頤和園交通アクセス地図Map and Access to Yihe Yuan Beijin Summer Palace

 シダレヤナギ(枝垂柳)は高木で成長すると高さ12m~18m程になります。日本ではシダレヤナギの大木を見ることは少ないですが、中国北部にある北京市ではよく見かけます。北京市にある世界遺産頤和園にある昆明湖畔を花散歩していると、高さ15m以上に成長したシダレヤナギの大木がありました(撮影2011.9.28)。頤和園昆明湖畔に茂るシダレヤナギの大木は見事です。

シダレヤナギ写真東寺

京都市東寺境内に茂るシダレヤナギの柳葉写真(撮影2013.7.25)

ヤナギ葉散歩地図京都市東寺地図Kyoto Toji Temple Map

 シダレヤナギ(枝垂柳)の枝は、枝垂れて下に長く伸びます。シダレヤナギの大木から垂れ下がる、しなやかな枝と柳葉は涼しげです。シダレヤナギの葉は披針形、線状披針形で長さ9~15cm程です。夏に京都市東寺境内を花散歩(京都夏の花散歩)していると、池の側にシダレヤナギの木が茂り、柳葉が長く垂れ下がっていました(撮影2013.7.25)。平安時代に中国に留学した空海縁の京都市東寺境内に茂る、シダレヤナギの枝垂れた柳葉はとても涼しげに見えました。

シダレヤナギ写真円明園

円明園長春園湖畔に茂るシダレヤナギの大木と東屋写真(撮影2012.5.9)

ヤナギ葉散歩地図円明園交通アクセス地図Map and Access to Yuanming Old Summer Palace Beijin

 初夏に円明園長春園湖畔を花散歩していると、シダレヤナギの大木が水辺に茂っていました(撮影2012.5.9)。円明園長春園湖畔に茂るシダレヤナギの大木と東屋はとても涼しげで、漢詩の世界に入りそうです。皆様も水辺や湖畔に茂る、シダレヤナギ花実葉散歩を楽しんでみてください。

《シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaの花実葉写真アルバム・花実葉観察地図》

シダレヤナギ画像

新宿御苑日本庭園に茂るシダレヤナギ写真(撮影2015.4.24)

ヤナギ葉散歩地図新宿御苑日本庭園Tokyo Shinjyukugyoen Royal Garden Map

新宿御苑日本庭園に茂る新緑のシダレヤナギの葉色は鮮やかです

シダレヤナギ画像

夏の倉敷美観地区に茂るシダレヤナギ写真(撮影2015.8.31)

ヤナギ葉散歩地図倉敷美観地区Kurashiki Bikan Historical Quater Map

夏の倉敷美観地区に茂るシダレヤナギの葉は涼しげです

シダレヤナギ花序画像

北京市北海公園五龍亭に枝垂れるシダレヤナギの花序写真(撮影2013.4.24)

ヤナギ葉散歩地図北京市北海公園五龍亭Beijin Beihai Park Map

北京市北海公園五龍亭に枝垂れるシダレヤナギの花序は見事です

シダレヤナギ画像

京都円山公園のシダレヤナギとイロハモミジの紅葉写真(撮影2014.11.25)

ヤナギ葉散歩地図京都円山公園Kyoto Maruyama Park Map

京都円山公園のシダレヤナギとイロハモミジ紅葉のコラボは素晴らしい

 ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ枝垂柳Weeping Willow Salix babylonicaは、中国北部原産の植物です。シダレヤナギ(枝垂柳)は水辺や湖沼を優雅に飾ります。シダレヤナギ(枝垂柳)は身近な街路樹として観察できるので、四季の花散歩には欠かせない植物です。またシダレヤナギ(枝垂柳)は、優秀な医薬品材料として古くから珍重されてきました。シダレヤナギ(枝垂柳)はヤナギ科の植物なので、他のヤナギ科の花(ネコヤナギ)と同じ部分と異なる部分を探してみるのも、おもしろいかもしれませんね。このページの中で皆様が気に入ったシダレヤナギ(枝垂柳)の花実葉の写真が、一枚でもあれば幸いです。

 シダレヤナギ(枝垂柳Weeping Willow Salix babylonica)の花実葉散歩楽しんでもらえたでしょうか?水辺や湖沼、街路を優雅に彩るシダレヤナギ(枝垂柳)は四季の花散歩の楽しみです。皆様もこのページの地図を片手に、シダレヤナギ(枝垂柳)花実葉散歩を楽しんでください。美しい水辺や湖沼を見ながら、シダレヤナギ(枝垂柳)花実葉散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、シダレヤナギ(枝垂柳)の花実葉が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらシャクナゲ花散歩ヨコハマヒザクラ花散歩ボケ花散歩ヒヤシンス花散歩アネモネ花散歩ラッパスイセンフクジュソウ花散歩ハクモクレン花散歩ツルニチニチソウ花散歩ヒナギク花散歩も眺めていってください。

早春花に戻る

春の花に戻る

初夏花に戻る

黄花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

四季出版部に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める(WEBですぐ読めます)写真集が刊行横浜鎌倉の四季出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花旅★リンク

四季の花散歩 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花 早春花 春花 初夏花 青花 赤花 白花 黄花 オレンジ色花 紫花 海岸 高原 熱帯植物 蘭花散歩 サクラ花散歩 梅雨の花散歩 新ページ

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

奈良花旅花散歩 冬景色雪景色スキー 秋の花旅花散歩 横浜花旅集 鎌倉花旅集 三浦半島花旅集 北海道花旅集 伊豆箱根花旅集 七色の図鑑集 京都はんなり花旅集 奈良大阪宝塚花旅集 四国中国花旅集 九州沖縄花旅集 信州花旅集 会津花旅集 オアフ島花旅集 城めぐり花旅集 若狭街道近江路花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 北東北函館 横浜鎌倉湘南気象防災リンク 道南函館気象防災リンク 京都気象防災リンク 京都花の街 鎌倉花の街 横浜花の街 奈良花の街 ソウル花旅花散歩 花旅の四季 火山温泉探訪集 夏の花旅花散歩  駅から花散歩 海の花旅花散歩 東京花旅集 寺社の花旅花散歩 北京花旅花散歩  紅葉黄葉散歩 大阪花旅花散歩 あじさい花旅花散歩 山高原花旅花散歩 湖沼池花旅花散歩 沖縄花旅 沖縄花散歩 天津花散歩 北京街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 冬の花散歩 横浜街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 金沢花散歩 植物園花散歩 初夏の花旅 横浜鎌倉の四季更新記録 横浜鎌倉の四季出版部 四季の花散歩 四季の花アルバム

鮮やか★七色の図鑑★リンク

7色の図鑑 秋色図鑑 会津の色図鑑 志賀高原の色図鑑 三浦半島の色図鑑 オアフ島の色図鑑 北アルプスの色図鑑 京都の色図鑑 鎌倉の色図鑑 台北の色図鑑 函館の色図鑑 富良野の色図鑑 茶色図鑑 緑色図鑑 青色図鑑 紫色図鑑 黄色図鑑 白色図鑑 横浜青色 赤い美 黄色い実 青い実 横浜白色 赤色図鑑 黄昏の色図鑑 オレンジ色の図鑑

★リンク★

四季の花散歩 四季の花アルバム 横浜鎌倉の四季出版部 ベストトラベル チャオトラベルジャパン Japan Travel Photo Fantastic Color Photo of Japan