四季の花散歩更新記録四季出版部初夏の花秋の花散歩紅葉黄葉散歩イロハモミジ花実葉散歩横浜鎌倉の四季赤色図鑑

イロハモミジ花実葉散歩

Flower Walking with Japanese Maple Acer palmatum

秋の野山や庭園を錦秋色に染めるイロハモミジの紅葉・イロハモミジの紅葉は秋の花散歩の楽しみ

日本気象レーダー気象衛星天気図日本の天気日本週間予報日本アメダス空港の気象Weather

 カエデ科カエデ属イロハモミジ(Japanese Maple Acer palmatumいろは紅葉)は日本など東アジアが原産の双子葉、落葉、高木です。イロハモミジは主に種子、挿し木で増えます。イロハモミジはカエデ属を代表する種で、秋に紅葉する美しい葉は世界中で人気があります。イロハモミジは落葉樹で、春に枝先に芽を出し、葉の形は掌状で5~9裂です。イロハモミジの花は雌雄同株で、初夏にがく片5裂、花弁5裂の紫色の花を咲かせます。イロハモミジは受粉すると2翼の翼果を付けます。秋にイロハモミジの葉は黄色、オレンジ色、赤色に紅葉します。イロハモミジは観賞用の他、建材、食用、薬用など利用価値が高い植物です。イロハモミジをイロハモミジ花実葉写真、イロハモミジ花実葉観察地図、イロハモミジ花実葉情報でお楽しみ下さい。

《カエデ科カエデ属イロハモミジJapanese Maple Acer palmatumいろは紅葉の花実葉情報》 

花の名前 カエデ科カエデ属イロハモミジ 漢字 いろは紅葉 英語 Japanese Maple 中国語 日本紅楓
イロハモミジ学名 Acer palmatum 他
イロハモミジ科名 カエデ科
イロハモミジ属名 カエデ属
イロハモミジ花期 初夏
イロハモミジ花色 紫色
イロハモミジ原産 日本、韓国、中国、他
イロハモミジ観察 横浜市 横須賀市 鎌倉市 奈良県 京都府 大阪府 東京都 他
イロハモミジ特徴 双子葉、落葉、高木、カエデ属、種子、挿し木で増える、葉は掌形、5~9裂、高さ10~15m
花期初夏、花色(紫色)、雌雄同株、花5~6㎜、がく片5裂、花弁5裂、夏から秋に2翼の翼果
葉は秋に紅葉、黄色、オレンジ色、紅色、赤色に変色、観賞用、庭木、庭園木、建材
イロハモミジ利用 街路樹、観賞用、庭園、盆栽、建材
イロハモミジ意味 イロハモミジ=いろは紅葉、いろはかえで(カエルの手)の意味、
属名Acer=from Latin word acer meaning sharp=ラテン語で「鋭利な」の意味、葉の形状から
種名palmatum=name from Latin meaning 'hand like'=ラテン語で「手のひら状」の葉の意味

《カエデ科カエデ属イロハモミジJapanese Maple Acer palmatumいろは紅葉の花実葉写真・花実葉観察地図》

イロハモミジ紅葉写真

天龍寺境内のイロハモミジ紅葉写真(撮影2012.11.13)

イロハモミジ観察地図天龍寺交通アクセス地図Map and Access to Tenryu-ji Temple

 カエデ科カエデ属イロハモミジ(Japanese Maple Acer palmatumいろは紅葉)は日本など東アジアが原産の双子葉、落葉、高木です。イロハモミジは主に種子、挿し木で増えます。イロハモミジはカエデ属を代表する種で、秋に紅葉する美しい葉は世界中で人気があります。秋に京都嵯峨野にある世界遺産に登録された天龍寺曹源池方丈裏庭園を花散歩していると、小倉山を借景にした見事な庭園のイロハモミジの紅葉が輝いて見えました(撮影2012.11.13)。

イロハモミジ花写真

鎌倉寿福寺境内に咲くイロハモミジの両性花写真(撮影2012.4.21)

イロハモミジ観察地図寿福寺交通アクセス地図Map and Access to Kamakura Jyufuku-ji Temple

 イロハモミジAcer palmatumは種子植物なので、花が咲き実ができます。イロハモミジの花は、春から初夏若葉が茂る頃に咲きます。イロハモミジの花は紫色で大きさは5~6㎜程の小さな花です。イロハモミジの花は両性花(一つの花に雄蕊と雌蕊が両方ある)と雄花(一つの花に雄蕊だけがある)があります。初夏が近い鎌倉寿福寺境内を花散歩していると、イロハモミジの両性花が咲いていました(撮影2012.4.21)。イロハモミジの花は、紫色のがく片5、花弁5です。イロハモミジの両性花の中心には先端が2裂した雌蕊の柱頭と、2つに開いた子房が見えます。イロハモミジの子房は2翼になっていて、夏にできる種子の形がもう出来上がっています。イロハモミジは風媒花と言われていますが、観察によると蜜状の物質を分泌して昆虫も花にやってきます。

イロハモミジ花写真

横浜イタリア山庭園に咲くイロハモミジの花写真(撮影2013.4.1)

イロハモミジ観察地図横浜イタリア山庭園地図Yokohama Italy Garden Map

 イロハモミジ(いろは紅葉)の花は、両性花の他に雄花もあります。雄花には8本ほどの雄蕊はありますが、雌蕊と2翼になった子房がありません。春に横浜イタリア山庭園を花散歩していると、雄花がたくさん付いたイロハモミジの花が咲いていました(撮影2013.4.1)。雄花には8本ほどの雄蕊があり、普通の花のように花粉が入った葯が先端についています。春から初夏のイロハモミジの花が咲く頃の若葉は黄緑色でとてもきれいです。赤紫色のイロハモミジの花は、新緑の葉を背景にとても目立って見えます。

イロハモミジ実写真

港の見える丘公園に稔るイロハモミジの赤色の2翼ある実写真(撮影2005.5.21)

イロハモミジ観察地図港の見える丘公園地図Yokohama Minatonomieruoka Park Map

 イロハモミジAcer palmatumの花は受粉すると、2翼ある子房が膨らみプロペラ状の2翼ある実(種子)ができます。イロハモミジの実に付いた翼は、初夏赤く色づきます。初夏に港の見える丘公園を花散歩していると、イロハモミジの赤色の2翼ある実ができていました(撮影2005.5.21)。イロハモミジの赤色の2翼ある実は、両性花の子房の形と同じです。

カエデ実写真

法隆寺境内に稔るカエデの実写真(撮影2009.5.4)

イロハモミジ観察地図法隆寺交通アクセス地図Map and Access to Horyu-ji Temple

 カエデ属のイロハモミジの実(翼果)は、プロペラ状のおもしろい形をしています。カエデ属の植物はこのプロペラで、種子(翼果)を遠くへ飛ばします。種子を遠くに飛ばすための進化の結果とは思いますが、カエデ属の種子の形の見事さに驚かされます。初夏の近い法隆寺境内を花散歩していると、新緑の中でカエデ属の赤色赤色の翼が輝いて見えました(撮影2009.5.4)。

イロハモミジ若葉写真

奈良春日大社に茂るイロハモミジの若葉写真(撮影2009.5.3)

イロハモミジ観察地図奈良春日大社交通アクセス地図Map and Access to Nara Kasugataisha Shrine

 イロハモミジ(いろは紅葉)は落葉樹で冬に落葉し、から初夏に枝先に黄緑色の葉を茂らせます。イロハモミジの新緑の葉は掌状(手のひら状)で、5~9裂です。イロハモミジAcer palmatumの種名palmatum=name from Latin meaning 'hand like'=ラテン語で「手のひら状」の葉の意味です。初夏に近い頃奈良春日大社境内を花散歩していると、朱色に塗られた回廊横のイロハモミジの黄緑色の若葉が「手のひら状」に開き初夏の日差しに輝いて見えました(撮影2009.5.3)。奈良春日大社に茂るイロハモミジの若葉は奈良公園に初夏の訪れを告げます。

イロハモミジ紅葉写真

鎌倉鶴岡八幡宮のイロハモミジの紅葉写真(撮影2008.12.3)

イロハモミジ観察地図鎌倉鶴岡八幡宮交通アクセス地図Map and Access to Kamakura Tsurugaokahachimangu Shrine

 イロハモミジ(いろは紅葉)は、晩秋から初冬に葉が黄色オレンジ色赤色に紅葉します。イロハモミジAcer palmatumの緑色の葉は光合成色素の葉緑素(クロロフィル)に由来しますが、黄葉、紅葉の色は、カロテノイドアントシアニンに由来します。晩秋になり光合成を行わなくなったイロハモミジの葉は緑色の葉緑素を分解るために黄色いカロテノイドや赤色のアントシアニンなどの色素が目立つようになります。イロハモミジの紅葉は、葉が枯れ落葉する前の下準備ともいえます。初冬に鎌倉鶴岡八幡宮源氏池周辺を花散歩していると、イロハモミジの紅葉がきれいでした(撮影2008.12.3)。温暖な鎌倉では、イロハモミジの紅葉の見ごろは12月上旬頃になります。

イロハモミジ紅葉とキジバト写真

宇治興聖寺のイロハモミジの紅葉とキジバト写真(撮影2009.12.8)

イロハモミジ観察地図宇治興聖寺地図Uji Kosho-ji Temple Map

 イロハモミジAcer palmatumの葉は、初夏の黄緑色、夏の緑色、秋の黄色、晩秋のオレンジ色、初冬の赤色、冬の赤茶色と様々な合いを楽しむことができます。初冬に宇治興聖寺琴坂を花散歩していると、オレンジ色に輝くイロハモミジの紅葉の枝の中でキジバトが休んでいました(撮影2009.12.8)。この時期宇治興聖寺琴坂のイロハモミジの紅葉の見ごろは過ぎていましたが、イロハモミジの散り際に見せる有終の美を楽しむことができました。

イロハモミジ紅葉写真

京都真如堂境内のイロハモミジの紅葉写真(撮影2011.11.27)

イロハモミジ観察地図京都真如堂地図Kyoto Shinyodo Temple Map

 イロハモミジ(いろは紅葉)の紅葉の見事な場所として、京都がよく話題に上ります。京都での紅葉狩の歴史は古く平安時代の歴史物語大鏡「公任(三舟)の誉れ」に、菅原道長が京都嵐山の大井川(大堰川)に舟を浮かべて紅葉を楽しんだ様子と、藤原公任が詠んだ「小倉山嵐の風の寒ければ、もみじの錦、きぬ人ぞなき」の句が見られます。京都では紅葉狩りの歴史は1000年以上続いているようです。京都のイロハモミジの紅葉の見ごろは、11月下旬から12月上旬です。11月下旬に京都真如堂境内を花散歩していると、三重塔前のイロハモミジの紅葉が見ごろでした(撮影2011.11.27)。

イロハモミジ紅葉写真

奥嵯峨鳥居本のイロハモミジの紅葉写真(撮影2012.11.12)

イロハモミジ観察地図嵯峨鳥居本交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Saga Toriimoto

 京都のイロハモミジAcer palmatumの紅葉の名所は多数あります。11月中旬に奥嵯峨鳥居本を花散歩していると、イロハモミジの紅葉のグラデーションを楽しむことができました(撮影2012.11.12)。11月中旬はまだイロハモミジの紅葉の盛りではないようですが、黄色オレンジ色赤色の紅葉の移り行く彩を楽しむことができました。

イロハモミジ紅葉写真

横浜山手ブラフ18番館前のイロハモミジの紅葉写真(撮影2013.12.8)

イロハモミジ観察地図横浜山手ブラフ18番館地図Yokohama Yamate Bluff No.18 Map

 イロハモミジAcer palmatumはカエデ属(Acer)を代表する植物です。カエデの属名Acer=from Latin word acer meaning sharp=ラテン語で「鋭利な」の意味、葉の形状から来ています。カエデ属の植物の葉は剣の先の様に鋭く尖っています。12月上旬に横浜山手ブラフ18番館前を花散歩していると、イロハモミジの紅葉が見ごろでした(撮影2013.12.8)。確かに横浜山手ブラフ18番館前のイロハモミジの紅葉した葉の先は、Acerの名の通りに「鋭利」に尖って見えました。

イロハモミジ葉写真

外交官の家前のイロハモミジの赤色の若葉写真(撮影2013.4.1)

イロハモミジ観察地図横浜イタリア山庭園地図Yokohama Italy Garden Map

 イロハモミジAcer palmatumは一般的に秋に紅葉しますが、芽生えも赤く色づく品種もあります。春に横浜山手外交官の家前を花散歩していると、イロハモミジAcer palmatum'Bloodgood'と呼ばれる品種の赤色の若葉が観察できました(撮影2013.4.1)。イロハモミジAcer palmatumには様々な品種があり、様々な品種が世界中で親しまれています。

イロハモミジ紅葉写真

京都大原実光院近くのイロハモミジの紅葉と雪写真(撮影2011.12.26)

イロハモミジ観察地図京都大原三千院交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Ohara Sanzen-in Temple

 イロハモミジ(いろは紅葉)は落葉樹で、12月中旬を過ぎるとほとんどの葉が茶色く変色し落葉します。年末の雪の降る日に京都大原三千院近くにある実光院付近を花散歩していると、イロハモミジの紅葉と雪が同時に楽しめました(撮影2011.12.26)。イロハモミジの紅葉と雪が同時に楽しめることはめったにありませんが、雪の日のイロハモミジの紅葉もきれいです。

イロハモミジ紅葉写真

ソウル昌徳宮のカエデの紅葉と最古の橋写真(撮影2009.11.27)

イロハモミジ観察地図ソウル景福宮交通アクセス地図Map and Access to Seoul Changdeokgung Palace

 イロハモミジAcer palmatumは日本の他、中国、韓国など東アジアに生息分布しています。11月下旬にソウル昌徳宮(チャンドックン)を花散歩していると、韓国最古と言われる錦川橋近くのイロハモミジAcer palmatumが紅葉していました(撮影2009.11.27)。ソウルのイロハモミジの紅葉もきれいです。

イロハモミジ落葉写真

京都大徳寺塔頭高桐院の竹の手すりに落ちたイロハモミジの紅葉写真(撮影2011.12.27)

イロハモミジ観察地図京都大徳寺交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Daitokuji Temple

 イロハモミジAcer palmatumは落葉後も楽しめます。イロハモミジの落葉後しばらくは葉の赤みが残り、敷紅葉(しきもみじ)も風情があります。年末に京都大徳寺塔頭高桐院を花散歩していると、偶然竹の手すりに落ちたイロハモミジの紅葉を観察できました(撮影2011.12.27)。年末にイロハモミジの敷紅葉を楽しむのも、イロハモミジ花実葉散歩の楽しみです。。

イロハモミジ紅葉写真

東福寺境内のイロハモミジの紅葉写真(撮影2011.11.29)

イロハモミジ観察地図東福寺交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Tofukuji Temple

 イロハモミジ(いろは紅葉)の紅葉散歩や紅葉狩りを、庶民も楽しむようになったのは江戸時代頃からと言われています。江戸時代の「東福寺通天橋観紅楓」図を見ると、現代と同じようなスタイルで紅葉狩りを楽しむ庶民の姿が描かれています。イロハモミジの紅葉狩り(もみじがり)は秋の楽しみです。11月下旬に東福寺境内を花散歩していると、イロハモミジの紅葉が見ごろでした(撮影2011.11.29)。東福寺通天橋では、世界中の人々が紅葉狩りを楽しんでいました。

イロハモミジ紅葉写真

嵯峨野の竹林とカエデ紅葉写真(撮影2012.11.13)

カエデ観察地図渡月橋交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Togetsukyo Bridge

 カエデAcerの真っ赤な紅葉もきれいですが、葉の色が変化する様子も見事です。11月中旬に京都嵐山にある渡月橋から亀山公園天龍寺付近を紅葉散歩していると、嵯峨野の竹林を背景にカエデ紅葉の色の変化を観察できました(撮影2012.11.13)。京都嵯峨野付近の紅葉散歩はカエデ属の様々な種を観察でき楽しいです。

イロハモミジ紅葉写真

大沢の池周辺のイロハモミジの紅葉写真(撮影2011.11.28)

イロハモミジ観察地図大覚寺交通アクセス地図Map and Access to Kyoto Daikakuji Temple

 イロハモミジAcer palmatumは比較的乾燥に弱く、渓流沿いや池の周りを好みます。乾燥した日当たりの良い斜面などでは、イロハモミジは比較的早く見ごろが終わるようです。一方渓流沿いや池の周りなどでは、イロハモミジの紅葉を長く楽しめます。11月下旬に大覚寺のある大沢の池周辺を花散歩していると、大沢の池周辺のイロハモミジの紅葉が見ごろでした(撮影2011.11.28)。

イロハモミジ紅葉写真

野宮神社境内のイロハモミジの紅葉写真(撮影2011.11.28)

イロハモミジ観察地図野宮神社交通アクセス地図Map and Access to Nonomiya-jinjya Shrine

 イロハモミジ(いろは紅葉)の紅葉散歩は様々な場所で楽しめます。11月下旬に源氏物語縁の野宮神社境内を紅葉散歩していると、本殿前のイロハモミジの紅葉が見事でした。また野宮神社のじゅうたん苔の上に落ちた、イロハモミジの敷紅葉も一見の価値があります。

イロハモミジ若葉写真

建仁寺境内のイロハモミジの若葉写真(撮影2014.5.1)

イロハモミジ観察地図建仁寺交通アクセス地図Kyoto Kenninji Temple Map

 イロハモミジAcer palmatumは紅葉だけでなく、新緑の頃の黄緑色の葉も見事です。初夏の近い若葉が芽吹く頃、京都祇園にある建仁寺境内を花散歩していると、イロハモミジの若葉が瑞々しく輝いて見えました。新緑の頃のイロハモミジの若葉(青カエデ)、も見事です。

 イロハモミジ(いろは紅葉)は、日本など東アジアが原産の植物です。イロハモミジ(いろは紅葉)の初夏の美しい葉と黄色、緑色、黄色、オレンジ色、紅色、赤色と変わる葉は秋の花散歩紅葉黄葉散歩の楽しみです。また日本が原産のイロハモミジは世界中で人気です。イロハモミジ(いろは紅葉)と同じと部分と、異なる部分を観察してみるのもおもしろいです。このページの中で皆様が気に入ったのイロハモミジ(いろは紅葉)花実葉写真が、一枚でもあれば幸いです。

 イロハモミジ(いろは紅葉)花実散歩楽しんでもらえたでしょうか?秋の野山や街路、寺院の庭園を美しく飾るのイロハモミジ(いろは紅葉)の美しい紅葉は秋の花散歩紅葉黄葉散歩の楽しみです。皆様もこのページの地図を片手に、イロハモミジ(いろは紅葉)花実葉散歩を楽しんでください。イロハモミジ(いろは紅葉)花実葉を楽しめば、体も心もリフレッシュできそうです。またイロハモミジ(いろは紅葉)は、世界中で親しまれている植物です。なお資料写真の背景がボケていますが、イロハモミジ(いろは紅葉)の花実葉が主役ですのでお許し下さい。よろしかったらイチョウ花実葉散歩トウガラシ花散歩オキナワスズメウリ花散歩シュウカイドウ花散歩コリウス花散歩マリーゴールド花散歩アゲラタムタマスダレ花散歩ツユクサ花散歩ペンタス花散歩デュランタ花散歩シモツケ花散歩メランポジウム花散歩キンレンカ花散歩も眺めていってください。

紅葉黄葉散歩に戻る

秋の花散歩に戻る

秋の花に戻る

更新記録に戻る

四季の花散歩に戻る

赤色図鑑戻る

四季出版部に戻る

横浜鎌倉の四季に戻る

横浜鎌倉の四季から無料で読める写真集(WEBでもすぐ読めます)が刊行されましたご利用下さいのんさん出版一覧

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★四季の花散歩★リンク

夏の花 秋の花 冬の花 春の花 初夏の花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 園芸 海浜植物 観葉 湿地 高原  帰化 熱帯植物 ハススイレン花旅 あじさい花旅花散歩 アガパンサス花散歩 ノウゼンカズラ花散歩 キンシバイ花散歩 ヒマワリ花散歩 ハマナス花散歩 ヤナギラン花散歩 カンナ花散歩 サルスベリ花散歩 ハマユウ花散歩 ブルーサルビア花散歩 ランタナ花散歩 ハギ花散歩 ススキ花散歩 キキョウ花散歩 フジバカマ花散歩 ムラサキシキブ花散歩 オミナエシ花散歩 ヒガンバナ花散歩 コスモス花散歩 シュウメイギク花散歩 モクセイ花散歩 野菊の花散歩 ヘクソカズラ花散歩 フヨウ花散歩 ジャノヒゲ花実散歩 ツワブキ花散歩 チャノキ花散歩 ヤブラン花実散歩 ハナミズキ花実散歩 ハクチョウソウ花散歩 ルリマツリ花散歩 センニチコウ花散歩 ツルボ花散歩 ムクゲ花散歩 ホトトギス花散歩 イソギク花散歩 サガギク花散歩 ベゴニア花散歩 アベリア花散歩 シャリンバイ花実散歩 ナンテン花実散歩 キバナコスモス花散歩 サザンカ花散歩 ニホンズイセン花散歩 マンリョウ実散歩 ヤブツバキ花散歩 ピラカンサ花実散歩 パンジー花散歩 ポインセチア花散歩 ブーゲンビリア花葉散歩 ウメ花実散歩 ジャノメエリカ花散歩 ナノハナ花散歩 ノースポール花散歩 ユリオプスデージー花散歩 カンヒザクラ花散歩 リュウキュウコスミレ花散歩 オオシマザクラ花散歩 ストック花散歩 アセビ花散歩 クリスマスローズ花散歩 ソメイヨシノ花散歩 アリッサム花散歩 マーガレット花散歩 ジンチョウゲ花散歩 デルフィニウム花散歩 モモ花実散歩 タンポポ花散歩 ネモフィラ花散歩 コブシ花散歩 ユキヤナギ花散歩 レンギョウ花散歩 ハナカイドウ花散歩 シモクレン花散歩 ムスカリ花散歩 ヤマブキ花散歩 チューリップ赤色花散歩 フジ花散歩 ボタン花散歩 シャガ花散歩 モッコウバラ花散歩 ヒメリンゴ花実散歩 シラン花散歩 ライラック花散歩 ハナショウブ花散歩 ヒナゲシ花散歩 アジサイ花散歩 ガクアジサイ花散歩 イワタバコ花散歩 シロツメクサ花散歩 バラ花散歩 フレンチラベンダー花散歩 ヒルガオ花散歩 ザクロ花散歩 ラベンダー花散歩 キョウチクトウ花散歩 ハス花散歩 バンダ蘭花散歩 乗鞍畳平花畑の高山植物 プルメリア花散歩 タチアオイ花散歩 ハンゴンソウ花散歩 ペチュニア花散歩 ハイビスカス花散歩 ピンクノウゼンカズラ花散歩 ノリウツギ花散歩 アメリカデイゴ花散歩 ギボウシ花散歩 ワレモコウ花散歩 ナナカマド花実散歩 ノコンギク花散歩 コウテイダリア花散歩 ダリア花散歩 サルビア花散歩 サルビアレウカンサ花散歩 トレニア花散歩 ミヤマアキノキリンソウ花散歩 メドーセージ花散歩 秋色アジサイ花散歩 リンゴ花実散歩 カラスウリ花実散歩 ナンキンハゼ花実散歩 ホソバヒャクニチソウ花散歩 コチョウラン花散歩 デンファレ花散歩 センリョウ花実散歩 アロエ花散歩 ハボタン花葉散歩 ヤツデ花実葉散歩 オンシジウム花散歩 アオキ花実散歩 シクラメン花散歩 オオアラセイトウ花散歩 ハナニラ花散歩 ミツバツツジ花散歩 ロウバイ花散歩 フクジュソウ花散歩 ハクモクレン花散歩 ツルニチニチソウ花散歩 ヒナギク花散歩 ラッパスイセン花散歩 アネモネ花散歩 ヒヤシンス花散歩 ボケ花散歩 ヨコハマヒザクラ花散歩 シャクナゲ花散歩 シダレヤナギ花実葉散歩 ローズマリー花散歩 クスノキ花実葉散歩 ヤエザクラ花散歩 オオムラサキツツジ花散歩 キンギョソウ花散歩 ルピナス花散歩 ハゴロモジャスミン花散歩 トベラ花実散歩 エゴノキ花散歩 ウツギ花散歩 レースラベンダー花散歩 カルミア花散歩 ニオイバンマツリ花散歩 ビョウヤナギ花散歩 クレマチス花散歩 ムラサキカタバミ花散歩 ホタルブクロ花散歩 クチナシ花散歩 ナツツバキ花散歩 ネジバナ花散歩 ヤマハハコ花散歩 ソテツ花実葉散歩 アカツメクサ花散歩 クルマユリ花散歩 ゴゼンタチバナ花散歩 ヨツバヒヨドリ花散歩 キンレンカ花散歩 メランポジウム花散歩 シモツケ花散歩 デュランタ花散歩 ペンタス花散歩 ツユクサ花散歩 タマスダレ花散歩 アゲラタム花散歩 マリーゴールド花散歩 コリウス花葉散歩 シュウカイドウ花散歩 オキナワスズメウリ花散歩 トウガラシ花散歩 イチョウ花実葉散歩 イロハモミジ花実葉散歩

安心★四季の花散歩★リンク

横浜街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 宇治街花散歩 沖縄花散歩 首里城公園花散歩 万座毛花散歩 ちゅら海水族館花散歩 万座ビーチ花散歩 備瀬フクギ並木花散歩 今帰仁城グスク花散歩 壷屋やちむん通り花散歩 カヌチャベイ花散歩 天龍寺花散歩 乗鞍畳平花畑の高山植物 清涼寺花散歩 三室戸寺花散歩 中之島バラ園花散歩 港の見える丘花散歩 赤レンガパーク花散歩 八方池高山植物 八方尾根花散歩1 八方尾根高山植物花散歩2 八方尾根花散歩3 直指庵花散歩 ブラフ18番館花散歩 外交官の家花散歩 イタリア公園花散歩 大沢池花散歩 秋色アジサイ花散歩 亀山公園花散歩 嵯峨嵐山紅葉散歩 祇園白川巽橋花散歩 象の鼻パーク花散歩 二月堂花散歩 野宮神社散歩 山手234花散歩 八坂神社花散歩 アロハタワー花散歩 ペリーロード花散歩 山手公園花散歩 中国桃花散歩 山手111番館花散歩 中国連翹花散歩 横浜開港資料館花散歩 紫禁城皇極殿花散歩 走水神社花散歩 中国国家博物館 三浦小松ヶ池河津桜花散歩 白馬ジャンプ場花散歩 横浜海岸通花散歩 明月院花散歩 大柵欄花散歩 長谷寺花散歩 フランス山公園花散歩 横浜元町公園花散歩 エリスマン邸花散歩 穴守稲荷神社花散歩 喜多院花散歩 川越花散歩 亀ヶ谷坂切通花散歩 極楽寺花散歩 横浜外国人墓地花散歩 成就院花散歩 叶神社花散歩 白樺湖植物と花 麦草峠植物と花 馬堀海岸花散歩 車山高原花散歩 河童橋花散歩 ぷかりさん橋花散歩 浅草寺花散歩 東京ソラマチ花散歩 羽田日本橋散歩 光則寺花散歩 水谷茶屋 ソウル紅葉散歩 天津海河花散歩 蓮華寺花散歩 北京花たより 円山公園花散歩 海の公園花散歩 実光院花散歩 服部緑地植物園花散歩 元興寺花散歩 ワールドポーターズ花散歩 御霊神社花散歩

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

奈良花旅花散歩 冬景色雪景色スキー 秋の花旅花散歩 横浜花旅集 鎌倉花旅集 三浦半島花旅集 北海道花旅集 伊豆箱根花旅集 七色の図鑑集 京都はんなり花旅集 奈良大阪宝塚花旅集 四国中国花旅集 九州沖縄花旅集 信州花旅集 会津花旅集 オアフ島花旅集 城めぐり花旅集 若狭街道近江路花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 北東北函館 横浜鎌倉湘南気象防災リンク 道南函館気象防災リンク 京都気象防災リンク 京都花の街 鎌倉花の街 横浜花の街 奈良花の街 ソウル花旅花散歩 花旅の四季 火山温泉探訪集 夏の花旅花散歩  駅から花散歩 海の花旅花散歩 東京花旅集 寺社の花旅花散歩 北京花旅花散歩  紅葉黄葉散歩 大阪花旅花散歩 あじさい花旅花散歩 山高原花旅花散歩 湖沼池花旅花散歩 沖縄花旅花散歩 天津花散歩 北京街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 横浜街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 横浜鎌倉の四季更新記録 横浜鎌倉の四季出版部 四季の花散歩 

鮮やか★七色の図鑑★リンク

7色の図鑑 秋色図鑑 会津の色図鑑 志賀高原の色図鑑 三浦半島の色図鑑 オアフ島の色図鑑 北アルプスの色図鑑 京都の色図鑑 鎌倉の色図鑑 台北の色図鑑 函館の色図鑑 富良野の色図鑑 茶色図鑑 緑色図鑑 青色図鑑 紫色図鑑 黄色図鑑 白色図鑑 横浜青色 赤い実 黄色い実 青い実 横浜白色 赤色図鑑 黄昏の色図鑑 オレンジ色の図鑑

★リンク★

横浜鎌倉の四季 四季の花散歩 花旅の四季 プロフィール 横浜鎌倉の四季出版部 ベストトラベル チャオトラベルジャパン Japan Travel Photo Fantastic Color Photo of Japan