四季の花散歩更新記録四季出版部冬の花春の花赤花白花ウメ花実散歩横浜鎌倉の四季

ウメ花実散歩

Flower Walking with Japanese apricot Prunus mume

ウメの花は古代より親しまれた美しい花・ウメの花と実は四季の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本の天気日本週間予報日本アメダス空港の気象Weather

 バラ科サクラ属ウメ(梅Japanese Apricot Prunus mume)は中国南部原産の双子葉、落葉高木の植物です。ウメは主に種子で増え、5m~6mほどに成長します。ウメの花は温暖な地域では冬の1月頃から、多くの地域では2月~3月頃に開花します。ウメの花は香りもよく古代より親しまれ、多くの絵画、句、文学にも取り上げられています。また初夏に実るウメの実は梅干を始め食品や飲料に使われます。ウメをウメの花実写真、ウメ花散歩地図、ウメ花実情報でお楽しみ下さい。

《バラ科サクラ属ウメ梅Japanese apricot Prunus mumeの花実情報》  

花の名前 バラ科サクラ属ウメ 漢字 梅 英語 Japanese apricot, Chinese plum 中国語 梅花 
ウメ学名 Prunus mume
ウメ科名 バラ科 
ウメ属名 サクラ属 
ウメ花期 温暖地 冬の花 通常 春の花
ウメ花色 白花赤花
ウメ原産 中国南部原産(山麓、川沿い、森林の端など標高1700m~3100m)
ウメ観察地 京都府、滋賀県、奈良市、横浜市、鎌倉市、横須賀市、北京市、台北市 他
ウメ特徴 双子葉、落葉高木、バラ科、高さ5m~6m、主に種子で増える、中国南部原産、小枝は細長い
枝先は尖る、葉は長卵形又は卵形、花は白色(赤色)で直径1cm~3cm、花弁5枚、雄しべ多数
初夏に直径1~3cmの実を実らせる、ウメの実は梅干、梅酒、ジュースなどに利用
ウメ利用 鑑賞用、庭園樹木、ウメの花鑑賞、梅干、梅酒、梅ジュース、生薬
ウメ意味 Prunus mumeの名付け親はシーボルトFlora Japonicaに図Prunus mume Sieb.et Zucc本文
Prunusはサクラ属をmumeは「梅」を意味しています。シーボルトが日本で出会った「梅」は美しい
花で印象的だった様です。mumeは、むめ(ウメの古語)=梅

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:バラ科)

《バラ科サクラ属ウメ梅Japanese apricot Prunus mumeの花実写真・観察地図》

ウメの花台北

台北市故宮博物院至善園に咲くウメの花写真(撮影2008.1.3)

ウメ花散歩地図台北故宮博物院交通アクセス地図Taipei Palace Museum Access Map

 バラ科サクラ属ウメ(梅Japanese Apricot Prunus mume)は、中国南部の高地原産の植物です。亜熱帯地方にある台北市故宮博物院内にある庭園、至善園を1月上旬に花散歩していると、ウメの花が咲き出していました(撮影2008.1.3)。ウメの花は温暖地では1月から咲き出します。ウメの花はバラ科特有の離弁花で花弁が5枚で、雄しべが多数あります。ウメの花は春を告げる美しい花として中国、台湾、日本、韓国など東アジアで古くから親しまれています。台北市故宮博物院の展示物にも、老梅を描いた名品「梅花山鳥」などがあり展示されています。参照故宮博物院至善園花散歩

ウメの花三浦半島

三浦半島南斜面の陽だまりに咲くウメの花写真(撮影2009.1.26)

ウメ花散歩地図三浦半島地図Miura Peninsla Map

 1月下旬に三浦半島にある三浦海岸近くを花散歩していると、南斜面の陽だまりにウメPrunus mumeの花が咲いていました(撮影2009.1.26)。温暖な三浦半島南部の日当たりの良い南斜面では、ウメの花は1月中から咲き出します。ウメの木の小枝は直線状に伸び、小枝の脇芽に花が直線的に散在するのが特徴です。ウメの花の蕾の膨らむ様子も可愛いですね。ウメの学名Prunus mumeの名付け親はシーボルトです。シーボルトの著書Flora Japonicaにウメの図(Prunus mume Sieb.et Zucc)、ウメの説明文(本文)などが記されています。Prunusはサクラ属を、mumeは「梅」を指しています。参照三浦半島の色図鑑

ウメの花鎌倉

鎌倉本覚寺に咲く紅梅写真(撮影2009.2.2)

ウメ花散歩地図鎌倉本覚寺地図Kamakura Hongaku-ji Temple Map

 2月上旬に鎌倉駅近くにある本覚寺を花散歩していると、境内に色の濃いウメの花(紅梅)が咲いていました(撮影2009.2.2)。色の濃い紅梅も本覚寺の禅宗様のお堂に似合って見えます。鎌倉本覚寺に咲くウメの花(紅梅)の花を良く見ると、中心にある雌しべを取り囲むように多数の雄しべが横に張り出しているように見えます。ウメの花の雄しべは数が多く、40本~50本ある場合もあります。参照本覚寺花散歩

ウメの花鶴岡八幡宮

鎌倉鶴岡八幡宮境内に咲くウメの花写真(撮影2009.2.22)

ウメ花散歩地図鎌倉鶴岡八幡宮地図Kamakura Tsurugaoka Hachiman-gu Shrine Map

 鎌倉市にある、鶴岡八幡宮は鎌倉幕府の中心的施設でした。2月下旬に鶴岡八幡宮境内を花散歩していると、境内にウメの花が咲いていました(撮影2009.2.22)。鶴岡八幡宮境内の赤い建築物とウメの白い花は良く似合います。ウメの花はサクラのように一時に咲かずに、比較的長い間楽しめるのがうれしいですね。参照鶴岡八幡宮花散歩

ウメの花横浜公園

横浜公園に咲く紅梅写真(撮影2008.2.26)

ウメ花散歩地図横浜公園地図Yokohama Park Map

 2月下旬に横浜市の中心地にある横浜公園を花散歩していると、横浜公園内の日本庭園にウメの花(紅梅)が咲いていました(撮影2008.2.26)。横浜公園の池に映える紅梅も美しいですね。ウメの花は白色が多いですが、赤色、紅色、薄紫色など様々な色があります。参照横浜公園花散歩

ウメの花三渓園

横浜三渓園に咲くウメの花と三重塔写真(撮影2006.3.4)

ウメ花散歩地図横浜三渓園地図Yokohama Sankei Garden Map

 三月上旬に横浜三渓園を花散歩していると、ウメの花が満開でした(撮影2006.3.4)。梅林の背景に見えるのは重要文化財の旧燈明寺三重塔です。横浜で1457年に京都に建築された三重塔と、ウメの花を楽しめるのはうれしいことです。参照早春の横浜三渓園 

ウメの花彦根城

彦根城天守前に咲くウメの花写真(撮影2007.3.26)

ウメ花散歩地図彦根城地図Hikone Castle Map

 3月下旬に滋賀県にある彦根城天守近くを花散歩していると、ウメの花が見ごろでした(撮影2007.3.26)。彦根城は国宝の名城です。建築当時の姿を保つ彦根城天守に薄紅色のウメの花は良く似合います。参照彦根城百花繚乱

ウメの花英勝寺

夕暮れの鎌倉英勝寺に咲くウメの花写真(撮影2009.2.1)

ウメ花散歩地図鎌倉英勝寺地図Kamakura Eisho-ji Temple Map

 2月上旬鎌倉市扇ガ谷にある英勝寺前を歩いていると、夕闇の中でウメの花が咲いていました(撮影2009.2.1)。夕闇の中に浮かび上がるウメの花も風情があります。ウメの花は、ほのかに香り鎌倉に春の訪れを告げています。参照鎌倉花春一番

ウメの花

夕闇の中で咲く紅梅写真(撮影2009.2.1)

ウメ花散歩地図北鎌倉駅地図Kitakamakura Station Map

 夕方北鎌倉駅近くを花散歩していると、夕闇の中で紅梅が咲きだしていました(撮影2009.2.1)。夕闇に浮かぶ咲き始めの紅梅の花のきれいです。夕闇の中で咲くウメの花は、少し幻想的に見えました。まだ蕾の紅梅の花も綺麗ですね。

北野天満宮境内に咲く白梅写真(撮影2015.2.28)

ウメ花散歩地図京都北野天満宮交通アクセス地図Map and Access to Kitanotenmangu Shrine

 京都上京区にある北野天満宮は、ウメの花を愛した菅原道真を祀る神社です。北野天満宮境内を花散歩していると、香りの良い白梅の花が見頃でした(撮影2015.2.28)。北野天満宮境内にはたくさんの品種のウメの花が咲いています。早春に北野天満宮の境内を花散歩していると「東風吹かばにほいおこせよ梅の花、主なしとて春を忘るな」の句が浮かびます。

ウメの実

初夏の東慶寺鐘楼前に実るウメの実写真(撮影2008.6.10)

ウメ花散歩地図鎌倉東慶寺地図Kamakura Toukei-ji Temple Map

 初夏に北鎌倉にある東慶寺を花散歩していると、鐘楼前にウメの実が実っていました(撮影2008.6.10)。駆け込み寺として知られる東慶寺のウメの花は2月に咲いていましたか、初夏に大きなウメの実になっていました。初夏の眩しいばかりの新緑の中で実る瑞々しいウメの実も美しいです。生の青ウメの実や種子には多少青酸がありますが、適切に塩蔵処理などを施せば梅干や梅ジュースなどに加工できます。またウメの実は生薬としても古くから使われています。参照東慶寺花散歩

 バラ科サクラ属ウメ(梅Japanese Apricot Prunus mume)は中国南部原産の双子葉、落葉高木樹の植物です。ウメの花は東アジア諸国で愛され、親しまれている花です。またウメの実は梅干などに使われ役立っています。ウメの花実は四季の花散歩には欠かせない植物です。また、ウメはバラ科で同科のバラソメイヨシノモッコウバラカンヒザクラヤエザクラモモウメ中国モモヒメリンゴハマナスシャリンバイトベラヨコハマヒザクラと同じ部分と異なる部分を、観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったウメの花実写真が、一枚でもあれば幸いです。 

 バラ科サクラ属ウメ花実散歩楽しんでもらえたでしょうか?ウメの色とりどりの花は冬から春に楽しめる植物です。皆様もこのページの地図を片手にウメ花実散歩を楽しんでください。ウメ花実散歩を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。なお資料写真の背景がボケていますが、ウメの花実が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらブーゲンビリア花葉散歩ポインセチア花散歩パンジー花散歩ピラカンサ花実散歩ヤブツバキ花散歩マンリョウ実散歩ニホンズイセン花散歩ナンテン花実散歩ベゴニア花散歩ツワブキ花散歩チャノキ花散歩も眺めていってください。

春の花に戻る

冬の花に戻る

白花に戻る

赤花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

四季出版部に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料で読める写真集(WEBでもすぐ読めます)が刊行されましたご利用下さいのんさん出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

夏の花 秋の花 冬の花 春の花 初夏の花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 園芸 海浜植物 観葉 湿地 高原  帰化 熱帯植物 

安心★四季の花散歩★リンク

横浜街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 宇治街花散歩 沖縄花散歩 首里城公園花散歩 万座毛花散歩 ちゅら海水族館花散歩 万座ビーチ花散歩 備瀬フクギ並木花散歩 今帰仁城グスク花散歩 壷屋やちむん通り花散歩 カヌチャベイ花散歩 天龍寺花散歩 乗鞍畳平花畑の高山植物 清涼寺花散歩 三室戸寺花散歩 中之島バラ園花散歩 港の見える丘花散歩 赤レンガパーク花散歩 八方池高山植物 八方尾根花散歩1 八方尾根高山植物花散歩2 八方尾根花散歩3 直指庵花散歩 ブラフ18番館花散歩 外交官の家花散歩 イタリア公園花散歩 大沢池花散歩 秋色アジサイ花散歩 亀山公園花散歩 嵯峨嵐山紅葉散歩 祇園白川巽橋花散歩 象の鼻パーク花散歩 二月堂花散歩 野宮神社散歩 山手234花散歩 八坂神社花散歩 アロハタワー花散歩 ペリーロード花散歩 山手公園花散歩 中国桃花散歩 山手111番館花散歩 中国連翹花散歩 横浜開港資料館花散歩 紫禁城皇極殿花散歩 走水神社花散歩 中国国家博物館 三浦小松ヶ池河津桜花散歩 白馬ジャンプ場花散歩 横浜海岸通花散歩 明月院花散歩 大柵欄花散歩 長谷寺花散歩 フランス山公園花散歩 横浜元町公園花散歩 エリスマン邸花散歩 穴守稲荷神社花散歩 喜多院花散歩 川越花散歩 亀ヶ谷坂切通花散歩 極楽寺花散歩 横浜外国人墓地花散歩 成就院花散歩 叶神社花散歩 白樺湖植物と花 麦草峠植物と花 馬堀海岸花散歩 車山高原花散歩 河童橋花散歩 ぷかりさん橋花散歩 浅草寺花散歩 東京ソラマチ花散歩 羽田日本橋散歩 光則寺花散歩 水谷茶屋 ソウル紅葉散歩 天津海河花散歩 蓮華寺花散歩 北京花たより 円山公園花散歩 海の公園花散歩 実光院花散歩 服部緑地植物園花散歩 元興寺花散歩 ワールドポーターズ花散歩 御霊神社花散歩 霊鑑寺花散歩 落葉敷紅葉散歩 難波橋花散歩 若王子神社花散歩 法然院花散歩 京都冬花散歩 首里金城村屋花散歩 鎌倉春花散歩 北野天満宮花散歩

鮮やか★七色の図鑑★リンク

7色の図鑑 秋色図鑑 会津の色図鑑 志賀高原の色図鑑 三浦半島の色図鑑 オアフ島の色図鑑 北アルプスの色図鑑 京都の色図鑑 鎌倉の色図鑑 台北の色図鑑 函館の色図鑑 富良野の色図鑑 茶色図鑑 緑色図鑑 青色図鑑 紫色図鑑 黄色図鑑 白色図鑑 横浜青色 赤い実 黄色い実 青い実 横浜白色 赤色図鑑 黄昏の色図鑑 オレンジ色の図鑑