四季の花散歩更新記録熱帯植物海浜植物夏の花秋の花青花白花

ルリマツリ散歩

Flower Walking with Blue plumbago Plumbago auriculata

ルリマツリの涼しげな青い花は青空を舞います・ルリマツリ花散歩は夏秋の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本の天気日本週間予報日本アメダス空港の気象Weather

 イソマツ科ルリマツリ属アウリクラータ(Plumbago auriculata , Plumbago capensis )はルリマツリと呼ばれ、南アメリカ沿岸地方原産の双子葉、多年生、草本です。ルリマツリは塩分の多い沿岸地方に適応した植物で、海浜植物です。ルリマツリの澄んだ青色の花は、園芸植物としても人気が高いです。ルリマツリの花は温暖な、海沿いの青い空に涼しげに咲く花です。ルリマツリの花写真、ルリマツリの花散歩地図、ルリマツリの花情報でお楽しみ下さい。

《イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリPlumbago auriculata花写真・花観察地図》

ルリマツリ花画像

青空に映えるルリマツリの花写真(撮影2012.9.10)

ルリマツリ花観察地図横浜象の鼻パーク地図Yokohama Zounohana Park Map

 ルリマツリ(瑠璃茉莉)は南アフリカの熱帯の海岸地方が原産の植物で、強い日差しや乾燥に強い植物です。ルリマツリは温暖な地域では主に種子、挿し枝、株分けなどで増えます。ルリマツリの枝は細くしなやかで、つる性植物のように他の植物に絡みつくように横に広がって成長します。ルリマツリは温暖な地域では常緑で、葉は小さな卵形です。ルリマツリの花期は夏から秋で、花色は青色、白色などです。初秋に横浜象の鼻パークを花散歩していると、水色のルリマツリの花が咲いていました(撮影2012.9.10)。青空に映えるルリマツリの花は残暑の中で涼しげに見えます。

ルリマツリ花画像

赤レンガパークに咲く水色のルリマツリ花写真(撮影2013.8.11)

ルリマツリ花観察地図赤レンガパーク地図Yokohama Akarenga Park Map

 イソマツ科のルリマツリPlumbago auriculataの花は筒状で、ジャスミンの花の形に似ています。日本名の瑠璃茉莉は、「るり色のジャスミン」の意味です。ルリマツリの花はイソマツ科特有の花で、がく片筒状で長く、合弁花、花弁先端5裂、雄蕊5、雌蕊5心皮、子房5室、子房上位、花色(青、白)です。夏に赤レンガパークを花散歩していると、水色の涼しげなルリマツリの花が咲いていました(撮影2013.8.11)。赤レンガパークに咲く水色のルリマツリの花は5枚の花弁と中心部の先端が5裂した柱頭が印象的です。

《イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリPlumbago auriculataの花情報》  

植物名 イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリ 漢字 瑠璃茉莉 英名 Blue plumbago ,Cape leadwort 中国語 藍雪花
学名 Plumbago auriculata  Plumbago capensis 他
科名 イソマツ科 Plumbaginaceae
属名 ルリマツリ属 Plumbago
花期 夏の花 秋の花
花色 青花 白花
原産 南アフリカ沿岸地方(熱帯植物、海浜植物)
観察地 東京都、横浜市、鎌倉市、横須賀市、大磯町 他
特徴 双子葉、多年生、草本、海浜植物、0.5m~2mに成長、つる性植物、がく片筒状、合弁花、花弁5、雄蕊5
雌蕊5心皮、子房5室、子房上位、花色(青、白)、食虫植物、花期後実(蒴果)
利用 海浜植物、観賞用、園芸、造園、生垣、鉛中毒(lead poisoning)の解毒、
意味 ルリマツリ=瑠璃茉莉(「るり色のジャスミン」に似た花)、Cape leadwort=ケープタウンの鉛中毒治療薬
属名Plumbago=from the Latin word plumbum, meaning lead=古代ラテン語で「鉛」の意味
種名auriculata=The specific epithet auriculata means 'with ears', referring to the shape of the leaves

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:夏の花)

《イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリPlumbago auriculata花写真・花観察地図》

ルリマツリPlumbago auriculata

青く澄んだ空の色のようなルリマツリの花写真(撮影2008.8.12)

ルリマツリ花観察地図横須賀市市役所前公園地図Yokosuka Shiyakushomae Park Map

 横須賀市は三浦半島沿岸部にある温暖な都市です。横須賀市役所近くの市役所前公園を歩いていると、近くに青く澄んだ空の色のようなルリマツリの花が咲いていました(撮影2008.8.12)。日本名ルリマツリはイソマツ科ルリマツリ属アウリクラータ(Plumbago auriculata , Plumbago capensis )を指しますが、南アフリカ沿岸地方原産の花らしく爽やかな花です。ルリマツリは温暖な海浜性の植物なので、三浦半島横須賀市の土地に合っているようです。参照三浦半島色図鑑

ルリマツリPlumbago auriculata

三浦半島の青空を背景に咲くルリマツリの花写真(撮影2012.8.21)

ルリマツリ花観察地図横須賀市馬堀海岸地図Yokosuka Maborikaigan Shore Map

 横須賀市馬堀海岸を花散歩していると、夏の三浦半島の澄んだ青空にルリマツリPlumbago auriculataの青い花が輝いて見えました(撮影2012.8.21)。横須賀市馬堀海岸は埋立地にある住宅地です。温暖な沿岸部の埋立地のような環境にルリマツリは適しているようですね。ルリマツリの花の色は青く爽やかで、夏の青空に負けない色です。

《イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリPlumbago auriculata花写真・花観察地図》

ルリマツリPlumbago auriculata

白い積雲とルリマツリの青い花写真(撮影2012.9.9)

ルリマツリ花観察地図横須賀市馬堀海岸公園地図Yokosuka Maborikaigan Park Map

 2012年9月は猛暑が続きました。9月になっても、夏空に積雲が見えます。ルリマツリは猛暑でも、夏のような積雲を背景に元気に咲いていました(撮影2012.9.9)。ルリマツリの花は筒状で花弁は5枚の合弁花です。雄しべも5本、雌しべの先(柱頭)は5裂しています。ルリマツリはがく片が筒状で長く、棘があります。ルリマツリのがく片の棘(Trichome)はアリなどの昆虫を引き寄せ、殺す役があります(参照Plumbago*Description)。

ルリマツリPlumbago auriculata

横浜日本大通開港資料館向かい道路脇に咲くルリマツリの花写真(撮影2012.7.18)

ルリマツリ花観察地図横浜日本大通開港資料館地図Yokohama Kaikoushiryoukan Museum Map

 横浜日本大通は日本で最も古い西洋式の通りです。日本大通は横浜港と横浜公園を繋ぐ開港の道です。横浜港象の鼻パーク近くの開港資料館向かい道路脇に、ルリマツリの花が元気に咲いていました(撮影2012.7.18)。ルリマツリは潮風の当たる、真夏の道路際のような環境を好むようです。

ルリマツリPlumbago auriculata

大磯駅前に咲くルリマツリの花写真(撮影2008.7.18)

ルリマツリ花観察地図神奈川県大磯町大磯駅地図Kanagawa Oiso Station Map

 神奈川県中郡大磯町は相模湾に面した温暖な沿岸部にあり、別荘地として開けた街です。大磯駅近くを花散歩していると、大磯駅前近くにルリマツリの花が咲いていました(撮影2008.7.18)。ルリマツリは初夏の日差しに輝いて見えます。ルリマツリは温暖な海岸地域で、よく見かけます。参照大磯花散歩

ルリマツリ

鎌倉本覚寺駐車場横に咲くルリマツリの花写真(撮影2012.9.22)

ルリマツリ花観察地図鎌倉市本覚寺地図Kamakura Hongaku-ji Temple Map

 鎌倉市も温暖な沿岸部の街です。鎌倉駅前近くにある本覚寺を花散歩していると、本覚寺駐車場横にルリマツリがツルの様に木から垂れ下がり涼しげに咲いていました(撮影2012.9.22)。ルリマツリはツルのように木にからみつき垂れ下がるように咲く種類もあります。ルリマツリの花の蕾(つぼみ)も見えますが、ジャスミンの蕾に似ていますね。両者は近縁種ではありませんが、瑠璃茉莉(ルリマツリ)の名は瑠璃(青色)の茉莉花(まつりか=ジャスミン和名)から来ています。参照本覚寺花散歩

《イソマツ科ルリマツリ属ルリマツリPlumbago auriculata花写真・花観察地図》

ルリマツリ

横浜アメリカ山公園に咲くルリマツリの花写真(撮影2012.9.13)

ルリマツリ花観察地図横浜アメリカ山公園地図Yokohama America-yama Park Map

 ルリマツリの属名Plumbago=from the Latin word plumbum, meaning lead=古代ラテン語で「鉛」の意味です。これはルリマツリ属の植物が、鉛中毒の治療に効果があると考えられたからです。秋にアメリカ山公園を花散歩していると、マリンタワーを背景にルリマツリの花が涼しげに咲いていました(撮影2012.9.13)。横浜アメリカ山公園に咲くルリマツリの花は、横浜の青い空とマリンタワーによく似合います。

ルリマツリ

横浜アメリカ山公園レンガ塀沿いに咲くルリマツリの花写真(撮影2012.9.1)

ルリマツリ花観察地図横浜アメリカ山公園地図Yokohama America-yama Park Map

 ルリマツリの種名auriculata=The specific epithet auriculata means 'with ears', referring to the shape of the leaves=古代ラテン語で、「耳を伴った」の意味です。これはルリマツリの小さな葉が、耳の様に見えるからです。初秋のアメリカ山公園レンガ塀沿いに咲く、水色のルリマツリの花もきれいです(撮影2012.9.1)。

ルリマツリ

夕方の横浜中華街に咲くルリマツリの花写真(撮影2009.9.5)

ルリマツリ花観察地図横浜中華街地図Yokohama China Town Map

 夕方の横浜中華街を花散歩していると、夕闇の中でルリマツリの花が咲いていました(撮影2009.9.5)。夕闇迫る中で咲くルリマツリの花もきれいです。横浜中華街の赤い色彩を背景に、瑠璃色のルリマツリの涼しげな色は良く映えます。こんな日は横浜中華街での食事も、食が進みます。参照横浜中華街花散歩

ルリマツリ白色花画像

穴守稲荷神社近くに咲く白色のルリマツリの花写真(撮影2012.8.25)

ルリマツリ花観察地図穴守稲荷神社地図Tokyo Haneda Anamoriinari Jinjya Shrine Map

 ルリマツリPlumbago auriculataの花は青色が多いですが、まれに白色のルリマツリの花も見かけます。東京羽田にある穴守稲荷神社近くを花散歩していると、白色のルリマツリの花が咲いていました(撮影2012.8.25)。白色のルリマツリの花も、涼しげで良いですね。皆さんはこのページの、どのルリマツリの花が気に入りましたか?一つでも印象に残るルリマツリの花があれば幸いです。

 ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花、ルリマツリ花散歩楽しんでもらえたでしょうか?ルリマツリの花は、初夏から秋まで長い期間咲く花です。ルリマツリの花が青空を背景に涼風に揺れる姿は優雅で涼しげです。皆様もこのページの地図を片手にルリマツリ花散歩を楽しんでください。爽やかな空を見ながらルリマツリ花散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、ルリマツリ(瑠璃茉莉)の花が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらハクチョウソウ花散歩ハナミズキ花実散歩ヤブラン花実散歩ツワブキ花散歩チャノキ花散歩ジャノヒゲ花実散歩ヘクソカズラ花散歩野菊花散歩モクセイ花散歩シュウメイギク花散歩コスモス花散歩ヒガンバナ花散歩も眺めていってください。

夏の花に戻る

秋の花に戻る

熱帯植物に戻る

海浜植物に戻る

青花に戻る

白花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める(WEBですぐ読めます)写真集が刊行横浜鎌倉の四季出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花旅★リンク

四季花散歩 夏花 秋花 冬花 早春花 春花 初夏花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 オレンジ色花 海浜植物 高原 熱帯植物 蘭花 更新記録